ofuro-do_goods-0006-1

 

夏のお供、ハッカ油が活躍中です。

お風呂に数滴入れて、クール風呂を楽しんだり、ハッカ油スプレーを自作して虫よけにしたり、アロマのように使用したり・・・

書ききれないくらい、使用しています。これだけ使えて、お値段も安い(20mlで800円程度)。ホント、助かっています。

さて、以前、ハッカ油スプレーを使い出したところ、ゲジゲジを見なくなったという記事を書きました。

ゲジゲジ対策にハッカ油が活躍中です

すごーく今更なんですが、アイツも見かけなくなったことに気づいたんです。そう、茶色くて素早くて、頭文字Gのアイツです・・・

これはすごい!と思ったので、せっかくなので記事にまとめてみようと思います。

では、「アイツ」こと、ゴキブリに対する、ハッカ油の効果と、ハッカ油を使った対策方法についてご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

 

ハッカ油がゴキブリに効く理由

ハッカ油は、なぜゴキブリに有効なのでしょうか?ひとことで言うと、ゴキブリは、ハッカ油の香りが嫌いなんです。嫌いな香りを放っている場所には近づけないため、自然とゴキブリの姿を見なくなるんですね。

117729

ゴキブリが嫌いな香りは、以下のとおりです。ハッカをはじめとするハーブ系や、柑橘系の香りが苦手です。

  • ミント(ハッカ)
  • ローズマリー
  • レモングラス
  • ラベンダー

とくにハッカの香りは、ゴキブリだけではなく、多くの虫たちが苦手とする香りです。

ハッカ油を使ったゴキブリ対策方法

ハッカ油はいろいろな使い方があります。なかでも、ゴキブリ対策に有効なハッカ油の使い方を、以下よりご紹介します。

ハッカ油スプレーを定期的に吹きかける

ハッカ油を購入したら、ハッカ油スプレーを作ることをおすすめします。安く簡単に作れるので、おすすめです。

⇒ ハッカ油スプレーの作り方。虫よけやリフレッシュに!

768460

ハッカ油スプレーを作ったら、ゴキブリが侵入してきそうな場所に吹きかけます。以下の場所が効果的です。

  • 玄関
  • 窓際
  • キッチン
  • ベランダ

外界との境目となる場所や、水回りなどですね。

ただし、ハッカ油スプレーは、1~2時間程度で効果が薄れてしまいます。スプレーするだけでお手軽に対策できるんですが、持続性が少々弱いんですね。

家事や外出などで、上で紹介した場所に立ち寄った際に、シュッとひと吹きしておくといいです。

布やティッシュにハッカ油を染み込ませ、配置する

持続性という点では、こちらのほうが長く効果が期待できます。布やティッシュなどにハッカ油を数滴、染み込ませておいて、玄関や窓際などに置いておくだけです。

虫よけにもなりますし、ハッカの香りが広がるので、防臭効果も期待できます。

1431694

床や壁を拭く際に、ハッカ油を染みこませる

拭き掃除で使用する布などに、ハッカ油を数滴、染み込ませます。こうすることで、床や壁などを綺麗にしつつ、同時に虫よけにもなります。

また、ハッカ油には抗菌作用もありますので、雑菌の繁殖を抑えることが出来ます。

3835447

 

スポンサーリンク

 

ハッカ油を使うことのメリット

安全に使用できる

ゴキブリ対策といえば、殺虫スプレーや、ゴキブリホイホイ、ホウ酸団子などが有名です。確かに効果はありそうですが、小さなお子さんが居る場合は、使用するのに抵抗がありますよね。

ハッカ油は天然成分でできているため、人体に害を与えることはありません。あえて言うなら、ハッカ油の原液を直接触ると、スースーを通り越してヒリヒリするので、注意が必要な点くらい。

人体へのリスクを抑えながら、効果的に虫よけをすることができます。

couple_baby_dakko

益虫を殺さない

ハッカ油は忌避効果(虫を近づけない効果)があるだけなので、殺虫剤と異なり、虫を殺すことはありません。したがって、人間の暮らしに役立っている虫たち、いわゆる「益虫」を殺すことはありません。

例えば、ゲジゲジはゴキブリを駆除してくれます。しかも、ゲジゲジは毒などは持っておらず、人間に害を与えることはありません(見た目がちょっとアレなので、なるべく見かけたくありませんが)。

ハッカ油を使用することで、益虫たちとうまく共存しながら、ゴキブリ対策ができるんです。

安い

ハッカ油は安いです!20ml入りで800円前後です。ネット通販とかなら、もっと安くなるかもしれません。20mlと聞くと、なんだか少ないように感じる方もいるかもしれませんが、けっこう持ちます。

IMG_1328

ハッカ油1滴が、だいたい0.05mlと言われているので、計算すると、ハッカ油1本あたり、400滴も使えちゃいます。

ハッカ油は、虫よけ以外にも、さまざまな用途で使えますので、殺虫剤よりもお得です。

虫よけ以外にも使える

ハッカ油は、さまざまな用途に使えます。購入したら、虫よけ以外にも使ってみることをオススメします。たとえば・・・

  • お風呂に数滴入れて、ひんやり風呂
  • アロマとして使うと、覚醒作用で集中力アップ・リフレッシュ効果
  • 抗菌作用があり、拭き掃除におすすめ

などです。詳しくはこちらの記事でまとめていますので、よろしければご参照ください。

⇒ ハッカ油の使い方を6つ紹介。夏におすすめです。

ハッカ油を使うことのデメリット

あくまで忌避効果

メリットの箇所でも触れましたが、ハッカ油は忌避効果のみで、虫を殺すことはありません。発生源を除去できないという点では、デメリットになるかな、とは思います。

ハッカの香りが苦手な方

ハッカの香りは、良くも悪くも強いので、苦手な方がいます。私の友達にも、「ミント系はちょっと苦手・・・」ってコがいます。

同居者にハッカの香りが苦手な方がいる場合は、ちょっと使いにくいですね。

ネコなどのペット

注意しなければならないのが、ネコなどのペットを飼っている場合です。一部の動物は、ハッカや、アロマオイルの香りが苦手で、調子を崩してしまうことがあるそうです。

ネコなどのペットを飼っている場合は、使用しても問題がないか、確認したほうがいいです。

まとめ

今回は、ハッカ油を使ったゴキブリ対策をご紹介しました。安全に使えて、コストも安い点が、ハッカ油の魅力です。虫よけ以外にも、さまざまな用途で使えますので、ぜひハッカ油を試してみてください!

 

こちらもあわせてどうぞ!ハッカ油まとめ       ハッカ油まとめ      

 

 

スポンサーリンク