スポンサーリンク

 

貝類には、たくさんのミネラルが含まれています。

こちらの記事では、カルシウムの多い貝類ランキングTOP10を紹介します!

 

カルシウムは、じょうぶな骨や歯をつくるのに必要な成分です。

また、神経伝達や、筋肉の収縮をスムーズにするはたらきもあります。

カルシウムたっぷりの貝類で、しっかりと補給していきましょう!

 

ランキング基準について

100グラムあたりに含まれるカルシウム量で順位をつけています。

成分量は、日本食品標準成分表2015年度版(七訂)の値を参照しています。

基本的に、「生」のもののデータを参照しています。

 

【カルシウムの多い貝類】10位

成分量が同じものが2つありましたので、順に紹介します。

100gあたりの含有量は、60 mgです。

1つ目

 

まず1つ目は、ツブガイです。

 

カルシウムなど、さまざまなミネラルや、良質なたんぱく質を含みます。

貝類のなかですと、マグネシウムの含有量がトップクラスです。

また、旨味成分のグルタミン酸も豊富です。

 

ただし、ツブガイをはじめとしたエゾボラ類の唾液腺には、「テトラミン」という毒が含まれています。

このため調理の際は、しっかりと取り除く必要があります。

 

取り除く方法は、以下のサイトで解説されています。

下ごしらえの際に、確実に処理しておきましょう。

テトラミン(ツブ貝)による食中毒|札幌市

2つ目

画像引用元:サルボウガイの血

 

続いて2つ目は、サルボウ(味付け缶詰)です。

生のデータが無かったので、缶詰の含有量を参照しています。

 

サルボウは、アカガイとよく似た二枚貝です。

血液には、アカガイと同じくヘモグロビンが含まれています。

このため、わたしたちの血液と同じように赤い色をしています。

 

比較的小さめな貝ですが、カルシウムをはじめ、亜鉛や鉄分を多く含んでいます。

【カルシウムの多い貝類】9位

 

9位にランクインしたのは、ホッキガイです。

100gあたりの含有量は、62 mgです。

 

湯通しすると、鮮やかなピンク色になります。

店頭やお寿司のホッキガイは、湯通しされたピンク色のものが多いです。

カルシウムのほかに、カリウムや鉄分などを豊富に含みます。

【カルシウムの多い貝類】7位

成分量が同じものがあったため、8位を飛ばして7位からの紹介です。

7位には、2つの貝類が同量で並んでいます。

100gあたりの含有量は、66 mgです。

1つ目

 

まず1つ目は、アサリです。

 

おなじみの貝がランクインしました。

汁物やパスタなど、さまざまな料理で使われていますね。

 

カルシウムのほかに、鉄分やビタミンB12などを含んでいます。

とくに、マグネシウムとタウリンの含有量は、貝類トップクラスです。

 

アサリの栄養成分については、こちらで詳しく紹介しています。

よろしければ、あわせてご覧ください。

2つ目

画像引用元:玉島魚市場 お魚情報

 

続いて2つ目は、アゲマキです。

 

アゲマキという名前は、昔の人の髪型から付けられたそうです。

国産のものは少ないそうで、ほとんどが韓国・中国などからの輸入モノとのことです。

貝類のなかですと、カルシウムのほかに、鉄分やナトリウムを多く含んでいます。

 

スポンサーリンク

 

【カルシウムの多い貝類】6位

 

6位にランクインしたのは、カキ(養殖)です。

100gあたりの含有量は、88 mgです。

 

カキは「海のミルク」と呼ばれることがあります。

牛乳のように、たくさんの栄養を含んでいることに由来しているそうです。

実際に、カルシウムや亜鉛の含有量は、貝類トップクラスです。

また、肝機能をサポートしてくれるタウリンも豊富です。

 

カキの詳しい栄養については、こちらの記事で紹介しています。

よろしければ、あわせてご覧ください。

【カルシウムの多い貝類】5位

 

5位にランクインしたのは、ハマグリです。

100gあたりの含有量は、130 mgです。

 

潮干狩りの定番といえば、ハマグリですよね。

二枚の貝がぴったり重なり合うことから、夫婦円満のシンボルとして、祝いの席などで好んで食べられています。

 

鉄分や亜鉛など、多くのミネラルを含んでいます。

貝類のなかでは、とくにカルシウムの量が多いです。

【カルシウムの多い貝類】4位

画像引用元:チョウセンハマグリ生貝

 

4位にランクインしたのは、チョウセンハマグリです。

100gあたりの含有量は、160 mgです。

 

チョウセンという名前がついていますが、実際は、国産の貝です。

宮崎県の日向灘に、おもに生息しているそうです。

 

普通のハマグリよりもサイズが大きく、殻も厚いです。

カルシウムのほかに、鉄分を多く含んでいます。

【カルシウムの多い貝類】3位

 

3位にランクインしたのは、シジミです。

100gあたりの含有量は、240 mgです。

 

お味噌汁の定番、シジミがランクインです。

わたしたちにとって、もっとも身近な貝類かもしれません。

 

栄養面でも優れており、カルシウムや鉄分、亜鉛を多く含みます。

また、肝機能をサポートするオルニチンもたっぷりです。

二日酔い対策などにおすすめです。

【カルシウムの多い貝類】2位

 

2位にランクインしたのは、エスカルゴ(水煮缶詰)です。

生のデータが無かったので、水煮缶の含有量を参照しています。

100gあたりの含有量は、400 mgです。

 

エスカルゴは、フランス語で「カタツムリ」という意味です。

フランス料理で、よく使われていますよね。

カルシウムのほかに、鉄分を多く含んでいます。

【カルシウムの多い貝類】1位

 

そして、1位にランクインしたのは・・・タニシです!

100gあたりの含有量は、1300 mgです。

 

タニシには、じつは、たくさんの栄養が詰まっています。

貝類のなかですと、カルシウム、鉄分、亜鉛の含有量はトップクラスです。

 

ただし、泥臭さが残りやすいのがネックです・・・。

調理するときは、徹底した泥抜きが必要です。

また、臭みを抑える香辛料なども使いたいところです。

【カルシウムの多い貝類】順位表

これまでのランキングを、わかりやすく表にまとめました。

ぜひ、振り返ってみてください♪

 

順位名称mg/100 g
1たにし    1300
2エスカルゴ  水煮缶詰   400
3しじみ    240
4ちょうせんはまぐり   160
5はまぐり   130
6かき 養殖    88
7あげまき    66
7あさり    66
9ほっきがい    62
10さるぼう 味付け缶詰   60
10つぶ    60

 

カルシウムの吸収率をアップさせるには?

 

今回ランクインした貝類には、カルシウムがたっぷり含まれています。

ですが、注意したいのが、カルシウムの吸収率です。

 

カルシウムは、体内での吸収率が低い栄養素です。

牛乳で約40~50%、小魚で約30%、野菜で約15~20%程度といわれています。

 

このため、国が実施している「国民健康栄養調査」によると・・・

多くの日本人が、1日に必要なカルシウム摂取量を満たせていません。

 

そこでポイントとなるのが、カルシウムの吸収率をアップさせる食事です。

マグネシウムビタミンDを含む食べ物は、カルシウムの吸収率を高めてくれます。

カルシウムを補給したいときは、これらの食べ物と一緒に食べるのがおすすめです。

 

マグネシウムを多く含むのは、以下の食べ物です。

  • 魚介類、貝類、海藻類
  • 大豆製品(納豆、油揚げなど)
  • 種実類(ナッツ、アーモンドなど)

 

ビタミンDを多く含むのは、以下の食べ物です。

  • 魚介類
  • きのこ類

 

詳しくは、以下の記事で紹介しています。

よろしければ、こちらもあわせてご覧ください。

まとめ

以上、カルシウムの多い貝類ランキングでした!

1位のタニシは、ちょっと食べるが大変そうですね・・・。

貝類でカルシウムをとりたいときは、シジミやアサリ、ハマグリなどがおすすめです。

 

なおカルシウムは、からだへの吸収率が低いことに注意です。

マグネシウムやビタミンDとあわせて、バランス良く摂取していきましょう♪

 

カルシウム関連のおすすめ記事です。

 

 

スポンサーリンク