ofuro-do_season-0018-1

雪道をうまく歩くには、ちょっとした工夫が必要です。

氷のようにカチカチに固まった雪や、アイスバーン状態の道路など、滑りやすいスポットが盛りだくさんです。

雪国に住んだことのある方は、なんとなくイメージや対処法が浮かぶと思いますが、そうでない方にとっては、けっこうやっかいな問題です。

旅行や仕事の出張などで、雪国に行くときは、ちょっとした注意が必要です。

転び方が悪いと、思わぬ怪我をしてしまう可能性もあります。

また、普段雪が降らない地域でも、年に数回は雪が降ることがあります。

雪道の歩き方は、いざという時のために、知っておいて損は無いはずです。

今回は、生まれも育ちも雪国の私が、今までの経験をもとに、雪道の歩き方のコツをご紹介していきたいと思います。

冬を安全に過ごすためにも、みんなで気をつけていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

雪道の歩き方のコツ

さっそくですが、雪道の歩き方のコツをご紹介していきます。

これは、私が普段から意識していることや、準備していることです。

「滑るもんだ」と思っておく

まず、大切なことを覚えておいてください。

「雪道は滑る」

コレです。当たり前すぎて、いまさら宣言する必要もないじゃん・・・と思われるかもしれませんが、けっこう重要です。gahag-0050586604-1

雪道を滑らない方法はいくらでもありますが、「絶対に滑らない」ようにするのは無理です。

どんなに歩き方や靴などで対策しても、どんなに運動神経がよくても、転ぶときは転ぶんです。

(もちろん、工夫次第で「転ぶ確率」は減らせますが・・・)

何も考えずに歩くのと、滑ること前提にして歩くのでは、その後の対応に差が出ます。

頭の片隅に、「滑るもんだ」という意識を残しておいてください。

体重をかけすぎない

滑りやすい道の場合、私はなるべく足裏に体重をかけすぎず、そっと歩きます。

踏み切りすぎないように歩く」と言ったほうが近いかもしれません。

歩く際に、力強く踏み切ってしまうと、滑ったときに対応できないんですよね。

踏切りを浅く、サッ、サッ、サッと、テンポよく歩くのがおすすめです。

kaz20140208-p2080083_tp_v

前のめりで歩く

滑りやすい冬道を歩くときは、前のめりで歩きましょう。重心を前にするイメージです。

これは、もし滑って転んだ際に、後頭部を打たないためです。

後頭部を強打してしまうと、最悪の場合、重い障害が残るケースもあります。

いくら気をつけていても、どれだけ運動神経がよくても、人間、転ぶときは転びます。

それなら、なるべくダメージが少なくなるような歩き方をしたほうがよいです。

どうせ転ぶなら、「後ろ」ではなく「前」に転びましょう。

 

スポンサーリンク

 

両手を使えるようにしておく

滑りやすい道を歩くときは、必ず両手を使えるようにしておきましょう。

バッグや傘などで片手を使ってしまっていると、滑った際にバランスが取りにくくなります。

そしてなにより、転んだ際に上手く手を付けられず、想定外のダメージを受ける可能性があります。

荷物はなるべく、リュックサックなど、両手が使えるタイプのものを使うのがおすすめです。

あと、手袋をしておくと、転んだ際に手のひらを傷めにくいです。

4682393

リュックサックで後頭部をガード

リュックサックは、後頭部を守るのに役立ちます。

rucksack_backpack

万が一、後ろ向きに倒れてしまっても、リュックサックが一番先に地面とぶつかるので、衝撃を吸収してくれます。

ただし、リュックサックの中に、ワレモノや電子機器といった、壊れやすいものを入れるのは控えましょう。

後ろ向きで転んだ際に、中身が壊れる可能性がありますし、壊れた破片で背中をケガするかもしれません。

ふわふわな雪の上を歩く

冬道で、比較的安全に歩けるのが、「ふわふわな雪の上」です。

雪の上を歩くとなると、靴や服が濡れるリスクが生じてしまいますが、安全なのは雪の上です。

pak85_yukinoashiatokurumanoato20140208161930_tp_v

氷のようにカチカチに固まった雪上を歩くよりは、ちょっと濡れるかもしれませんが、雪を踏みしめながら歩くほうが安全です。

もちろん、ロードヒーティングで雪が溶けている路面があれば最高ですけど・・・なかなかお目にかかれません。

横断歩道に気をつけて

雪国の冬の横断歩道は、とにかく、ツルツルで滑ります。

 

車が信号待ちの間に、熱で路面の雪が少し溶ける

車が去ると、寒いのでまた凍り、ツルツルになる

 

これを繰り返すことで、スケートリンクのようなツルツル横断歩道の完成です・・・とてもコワイです。

すべり止めの砂を撒いてくれていることもありますが、そういったケースは小数です。

このような場所は、避けるのが一番です。

20140208-p2080115-thumb-autox1600-20248

もし、どうしても通らなければならない場合は、慎重に歩くしかありません。

その際は、必ず、ゆとりをもって歩いてください。とくに信号には注意です。

横断の際は、いつも以上に時間が掛かります。横断中に転倒する可能性もあります。

私は、青信号がそろそろ点滅するかな・・・という段階で、渡るのは諦めます。

歩きながら、周囲の信号の様子を確認しておくのも大切ですね。

まとめ

今回は、雪道の歩き方のコツについてご紹介しました。

コツといっても、大したことはしていません。心構えと、ちょっとした準備で何とかなります。

よく、「滑らないようにする」とか「転ばないようにする」といったことを重視する方がいます。

もちろん、滑らない工夫は大切ですが、いくら気をつけていても、転ぶときは転ぶんです。

個人的には、「ダメージが少ない転び方」を意識するほうが、からだを守る上では大切だと思います。

寒い日が続きますが、外を歩くときには気をつけて、ゆとりをもっていきましょう!

 

スポンサーリンク