ofuro-do_nyuyokuhou-0006-1

寒い季節、やっかいなのが冷え性です。

私は、とくに足先が冷えるので、冬は用心しています。

厚手の靴下、湯たんぽ、足先のストレッチ・・・などなど。

冷えちゃうと、色々とはかどらないんで、しっかり温めたいところです。

 

さて、今回は数ある冷え性対策のなかでも、「お風呂」をテーマにしたいと思います。

毎日のお風呂を、ちょっと工夫するだけで、冷え性の改善につながっていきます。

ぜひ、みんなで温まっていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

冷え性に効く、お湯の温度

お風呂を沸かすときに悩むのが、お湯の温度です。

結論から言っちゃいますと、お風呂のお湯は、40℃程度が目安です。

 

「え~、それじゃぬるくない?」

・・・と思われるかもしれません。

 

でも、42℃を越えてしまうと、からだを緊張させる「交感神経」が優位になってしまうんです。

交感神経が優位になると、血管が収縮してしまい、血行が悪くなります。

すると、温かい血液が手足の先まで届きにくくなり、冷えにつながってしまうんです。

 

一方、40℃程度のぬるめの湯ですと、からだをリラックスさせる「副交感神経」が優位になります。

血行がよくなり、からだが温まります。さらに、リラックス効果も得られるんです。

gahag-0096348895-1

それでも、「ぬるい湯はちょっと・・・」と感じる方もいらっしゃると思います。

ぬるま湯といっても、10分程度入浴すると、じんわりと汗ばむようになります。

その頃には、物足りなさは、かなり薄れているはずです。

 

また、入浴剤を使うことで、低めの温度でもすぐにポカポカになれます。

とくに「炭酸系」の入浴剤は、からだを温める効果が高いのでおすすめです。

冷え性に効く、入浴時間

みなさん、お風呂には何分くらい入っていますか?

ココは、色々と意見が分かれるところだと思います。

 

冷え性改善におすすめなのは、20分~30分の入浴時間です。

じっくりと長めに入浴することで、血行がよくなり、体が芯から温まります。

 

逆に、入浴時間が短すぎると、じゅうぶんに温まることができず、入浴後、すぐに冷えてしまいます。

じっくりと長めに入浴することが、冷え性改善には大切です。

ただし、長すぎると体に負担がかかりますので、注意が必要です。

全身浴と半身浴

「全身浴」と「半身浴」。名前は聞いたことがあるかもしれません。

ざっくり言うと、お湯の量が多いか少ないかの違いです。

ただし、この違いが、けっこう大きいんです。

くわしく見ていきましょう。

全身浴

全身浴とは、たっぷりのお湯に肩まで浸かる入浴法です。

なんといっても、温かくて気持ち良いです。

「お風呂に入ってる」感を、もっとも味わえます。

gahag-0112562144-1

ただし、肩までお湯に浸かることにより、水圧による負荷が生じます。

肺や心臓に負担がかかってしまうため、長時間の入浴には向きません。

冷え性の改善を目指す場合、20~30分の入浴時間は必要です。

全身浴ですと、ちょっと体への負担が大きいかな・・・と思います。

 

スポンサーリンク

 

半身浴

半身浴とは、その名の通り、少なめのお湯でからだを温める入浴法です。

お腹の「みぞおち」あたりまでのお湯に浸かり、長めに入浴を楽しみます。

肺や心臓への負担が少ないため、ゆっくりと安全に入浴を楽しめます。

そして、長い時間の入浴ができることで、血液の巡りがよくなります。

冷え性改善には、半身浴のほうが適しているといえます。

hanshinyoku

ただ、冬などの寒い季節の半身浴は、上半身が冷えるので注意が必要です。

浴室を温めておいたり、肩にタオルをかけたり等、工夫することが大切です。

冬の半身浴は寒い?対策と注意

 

ちなみに、私は半身浴をしながら本を読むことが多いです。

リラックスしながらゆったりと読書できるので、はかどります。

アロマ入り入浴剤などを入れると、気持ちもリフレッシュできるのでおすすめです。

水分補給を忘れずに!

冷え性の改善を目指す場合、入浴時間は長めになります。

その際、とくに気をつけたいのが「水分補給」です。

908617

入浴時は、想像以上に水分を消費します。

必ず、入浴前にコップ1杯程度の水分を補給してから、お風呂に入りましょう。

また、入浴中も水分補給ができるように、水筒などを浴室に持ち込むと良いです。

そして、入浴後も忘れずに水分を補給しましょう。

入浴前、入浴中、入浴後の3ステップを忘れずに実践することで、安全にバスタイムを満喫できます。

冷え性にはこちらもおすすめ

冷え性の改善には、入浴以外にも、さまざまなアプローチがあります。

いくつか簡単にご紹介していきます。

食べ物・飲み物

冷え性改善に効果のあるものを食べたり飲んだりすることで、冷えに強いからだづくりができます。

食べ物ですと、たんぱく質やビタミンEなどを含むものがおすすめです。

冷え性改善にはたんぱく質を!おすすめの食べ物
冷え性改善にはビタミンEを含む食べ物を!

 

飲み物ですと、からだを温める生姜湯などがおすすめです。

冷え性の改善は飲み物から。体を温めよう!

適度な運動

オフィスワークが中心の方だと、どうしても運動不足になりがちです。

運動不足になると、筋肉量が減少し、体内で熱を生み出しにくくなります。

また、血行が悪くなるため、体が冷えやすくなります。

gahag-0003469202-1

ウォーキングやランニング、ストレッチなど、簡単にできるものでよいので、適度に体を動かしておきましょう。

帰宅の際、ひと駅分歩いたり、エスカレーターではなく階段を使ったり・・・というように、普段の生活パターンに、少しずつ運動を取り入れるのがおすすめです。

まとめ

今回は、冷え性改善のための入浴法を中心にご紹介しました。

ぬるめのお湯で、長めに入浴することで、血行がよくなり、冷え性改善につながります。

お風呂は、毎日の習慣となっている方が多いです。日々の積み重ねにより、少しずつ冷えも改善していくはずです。

お風呂で気持ち良くリラックスしながら、からだを温めていきましょう!

 


冷え性対策におすすめの記事です。

冷え性改善にはたんぱく質を!おすすめの食べ物

冷え性の改善は飲み物から。体を温めよう!

冷え性改善にはビタミンEを含む食べ物を!


 

スポンサーリンク