ofuro-do_natsubate-0001-1

夏バテの季節が近づいてきました。

このシーズンになると、疲労感食欲不振
苦しんでいる方、多いのではないでしょうか?

今回は、しんどい夏バテの原因と、
予防に効果的な5つのこと
を紹介します!

スポンサーリンク

夏バテの主な原因

夏バテの主な原因は、以下のとおりです。

自律神経の機能不調

夏はクーラーの効いた場所が多いです。
職場、電車、コンビニ・・・などなど。
冷やし過ぎじゃない・・・?ってところも、結構あります。

冷たい屋内と、あたたかい外を行き来していると、
自律神経のバランスが乱れてしまいます。

その結果、疲労感食欲不振など、様々な
不快症状があらわれてしまうのです。

脱水症状

夏は外が暑いため、たくさん汗をかきます。
そのため、体内の水分量が減少しがちです。

体内の水分量が減少すると、血液量も減り、
血圧が下がってしまいます。

血圧が下がると、体内の臓器をめぐる血液量が減るため、
栄養素の運搬や老廃物の排出機能が衰えます。

このため、内臓の調子が悪くなったり、
気分が悪くなったりといった症状があらわれます。

また、体内のミネラル分(ナトリウム、カリウム、カルシウムなど)
も、汗と一緒に排出されてしまいます。

すると、神経や筋肉が不調となり、脚がつりやすくなったり、
しびれを感じたりするようになります。

ofuro-do_natsubate-0001-2

睡眠不足

夏の夜は蒸し暑い!寝苦しい!
なかなか寝付けません。

そのため、じゅうぶんな睡眠がとれず、
疲労回復ができない
ことが多いです。

また、寝不足のため、日中に眠気を感じたり、
集中力を欠いたりなど、日常の行動に
支障が出ることがあります。

ofuro-do_natsubate-0001-3

夏バテ予防法

夏バテ予防には、様々な方法があります。
今回は、代表的な5つを紹介します。

湯船に浸かる

暑い日が続くと、ついシャワーで済ませがちですが、
湯船に浸かることで、夏バテの予防ができます。
おすすめは半身浴です。

38度くらいの温度で、みぞおちくらいの深さのお湯に
ゆったりと浸かります。

時間は、30分~1時間程度で。
長く入り過ぎると体に負担がかかるので注意してください。
また、水分補給は忘れずに。入浴前にコップ1杯、
入浴中・入浴後も水分をじゅうぶんにとりましょう。

ofuro-do_natsubate-0001-4

半身浴の詳細は、こちらの記事の「半身浴が有効!」にまとめてあります。

⇒ 汗をかかないようにするお風呂の入り方

湯船に浸かると、体温が上昇します。
すると、副交感神経が働きはじめ、心やからだが
リラックスした状態になり、自律神経が整います。

また、血管が拡張し、血行がよくなるため、
体全体に必要な栄養素が行き渡るようになり
疲労が回復します。

さらに、寝付きが良くなります

人間は、体温が下がるにつれて、眠りやすくなります。

入浴後は、血管が拡張しており、そこから体の熱が
逃げやすくなっています。

そのため、入浴後は体温が下がりやすい状態となっており、
スムーズに眠りやすいのです。

お風呂の効果については、こちらの記事でまとめています。

⇒ 暑さ対策お風呂グッズ紹介!夏こそ湯船に浸かろう

湯船に浸かることで、自律神経の乱れの改善や
夜の寝苦しさをやわらげることができます。

ビタミンB群を含んだ食事

ビタミンB群は、炭水化物や脂肪・糖質などを、エネルギーに変えたり、
体内の老廃物を代謝して、疲労を回復させてくれます。

  • レバー
  • 豚肉
  • 納豆
  • 豆腐
  • ナッツ類

などに多く含まれています。

ミネラルを含んだ水分の補給

ミネラルは、体内の様々な機能のメンテナンスに欠かせない栄養素です。

ミネラルは、汗とともに体外へ排出されてしまいます。
たくさん汗をかく夏は、不足しがちになります。

  • みそ汁
  • 牛乳
  • お茶
  • 麦茶
  • スポーツドリンク

などに多く含まれていますので、
汗をかいた時は摂取しましょう。
ただし、冷やし過ぎないように注意です。

個人的には、麦茶がおすすめです。

⇒ 麦茶に秘められた5つの効能

規則正しい生活

夜更かしをして生活リズムが崩れると、脳の機能が低下し、
集中力やストレス耐性の低下をもたらします。

また、自律神経のバランスを乱し、
心とからだの調子を悪くする原因となります。

朝食を抜くなど、不規則な食事をつづけると、
脳やからだの働きが鈍ってしまいます

また、ビタミンやミネラル、水分など、
必要な栄養素の摂取量が減るため、
体調を崩しやすくなります

  • 夜ふかしをしない
  • じゅうぶんな睡眠をとる
  • 1日3食、バランスよく食事をとる

このことを意識して、規則正しく生活しましょう。

適度な運動

暑い中、運動はしたくない・・・というのが本音ですが、
運動をしないと、体内の筋肉量が減少していき、
体力が低下してしまいます。

適度に運動し、体をきたえておきましょう。

日中は気温も高く、日差しもきついと思いますので、
朝や夕方など、涼しい時間帯に運動するのがおすすめです。

私は、夕方に軽くジョギングするようにしています。
気分転換にもなりますので、おすすめです。

ofuro-do_natsubate-0001-5

まとめ

今回は、夏バテ予防に効果的な5つのことを紹介しました。

  • 湯船に浸かる
  • ビタミンB群を含んだ食事
  • ミネラルを含んだ水分の補給
  • 規則正しい生活
  • 適度な運動

規則正しく生活し、食事と水分補給、適度な運動をしましょう。
それから、じょうずにお風呂に入ること。

暑い日が続きますが、このことを意識して、
毎日を過ごしていきましょう!

 

スポンサーリンク