ofuro-do_goods-0001-4

暑いと、つい湯船に浸からずにシャワーだけで
済ませたくなりますよね。

「暑さで苦しんでるのに、なんでわざわざ熱いお風呂に入るんだよ!」
なんて、思っちゃうかもしれません。

ところが、実は、お風呂に入ることが
しんどい暑さを乗り越える対策になるんです!

スポンサーリンク

お風呂の効果

夏の夜は、暑くて寝苦しいですが・・・

実は、お風呂に入ることで、快適に過ごせるようになるんです。
もうちょっと詳しく説明していきますね。

リラックス効果

お風呂に入ると、体温が上昇することで、心やからだを
リラックスさせる副交感神経が働きはじめます。

それだけでなく、血管が拡張し、血行が良くなります
血行が良くなると、体全体が温まり、筋肉が緩んだ状態になります。

精神的にも肉体的にも、リラックスした状態になるんですね。

寝付きが良くなる

「スーパー銭湯に行った日は、夜ぐっすり眠れる」
こんな経験、ありませんか?

私、サウナ目的でよくスーパー銭湯に通っていたのですが、
その日は決まって寝付きが良かったのです。

実は、これには理由があったんです。

人間の体は、体温が下がるにつれて、眠りやすくなるんです。

夜、寝る時間が近づくと、人間の体温は自然と下がっていきます。
これは、日中、活動し続けた脳や臓器の温度をクールダウンさせて、
疲労回復させようとしているからです。

この疲労回復というのが「睡眠」なのです。

お風呂に入ると、血管が拡張します。すると・・・

  • 血行がよくなり、体温が上がる
  • 拡張した血管から、熱が逃げやすくなる

そのため、お風呂上がりは、体温が下がっていきます。

この「体温が下がっていく」変化が、疲労回復のための
クールダウン」を助けてくれるので、スムーズに睡眠に入れるのです。

ofuro-do_goods-0001-1

暑さに効く!お役立ちグッズ

ここからは、私が夏を乗り切るために使っている
オススメお風呂グッズを紹介していきます。

どれも、手軽に入手できるものばかりです。
ぜひ、今年の夏に使ってみてください。

炭酸系入浴剤

寝付きが良くなるとはいえ、暑~い日に
じっくりお風呂に入るのは、やっぱり嫌だ!

って方には、炭酸系入浴剤をオススメします。

炭酸系入浴剤には、血管を拡張し、血流をよくする効果があります。
このため、短時間で温まることができるのです。

入浴を短く済ませたい方は、ぜひ使ってみてください。

ofuro-do_goods-0001-2

クール系入浴剤

せっかくお風呂でサッパリ気持ち良くなったのに、
汗をかいてしまっては、もったいないですよね。

お風呂上がりを快適にするためにオススメなのが
クール系入浴剤です。

クール系入浴剤には、冷感を得られるメントールが
配合されており、入浴後も爽快感が続きます。

また、香りもさわかなものが多いので、
気分もすっきりします。

肌に付けてシャワーで流すタイプ

肌に付けてシャワーで流すタイプのものもオススメです。
私は、爽快バブシャワーをよく使っています。
とーーっても、ひんやりしますし、汗も抑えられます。

使い方もカンタン。お風呂を上がる直前に
肌に塗りつけ、シャワーでサッと流すだけです。

冷涼感のレベルや、香りの種類等、ラインナップが揃っているので
好みや気分に合わせて、使うことができます。

欠かせない、水分補給

グッズとは言えないかもしれませんが、
お風呂に欠かせないのが水分補給です。

特に、夏はただでさえ不足しがちな水分。
入浴の際には、じゅうぶんに意識する必要があります。

入浴前にコップ1杯のお水を!

お風呂に入ると、300~500mlの汗をかくと言われています。
想像以上の水分が失われるのです。

入浴前には、必ずコップ1杯程度の水を飲んでおきましょう。
脱水症状の予防にもなりますし、入浴で血流が良くなった際に
老廃物が体外に出やすくなります。

ofuro-do_goods-0001-3

入浴後の飲み物は?

入浴後は、汗をかいたことにより
ビタミン・ミネラルが消費されている状態です。

これらを補える飲み物を飲むことがおすすめです。

ビタミン豊富な緑茶やオレンジジュース、
ミネラル豊富なスポーツドリンクやミネラルウォーター

などがいいでしょう。

ただし、スポーツドリンクなどは糖分が多いため、
ダイエット中の方は控えたほうがよいでしょう。

まとめ

今回は・・・

  • お風呂に入ると寝付きが良くなること
  • 夏のお風呂を快適にするグッズ

について記事にしました。

これらのグッズを利用すれば、暑い日のお風呂も
快適にエンジョイできると思います。

お風呂を賢く利用して、夏を乗り切りましょう!

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク