スポンサーリンク

 

魚肉ソーセージって、色んな食べ方がありますよね。

サラダに混ぜたり、お弁当のおかずにしたり、チャーハンや炒め物に混ぜたり・・・

もちろん、そのまま食べても美味しいです。

 

私は、スーパーで見かけるたびに、ついつい買っちゃいます。

おかげで、冷蔵庫には、いつも魚肉ソーセージがたっぷり!

 

小腹が空いたときや、お酒のおつまみが欲しいとき。

手軽にサクッと食べられるので、大好きです。

 

今回は、そんな魚肉ソーセージについて紹介していきたいと思います。

 

  • 魚肉ソーセージの原料
  • 魚肉ソーセージに含まれる栄養成分
  • おすすめの食べ合わせ

 

そのまま食べても美味しい魚肉ソーセージですが、ほかの食材と組み合わせるのもおすすめです。

栄養面の強みを強化したり、弱みをカバーしていくことができます。

 

 

それでは、魚肉ソーセージの魅力を、いっしょにチェックしていきましょう!

 

魚肉ソーセージの原料って・・・何?こんな面白ソーセージもあった!

 

そもそも、魚肉ソーセージって、何モノなんでしょうか?

「魚肉」って言うくらいなので、魚は入っているハズですが・・・

魚といっても、たくさんの種類がありますよね。。

 

気になったので、魚肉ソーセージに使われている、おもな魚を調べてみました。

 

  • スケトウダラ
  • タラ
  • ホッケ
  • アジ
  • マグロ

 

マルハニチロのHPより、一部抜粋

 

なかでも、よく使われているのが、スケトウダラなどの白身魚だそうです。

スケトウダラといえば、ちくわやかまぼこといった、練り物に加工されることが多い魚です。

魚肉ソーセージにおいても、メインの原材料として、存在感を発揮しています。

 

サケやサンマ、イワシやサバなどと比べると、少し存在感が薄い魚ですが・・・

加工品の世界では、メジャー級の存在として、重宝されているみたいですね。

 

また、魚だけでなく、さまざまな食材を混ぜた魚肉ソーセージもあります。

チーズやひき肉、玉ねぎやグリーンピースなど、バリエーション豊かです。

ほかにも、カルシウムDHAなど、特定の栄養成分を強化した魚肉ソーセージもあります。

 

たくさんの種類がある魚肉ソーセージですが・・・

いちばん衝撃的だったのが、「いちごミルク」味の魚肉ソーセージです。

画像引用元:HITOMI’S DIARY

 

はじめて見たときは、さすがに目を疑って、二度見しちゃいました。。

 

たしかに、魚肉ソーセージって、いちごミルクみたいな色ですけど・・・

まさか、味までいちごミルクにしちゃうなんて・・・

しかも、きちんとした商品として、販売しちゃうなんて・・・

色んな意味で、脱帽です(^_^;)

 

私は食べたことが無いのですが、こちらのブログ様の記事によると、いちごの風味や、甘みは感じられたそうです。

 

ちなみにこの商品、2005年に発売されたみたいですが、

残念なことに、今では姿を消しています。

1度、味わってみたかったなぁ・・・

魚肉ソーセージに含まれる栄養成分

魚肉ソーセージには、どんな栄養成分が含まれているのでしょうか?

ここでは、一般的な魚肉ソーセージに含まれる栄養成分をチェックしたいと思います。

 

おもな栄養成分

  • たんぱく質
  • カルシウム
  • DHA・EPA
  • ナトリウム
  • 脂質

 

上でも紹介したとおり、魚肉ソーセージのおもな原料は、スケトウダラなどの白身魚です。

なので、どの魚肉ソーセージも、たんぱく質カルシウムは多く含まれます。

 

たんぱく質は、髪や筋肉、臓器など、わたしたちのからだをつくる原料となる成分です。

また、カルシウムは、骨や歯の成長や強化には欠かせない成分です。

これらを多く含む魚肉ソーセージは、成長期のお子さんや、パワーをつけたい方などにおすすめです。

 

DHAEPAは、青魚に多く含まれる成分で、血液サラサラ効果が期待できます。

また、DHAには、脳を活性化させる効果があるといわれています。

お仕事や勉強中のおやつとしても、活躍できます。

 

たくさんの栄養を含む魚肉ソーセージですが、やや塩分が高めなのが気になるところです。

血圧が気になる方は、食べ過ぎに注意しましょう。

魚肉ソーセージの栄養を活かす!オススメの食べ合わせ

 

スポンサーリンク

 

そのまま食べても美味しい魚肉ソーセージですが、ほかの食べ物と組み合わせることで、より良い効果が生まれます。

ここでは、オススメの食べ合わせを、いくつか紹介していきます。

ビタミンDを含む食べ物と合わせる

魚肉ソーセージには、カルシウムが含まれています。

カルシウムといえば、骨や歯を強くする栄養素として、有名ですよね。

 

お子さんなら、骨のすこやかな成長に。

お年寄りの方なら、骨粗しょう症の予防に。

毎日の食事で、しっかりと摂りたい栄養素です。

そんなカルシウムですが、じつは弱点があるんです。

それは・・・吸収率が低いということ。

 

いちばん吸収率の高い乳製品ですら、50%の吸収率といわれています。

小魚や海藻類でも30%、野菜類なら20%を下回るそうです。

 

もちろん、モノによって、正確な吸収率は変わりますが・・・

カルシウムだけだと、ちょっと物足りない気がしますよね。

 

そんなカルシウムの弱点をカバーしてくれるのが、ビタミンDです。

ビタミンDには、カルシウムの吸収率を高めるはたらきがあります。

 

ビタミンDが多いのは、魚介類や、きのこ類です。

 

魚介類と聞くと、魚肉ソーセージにも、ビタミンDが含まれていそうですが・・・

残念ながら、あまりビタミンDは含まれていません。

 

じつは、原料のスケトウダラ自体が、ビタミンD量の少ない魚なんです。

なので、ビタミンDについては、ほかのお魚で補っていきましょう。

 

おすすめなのが、以下の魚たちです。

 

ビタミンDの多い魚介類

  • イワシ
  • サンマ
  • カツオ
  • カレイ
  • サバ
  • すじこ

 

忙しいときや疲れているときなどは、魚の缶詰を利用するのもアリです。

サバやサンマの缶詰には、しっかりビタミンDが含まれています。

 

ただし、缶詰の種類によっては、塩分が多く含まれています。

気になる方は、塩分が少なめな水煮缶がおすすめです。

カリウムを含む食べ物と合わせる

 

「魚肉ソーセージ、めっちゃ好きなんだけど、塩分がちょっと・・・」

 

という方にオススメなのが、カリウムを含む食材との食べ合わせです。

カリウムには、余分な塩分(ナトリウム)の排出を促すはたらきがあります。

魚肉ソーセージと合わせることで、塩分バランスの乱れを抑える効果が期待できます。

 

では、どんな食べ物にカリウムが含まれているのでしょうか?

オススメは、手軽に食べられる果物野菜です。

 

まずは、果物から紹介していきますね。

 

カリウムの多い果物

  • バナナ
  • リンゴ
  • キウイ
  • メロン
  • アボカド

 

とくに、バナナやリンゴは、1年を通してお求めやすいので、おすすめです。

サラダに入れたり、食後のデザートに加えたりしてみましょう。

 

カリウムの多い果物は、他にもたくさんあります。

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

カリウムの多い果物ランキング

 

続いて、カリウムの多い野菜のご紹介です。

 

カリウムの多い野菜

  • ほうれん草
  • サトイモ
  • えだまめ
  • たけのこ
  • ニラ

 

ほうれん草やニラなどの葉物野菜や、サトイモをはじめとしたイモ類、豆類などに多く含まれています。

これらの食材を、おかずなどに取り入れることで、塩分対策をすることができます。

まとめ

今回は、魚肉ソーセージの原料や栄養成分、オススメの食べ合わせなどについて紹介しました。

魚肉ソーセージの原料は、スケトウダラなどの白身魚などがメインです。

たんぱく質やカルシウムが多く、お子さんの栄養補給に適しています。

 

ビタミンDとの組み合わせは、骨や歯の強化におすすめです。

また、カリウムと組み合わせることで、塩分対策ができます。

 

魚肉ソーセージは、色んなお店で、手軽にお買い求めできます。

栄養もたっぷりですので、効果的に食べて、毎日を元気に過ごしていきましょう!

 

スポンサーリンク