ofuro-do_season-0002-1

熱帯夜・・・しんどいですよね。
なかなか寝付けなくて、睡眠不足になりがちです。

睡眠不足になると、眠くてだるくて・・・
日中のパフォーマンスが、かなり低下しちゃいます。

夏の熱帯夜、どげんかせんといかん!

ということで、今回は
夏の熱帯夜対策をご紹介します!

じゅうぶんな対策によって、
安眠を取り戻しましょう!

スポンサーリンク

空気の入れ替え

帰宅したら、窓や扉を開け、
空気の入れ替えをしましょう。

部屋の熱気や湿気を外に出すことで、
エアコンや扇風機の効き目がよくなります。

gahag-0047740295-1

軽く運動しておく

適度な運動によって体を疲れさせると、
スムーズに睡眠できるようになります。

ただし、以下のような運動は、逆に体を興奮させ、
睡眠をさまたげるので、注意しましょう。

  • 激しすぎる運動
  • 寝る直前の運動

運動をする際は、適度に、寝る3時間くらい前までに
実施するようにしたほうがいいです。

私は、夕方に30分~1時間程度、
ウォーキングをしています。

個人差はあると思いますが、これくらいの運動量が
ちょうどいいのかな、と感じています。

gahag-0039659362-1

寝る直前に食事はとらない

食事をとると、体内の消化器官の活動が
活発になります。そうなると、うまく眠れません。

私も経験があります。布団に横になっても、
お腹の中がゴロゴロ~っとして、
眠りに集中できないんですよね。

食事は、寝る3時間前くらいにすると
多くの食べ物が消化されますので
睡眠をさまたげないそうです。

ただし、食べたものによって消化時間は
変わりますので、あくまで目安です。

gahag-0082194880-1

カフェイン入り飲料は避ける

コーヒーや緑茶などに含まれるカフェインには、
覚醒効果があり、睡眠をさまたげます。
寝る前のカフェイン摂取は控えましょう。

gahag-0090612405-1

なお、熱帯夜の水分補給には、麦茶がおすすめです。

⇒ 麦茶に秘められた5つの効能

お風呂に入り、湯船に浸かる

暑い夏こそ、湯船に浸かることが大切です!
お風呂に入ることで、寝付きがよくなります。

⇒ 暑さ対策お風呂グッズ紹介!夏こそ湯船に浸かろう

ただし、42℃以上の熱いお湯だと、体を興奮させる
交感神経が優位になってしまい、睡眠をさまたげます。

ぬるめのお湯(38℃くらい)ですと、心とからだを
リラックスさせる副交感神経が優位にたつので、おすすめです。

gahag-0072592460-1

ハッカ油でひんやり

ハッカ油は夏のお供!色々なことに使えます!
価格は800円程度。コレ1本で1シーズン使えちゃいます。

IMG_1328

ドラッグストアなどでお手軽に購入できますので、
使ったことがない方、ぜひ試してみてください!

お風呂に数滴垂らして、クール風呂に!

お風呂に数滴垂らすことで、
ハッカ油風呂の完成です!

肌をスースーさせる成分のメントールが
効いているので、湯上がりがサッパリ爽快です。
気分のいい状態で、布団に入れます。

ただし、ハッカ油の垂らしすぎに注意してください。

ハッカ油風呂については、こちらで詳しく紹介しています。

⇒ ハッカ油風呂の感想と注意事項

ハッカ油スプレーでクールダウン

ハッカ油スプレーはとても便利です。
クールダウン、虫よけ、消臭、リラックス・・・などなど。
これ1本で色んなことに使えます。

ハッカ油をお持ちの方は、ぜひ1度作ってみることを
おすすめします。簡単にできちゃいますので。

作り方はコチラ

⇒ ハッカ油スプレーの作り方。虫よけやリフレッシュに!

運動後やお風呂上がりなど、体が火照っているときに
シュッと肌に吹きかけると、涼しくなります。
これで、落ち着いた状態で寝る準備に入れます。

ただ、私としては、寝る直前に吹きかけることは
おすすめしません。

ハッカの香りは、リフレッシュ効果がありますが、
同時に覚醒効果もありますので、眠りをさまたげる
おそれがあります。

使うなら、寝る1~2時間前のタイミングにしましょう。

寝る前のテレビ、携帯、パソコンを控える

テレビ、携帯、パソコンなどから発せられる
光や情報を見てしまうと、脳が刺激されます。

その刺激によって興奮状態となり、
眠りをさまたげてしまいます。

寝る1時間前くらいからは、これらの使用を
控えたほうがよいです。

gahag-0086031598-1

冷涼シートを使用

最近よく見かける冷涼シート。
私も愛用していますが、これはおすすめです。

冷涼シートを敷いて、その上に寝るだけです。
ひんやり気持ち良く、快適です。

まだ使ったことのない方、ぜひ使ってみてください。
私はコレで、だいぶ寝付きがよくなりました。

エアコンの使い方

熱い夏に最も有効なのが、エアコンです。
スイッチひとつで、あっという間に涼しくなります。

しかし、その強力さゆえに、使い方を間違えると
逆に体に悪影響を与えてしまいます。

就寝時は、エアコンのつけっぱなしは避けましょう。
体を冷やしすぎて、だるくなっちゃいます。
あと、電気代がマズいことに・・・

タイマーつきのエアコンでしたら、3時間で
切れるように設定するのがおすすめです。

人間の睡眠サイクルは、90分ごとに切り替わります。
睡眠開始後3時間が、もっとも質のよい睡眠といわれています。

3時間後にエアコンが切れるように設定しておけば、
睡眠の質も向上し、体も冷やしすぎずに済むのです。

setsuden_airconditioner_man

また、エアコンと合わせて
扇風機を使うのもおすすめです。

エアコンで冷えた空気を、扇風機の風が
部屋じゅうに循環させてくれます。

エアコンのタイマーが切れた後でも、
しばらくは涼しい状態をキープしてくれます。

まとめ

今回は、熱帯夜対策をご紹介しました。

  • 空気の入れ替え
  • 軽く運動しておく
  • 寝る直前に食事はとらない
  • カフェイン入り飲料は避ける
  • お風呂に入り、湯船に浸かる
  • ハッカ油でひんやり
  • 寝る前のテレビ、携帯、パソコンを控える
  • 冷涼シートを使用
  • エアコンの使い方

とにかく、睡眠不足は、あらゆる不調のもとです。
しかも、夏は、ただでさえ日中を過ごすのがしんどい季節。

良質な睡眠をキープするためにも、
じゅうぶんな対策をとって、毎日を楽しく
過ごしていきましょう!

 

スポンサーリンク