スポンサーリンク

 

夏といえば、枝豆ビールです!ついつい止まらなくなります。

 

以前、枝豆とビールの組み合わせは、とっても理想的という話をしましたが・・・

 

 

枝豆のパワーは、↑これだけではありません。枝豆は疲労回復にも効果的なんです!

 

暑くなってくると、体への負担も高まり、疲れがたまりやすくなります。

夏バテ予防に、枝豆はとっても適しているんです。

 

今回は、枝豆が疲労を回復するパワーのヒミツと、疲労回復効果をさらに高める食べ物を紹介していきます。

おいしく食べて、夏バテ対策をすすめていきましょう!

 

ビタミンB1たっぷりで、疲労回復に効果的!

枝豆には、ビタミンB1がたっぷり含まれています。

このビタミンB1が、疲労回復、とっても効果的なんです。

 

わたしたちは、食べ物から活動エネルギーを得ています。

エネルギーの量が多いと、たくさん活動できます。

逆に、エネルギーの量が少ないと、体を動かしにくくなり、疲れがとれにくくなります。

 

では、なぜビタミンB1が疲労回復に効くのか、といいますと・・・

ビタミンB1は、体内で糖質を活動エネルギーに変換する際に、その作業をサポートしてくれるんです。

 

糖質といえば、「ご飯」や「パン」、「イモ類」などが代表的ですね。

これらの食べ物を効率よくエネルギーに変えられるようになるため、エネルギーの量が増え、疲労も回復しやすくなるんです。

枝豆には、ビタミンB1がたっぷり含まれていますので、高い疲労回復効果が期待できます。

メチオニンやオルニチンが、肝機能を改善する!

メチオニンは、枝豆のたんぱく質に含まれる成分です。

アルコール分解を促進するはたらきがあり、肝臓の負担を減らしてくれます。

 

また、オルニチンも、肝臓によい成分として、サプリメントによく使われています。

アンモニアなどの有毒物質を解毒し、肝臓のはたらきを助けます。

しじみに多く含まれていることで有名ですが、枝豆にも含まれています。

 

肝臓は、上で述べたエネルギー代謝に関わっていたり、体内の毒物を解毒したりなど、とても多くの作業をしています。

このため、肝臓の不調は、体の疲れや、お肌トラブルなどにつながっていく可能性が高いんです。

メチオニンやオルニチンなど、肝機能改善に効果的な成分をとることで、疲労回復にもつながっていきます。

カリウムが、筋肉の動きを回復させる!

枝豆に多く含まれるミネラルのひとつに、カリウムがあります。

カリウムは、ナトリウムと協力しながら、細胞内外の浸透圧の調整をしています。

塩分(ナトリウム)の量が増えたときは、排出を促すなど、体内の成分バランスを保つのに活躍しています。

その他にも、筋肉の収縮機能や、神経伝達を正常に維持するはたらきを担っています。

 

そんなカリウムですが、夏はとくに不足しがちになります。

というのも、カリウムは汗と一緒に流出しやすい成分だからです。

 

夏の暑い日に、仕事やスポーツなどで大量に汗をかくと、水分と一緒にカリウムも失われます。

カリウムが不足すると、筋肉の収縮がうまくいかなくなり、足がつりやすくなったり、全身にダルさを感じるようになるんです。

 

カリウム不足が、夏バテの要因となるケースもあります。

枝豆を食べて、しっかりと予防しましょう。

枝豆と一緒に食べたい!疲労回復効果アップ食材

 

スポンサーリンク

 

usa

ここからは、枝豆の疲労回復効果を高める、おすすめの食べ物を紹介します。バランス良く食べて、効果を高めていきましょう!

豚肉

豚肉には、エネルギー源となるたんぱく質や、ビタミンB1をはじめとしたビタミンB群が多く含まれています。

枝豆に含まれるたんぱく質やビタミンB1と合わせて、さらなる疲労回復効果が期待できます。

ニンニク、ニラ、ネギ、タマネギ

これらの食材には、「アリシン」という成分が含まれています。

ニンニクやニラには、強い臭いがありますよね。あの臭いの元が、アリシンです。

 

アリシンは、ビタミンB1と結びつくと「アリチアミン」という物質になります。

このアリチアミン、体内に長く留まることができるため、ビタミンB1の吸収率が高まるんです。

 

ビタミンB1は水溶性のビタミンということもあり、体内に残りづらい成分です。

せっかく摂取しても、尿などと一緒に、体外に排出されやすいんです。

 

アリシンは、このようなビタミンB1の弱点を、うまく補ってくれます。

ビタミンB1が豊富な枝豆と、ぜひ一緒に食べたい食材です。

 

これらの食材については、以下の記事が詳しいです。

気になる方は、ぜひ、合わせてご覧ください。

 

オクラ

枝豆と同じく、夏の食材の代表といえば、オクラです。

オクラには、ムチンというネバネバ成分が含まれています。

このムチンには、たんぱく質の消化・吸収を助けるはたらきがあります。

枝豆などのたんぱく質をエネルギーに変えやすくなるため、疲労回復に効果的です。

オクラについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

気になった方は、ぜひ合わせてご覧ください。

 

オクラの記事まとめ。栄養や効能、食べ合わせや保存方法など、オクラ情報盛りだくさんです。

梅干し、レモン

梅干しレモンの酸っぱさは、クエン酸に由来しています。

クエン酸は、体内でエネルギーを生み出している「クエン酸回路」のはたらきを高めてくれます。

お肉にレモン汁をかけたりすると、味もさっぱりしますし、クエン酸もとれるのでおすすめです。

また、食後に梅干しをつまんでみたり、夏のお弁当に梅干しを入れるのもおすすめです。

まとめ

今回は、枝豆が疲労回復に効果的な理由と、おすすめの食べ合わせを紹介しました。

枝豆に含まれるビタミンB1やメチオニン、オルニチン、カリウムといった成分が、疲労回復をサポートしてくれます。

 

また、疲労回復効果を高めるには、枝豆だけでなく、他の食材もバランス良く食べることが大切です。

豚肉やニラなど、今回ご紹介した食材などを合わせながら、美味しくバランス良く食べましょう。

 

何かと疲れやすい毎日ですが、枝豆など、食べ物からパワーをもらいながら、毎日を健やかに過ごしていきましょう!

 


枝豆が気になるあなたへ。おすすめの記事です。

枝豆のカロリーと秘められた栄養・効能について

枝豆&ビールで二日酔い予防!枝豆はいつ食べるのが効果的?

枝豆の美肌効果がスゴい!一緒に食べたい美肌食材は?

枝豆の保存方法と見分け方。新鮮・傷んでいるものの特徴は?

枝豆をまとめて知りたいときは、こちら。

枝豆の記事まとめ。栄養効能や食べ合わせ、保存方法など、枝豆情報満載です。


 

スポンサーリンク