スポンサーリンク

 

梅雨の時期は、雨の日が多く、気分もどんよりしがちですよね。

 

「何となく、だるい・・・」

体調不良が続いてる・・・」

「やる気がおきない・・・」

 

そんなとき、もっとも身近にできる対策が、食べ物です。

気分の落ち込みや、だるさに効くものを食べて、改善していきましょう。

 

今回は、梅雨におすすめの食べ物を中心に紹介していきます。

気分や体調を整えて、夏に備えていきましょう!

 

梅雨のだるさ・不調の原因は?

そもそも、梅雨の時期の、だるさや体調不良って、何が原因なのでしょうか?

ここでは、よくある3つの原因について紹介します。

原因を知ることで、対策もたてやすくなりますので、しっかり確認していきましょう!

水分を溜め込み過ぎているかも?

梅雨の時期は雨が多く、湿度が高くなりがちです。

湿度が高いと、人は汗をかきにくくなります。

つまり、からだのなかに水分を溜め込みやすい季節なんです。

水分の溜めすぎは、だるさ、倦怠感、むくみ、めまい、頭痛などの症状を引き起こす原因となります。

天気や気圧の影響?

梅雨の時期は、曇りがちで、低気圧の状態が続きます。

低気圧は、自律神経バランスの乱れや、頭痛を引き起こす要因となります。

また、日差しを浴びる機会も少ないので、気分的にも落ち込みがちになります。

エアコンによる冷え?

お住まいの地域にもよりますが、梅雨のあたりから、エアコンを使い始める方が多いのではないでしょうか。

エアコンによる体の冷えは、自律神経のバランスを乱したり、代謝を下げてしまいます。

その結果、頭痛や肩こり、疲労感や、むくみなどといった症状を引き起こす事があります。

梅雨のだるさ・不調に効く食べ物

それでは、梅雨のだるさや不調に効く食べ物を紹介していきます。

「梅雨に入ってから、何だか調子が悪いなぁ・・・」

そんなときは、これらの食材をお試しください。

発汗作用のある食べ物

体内に水分が溜まりすぎると、不調の原因となります。

溜まった水分を外に出すためには、汗をかくことが大切です。

 

ここでは、発汗作用のある食べ物を紹介します。

運動などと組み合わせると、より効果的です。

 

  • 唐辛子
  • カレー粉
  • にんにく
  • ネギ・玉ねぎ
  • しょうが

 

やはり、唐辛子やカレー粉などのスパイスが効果的です。

辛いものを食べて、汗が吹き出てきた経験のある方も多いはずです。

その他にも、にんにくやネギといった、独特のにおいをもつ野菜も、発汗を促してくれます。

 

食事の際は、これらの食材をうまく取り入れてみましょう。

外食する場合は、カレーや麻婆豆腐など、スパイシーなものや、エスニックな料理がおすすめです。

利尿作用のある食べ物

体内の余分な水分は、汗だけでなく、尿としても排出されます。

ここでは、利尿作用のある食べ物を紹介します。

 

  • きゅうり
  • スイカ
  • トマト
  • バナナ
  • キウイ
  • 海藻類

 

きゅうりやスイカといったウリ科の野菜や、バナナやキウイなどの果物、ワカメやコンブなどの海藻類がおすすめです。

デザートを果物にしたり、海藻サラダを食事に取り入れてみましょう。

これらの食べ物には、利尿作用のある「カリウム」が多く含まれています。

むくみや、高血圧の改善にも効果的です。

関連記事①:カリウムの多い野菜ランキングTOP10

関連記事②:カリウムの多い果物ランキング

関連記事③:カリウムの多い海藻ランキング

やる気を高める食べ物

 

スポンサーリンク

 

やる気が出なかったり、もやもやとしている方は、チロシンを含む食べ物がおすすめです。

チロシンとは、ドーパミンやノルアドレナリンといった、やる気をアップさせるホルモンの原料となる物質です。

以下の食べ物に、多く含まれています。

 

  • チーズ
  • 大豆・豆腐
  • えだまめ
  • ナッツ・落花生
  • ほうれん草
  • たけのこ

 

チーズなどの乳製品や、大豆などの豆類に多く含まれています。

 

「何かやる気が出ない・・・」

 

と感じたときは、おやつにチーズやナッツをつまんでみるのをおすすめします。

関連記事:やる気や集中力を高める!おすすめの食べ物と6つの栄養成分

疲労を回復する食べ物

疲れやだるさを感じるときは、疲労回復に効果的な食べ物がおすすめです。

とくに、クエン酸を含む食べ物は、食欲の無いときでも食べやすいです。

クエン酸を多く含む食べ物は、以下のとおりです。

 

  • 梅干し
  • 柑橘類(レモン、オレンジ等)
  • キウイ
  • いちご

 

梅干しには殺菌作用もあります。

食材が傷みやすい、暑いシーズンのお弁当におすすめです。

 

キウイやいちごなどの果物は、カリウムも豊富です。

こちらは、食後のデザートにおすすめです。

冷たい飲み物に注意!

暑くなりはじめると、ついつい冷たいものを飲みがちです。

でも、体を冷やしてしまうと、代謝が落ちてしまいます。

 

代謝が落ちると、水分が排出されにくくなってしまいます。

つまり、水分が溜まりやすくなってしまうんですね。

飲み物は、少しぬるめのものや、温かいものを飲むようにしましょう。

食べ物以外の改善方法

梅雨のだるさや不調を改善するには、食事とあわせて、以下のことを行うと効果的です。

毎日の生活に、ぜひ取り入れてみて下さい。

運動する

体に溜まった水分を放出するためには、運動をして汗をかくことが大切です。

適度な運動は、ストレス発散・リフレッシュ効果もありますので、気分転換にもおすすめです。

 

とはいえ、梅雨の時期は、外での運動がやりにくいですよね。

そんなときは、お家のなかで出来るエクササイズに取り組みましょう。

 

筋トレやダイエットDVDなど、さまざな方法がありますが、

おすすめなのが「つま先立ち」です。

 

部屋を移動するときや、立って作業するときに取り入れてみましょう。

ふくらはぎのむくみ改善にもなるのでおすすめです。

お風呂で汗をかく

お風呂でじっくり汗をかくのもおすすめです。

いろんな入浴法がありますが、おすすめは「半身浴」です。

 

38℃くらいの温度で、みぞおちくらいの量のお湯につかります。

20~30分程度、じっくり汗を流します。

リラックス効果もありますので、気分もスッキリします。

 

半身浴をする際には、水分補給を忘れないことが大切です。

とくに忘れがちなのが、入浴前の水分補給。

脱水症状を予防するためにも、コップ1杯の水を飲んでから、半身浴をはじめましょう。

 

「お風呂は熱くてイヤだ!」

 

という方には、ハッカ油風呂がおすすめです。

浴槽に、ハッカ油を数滴入れることで、ヒンヤリお風呂の完成です。

詳しくはこちら↓

ハッカ油風呂の感想と注意事項

ただし、ハッカ油の入れすぎには注意です!

まとめ

今回は、梅雨でだるいときや、体調不良のときにおすすめの食べ物を中心に紹介しました。

発汗・利尿作用など、体内の水分を放出する効果のある食べ物がおすすめです。

また、運動や入浴なども取り入れることで、より効果が高まります。

 

梅雨が明けると、いよいよ夏本番です。

楽しいイベントが盛りだくさんなので、今のうちに体調を整えておきましょう。


梅雨対策には、こちらもおすすめです!

梅雨の食欲不振の原因と、改善するおすすめの食べ物・レシピ

梅雨に傷みやすい食べ物は?防ぐ方法や対策は?

梅雨にオススメの飲み物。雨の日の眠気・だるさに効く!


 

スポンサーリンク