ofuro-do_season-0013-2

 

スポンサーリンク

 

花粉症と聞くと、春のイメージがあるかもしれません。

実際、日本で花粉症の患者数がいちばん多いのは、春に猛威をふるうスギ花粉です。

しかし、も油断してはいけません。ブタクサ花粉、イネ花粉といった、秋に流行する花粉症があります。

 

これらの花粉は、春の花粉とは異なった特徴があります。

そのため、春のときとは異なる予防法が、秋の花粉に効果的なこともあります。

今回は、秋の花粉症について、基本的な点に触れつつ、予防法をじっくりご紹介していきます!

 

秋の花粉症とは?

秋の花粉症の代表格は、以下2つの植物の花粉です。

キク科植物の花粉

1613780

ブタクサやヨモギなどの花粉が該当します。

とくに、ブタクサ花粉は、秋の花粉症のなかでも、最も患者数が多い花粉です。

 

ブタクサの原産国アメリカでは、全人口の5~15%は、ブタクサ花粉患者といわれています。

日本においても、スギ花粉、ヒノキ花粉に次ぐ患者数の多さで、多くの方が悩まされています。

花粉の飛散時期は8月から10月までで、ピークは9月に入ってからです。

 

なお、ブタクサに似ていて、よく間違われる、「セイタカアワダチソウ」という植物が存在します。

以下の画像の植物です。

3452402

黄色くて、いかにも花粉を飛ばしそうですが、セイタカアワダチソウは花粉症の原因とはなりません。

 

花粉症予防のためには、ブタクサがどのような姿の植物かを、把握しておく必要がありますので、ぜひ覚えておきましょう。

⇒ ブタクサに似たセイタカアワダチソウについて

イネ科植物の花粉

gahag-0003221412-1

カモガヤやイネ、麦、オオアワガエリなどが該当します。

飛散時期は、5月から10月までと、広範囲になります。

というのも、花粉症の原因となるイネ科の植物は、数が多く、それぞれ異なったピーク時期をもつからです。

秋の花粉症を予防する7つの方法

秋の花粉症予防に効果的な7つの方法を、これよりご紹介していきます。

これらのポイントを意識しながら、花粉症対策をすすめていきましょう。

1.近づかない

秋の花粉症対策で最も有効なのが、花粉の原因となる植物に「近づかない」ことです。

というのも、秋の花粉症の原因となる植物は、春の花粉症の代表格である、スギやヒノキなどと比べて、背丈が低いものが多いのです。

このため、花粉の飛散距離が短く、せいぜい数百メートル程度と言われています。

2549678

したがって、「近づかない」という、単純な行動が、とても効果的です。

ブタクサなどは、河川敷や道端に群生していることが多いです。

また、イネの場合は、当然、田んぼに生息しています。

これらの場所に、なるべく近づかないようにすることで、花粉によるダメージを軽減することができます。

2631046

2.花粉防止グッズの利用

「近づかないこと」が大切・・・とはいえ、どうしても花粉発生源を通らなければならないシーンはあります。

たとえば、通勤・通学路の近くに、ブタクサなどが群生しているケースなどです。

 

こういった場合には、花粉防止グッズを利用しましょう。

たとえば、河川敷などを通る際には、マスクを着用してみましょう。

gahag-0017059045-1

また、花粉防止メガネの着用も効果的です。

kafun_megane

定番中の定番な対策ですが、やはりマスクやメガネは効果的です。

 

マスクに抵抗がある方には、鼻に塗るタイプや、スプレーをするタイプの薬などもおすすめです。

また、花粉防止スプレーも、数多く販売されています。

これらのグッズを利用して、花粉の侵入を防ぎましょう。

3.帰宅時に、玄関などで花粉を落とす

 

スポンサーリンク

 

外を歩くと、知らないうちに、花粉が服に付着していることが多いです。

帰宅時には、玄関などで服・コートをはらうなどして、花粉を落としてから、家の中に入りましょう。

また、服に花粉をつきにくくする花粉ブロックスプレーなども市販されていますので、うまく利用して花粉の侵入を防ぎましょう。

fashion_trench_coat

4.手洗い、うがい

帰宅したら、すぐに手洗いをして、花粉を落としましょう。

また、うがいをすることにより、鼻を経由して喉に流れ着いた花粉を除去することができます。

gahag-0084138087-1

5.お風呂に入り、花粉を洗い落とす

帰宅したら、なるべく早くお風呂に入るのがおすすめです。

こうすることで、髪や体に付着した花粉を洗い流すことができます。

gahag-0096348895-1

なお、このとき、シャワーだけで済ませるよりも、しっかりと湯船に浸かったほうがよいです。

湯船に浸かることで、以下のようなメリットがあります。

鼻づまりの一時的な解消

湯船に浸かることで、空気を吸い込むたびに、温かい空気が鼻の気道を通ることになります。
すると、気道が適度に湿気を帯び、鼻づまりの一時的な改善が期待できます。

疲労回復・リラックス効果

花粉症などのアレルギー反応は、ストレスや疲労によって、症状が発現したり、悪化したりします。

お風呂で湯船に浸かると、自律神経のうち、気持ちをリラックスさせる副交感神経が優位となり、体がリラックスします。

また、血行もよくなるため、疲労回復効果も得られます。

それに伴い、花粉症のアレルギー症状の沈静化が期待できます。

ofuro_nyuyokuzai_woman

湯船に浸かる際は、お湯の温度は38~40℃程度のぬるま湯にしましょう。

42℃以上を超えると、くしゃみやかゆみの原因物質であるヒスタミンができてしまい、症状がひどくなる可能性もあります。

また、高温だと、自律神経のうち、覚醒作用のある交感神経が優位となってしまい、リラックス効果が薄れます。

湯船に浸かる際は、温度に気をつけながら、ゆったりと楽しみましょう。

6.家の中での対策

これまでの対策をしっかり実践したとしても、すべての花粉の侵入を完璧に防げるわけではありません。

家の中に入ってしまった花粉を除去するために、以下、しっかりと実践しましょう。

こまめな掃除

gahag-0039556186-1

なるべくこまめに掃除をして、家の中の花粉を取り除きましょう。

とくに、床掃除は大切です。しっかりと掃除機をかけましょう。

フローリングの場合は、拭き掃除をすると効果的です。

なるべく、窓を閉める

秋の花粉症の場合、飛散距離が短いので、春の花粉のときほど神経質にならなくてよいとは思います。

ですが、もし、ご自宅の近くにブタクサなどが群生している場合は、注意が必要です。

 

このような場合は、換気など、必要なとき以外は、窓を閉めておきましょう。

ただし、暑い時期の場合は、室温が高まると、脱水症状や熱中症になるリスクがあります。

窓を閉め切るときは、しっかりとクーラーなどをつけて、室温が高くなりすぎないようにしましょう。

gahag-0095851998-1

7.免疫力を高めておく

花粉症などのアレルギー反応は、体の免疫力が低下すると、発現したり、悪化しやすくなります。

したがって、普段から免疫力を高めておくことが、有効な花粉症対策になります。

  • 充分な睡眠
  • 規則正しい生活
  • 栄養のある食事
  • 適度な運動

などを意識し、普段から免疫力を高めておきましょう。

花粉症だけではなく、すべての病気に対して有効です。

kafun_sukkiri

食事については、以下の記事で、花粉症予防に効果的な食べ物を紹介しています。

こちらも、参考にしてみてください。

花粉症に効く食べ物と栄養成分

症状がひどいときは病院へ

花粉症の症状がひどいときや、なかなか治まらないときは、早めに病院に行き、医師の診察を受けましょう。

点眼薬、点鼻薬、内服薬など、症状にあわせたお薬が処方されますので、正しく服用し、症状改善につとめましょう。

tatemono_hospital2

まとめ

今回は、秋の花粉症の予防方法を中心に、ご紹介しました。

「君子危うきに近寄らず」という有名な言葉がありますが、秋の花粉症予防には、まさにこれが当てはまると感じました。

とはいえ、全く近づかないようにすることは不可能なので、花粉防止対策など、花粉を取り込まないようにする工夫が大切です。

しっかり対策をして、実りの秋を楽しみましょう!

 

花粉症対策には、↓こちらの記事もおすすめです。 花粉症に効く食べ物

 

 

スポンサーリンク