スポンサーリンク

 

イサキは、白身魚のなかでも、脂がのっていて旨味のある魚です。

ほぼ1年じゅう流通している魚ですが、の時期は、さらに脂がのり、旨味が増します。

旬の時期には、ぜひとも食べたい魚のひとつです。

 

この記事では、気になるイサキの旬や、含まれる栄養成分効能など紹介しています。

後半では、効果的な食べ方食べ合わせについても触れています。

 

  • イサキが美味しい時期を知りたい方
  • 手に入れたイサキを効果的に食べたい方

 

ぜひ一緒に、イサキの魅力を見ていきましょう!

 

イサキの旬は?

旬のイサキは、白身魚と思えないくらい脂がのっていて、旨味があり美味しいです。

イサキを食べるなら、やはり旬の時期に食べるのがオススメです。

 

気になるイサキの旬の時期ですが・・・

6~7月の、初夏の時期が、もっとも脂が乗っていて美味しいといわれています。

 

この時期って、梅雨とも重なりますよね。

ジメジメで、どんよりとした気分のときは・・・

美味しいイサキを食べると、気分が晴れる!

・・・かもしれません(^_^;)

 

旬のイサキは、新鮮なうちは刺身で味わうのがオススメです。

少し日が経ったものは、塩焼きやムニエルにすると美味しいです。

イサキに含まれる栄養成分と期待できる効能は?

イサキには、どんな栄養成分が含まれているのでしょうか?

また、どんな健康効果が期待できるのでしょうか?

ここでは、その2点について見ていきましょう。

 

まずは、含まれる栄養成分を見ていきましょう。

 

イサキに含まれるおもな栄養成分

  • たんぱく質
  • カルシウム
  • DHA・EPA
  • カリウム
  • ビタミンD
  • ビタミンE

 

白身魚ということもあり、低カロリー高タンパクです。

たんぱく質は、わたしたちのからだをつくる原料となる成分です。

臓器や筋肉、皮膚、爪、髪など、からだのさまざまな部分を健康に保つために、毎日摂りたい栄養素です。

 

また、脂がのっている旬のイサキには、DHAEPAも多く含まれます。

DHAやEPAには血液サラサラ効果があり、生活習慣病の予防に効果的といわれています。

また、DHAには脳を活性化させる作用があるといわれています。

 

なかでも注目したいのが、たくさん含まれているビタミンDです。

ビタミンDには、カルシウムの吸収率を高める効果があります。

 

カルシウムといえば、骨や歯の強化に欠かせない成分です。

イサキを食べるときは、ぜひ、カルシウムの多いものと合わせましょう。

イサキの効果的な食べ合わせは?

 

スポンサーリンク

 

ここでは、イサキに含まれる栄養成分を、うまく活かせる食べ合わせを紹介しています。

 

「イサキを手に入れたけど、どうやって食べようかしら・・・」

 

と悩んだときは、ぜひ参考にしてみてください!

カルシウム食材と合わせて、骨や歯の強化を!

イサキに多く含まれるビタミンDは、カルシウムの吸収率を高めてくれます。

カルシウムは、じょうぶな骨や歯をつくるサポートをしてくれる成分です。

 

ですが・・・体内への吸収率は、あまり高くありません。

吸収率の高い乳製品でも、50%程度といわれています。

このため、ビタミンDのように、吸収率を高めてくれる成分と一緒に摂ることが効果的です。

 

カルシウムが多い食材といえば、やはり乳製品です。

牛乳やチーズ、ヨーグルトなどを、同じ食卓に並べるのがおすすめです。

 

イサキと合わせるなら、チーズ焼きなんていかがでしょうか?

クックパッドに美味しいレシピがありましたので、紹介します。

画像引用元:cookpad

 

Cpicon イサキと野菜のチーズ焼き by まま蔵

 

手軽につくれますし、カルシウムも効率よく摂れるのでおすすめです。

ビタミンC食材と合わせて、ストレス対策!

 

「最近、ストレス溜まってるなぁ・・・」

 

そう感じたときは、ビタミンCを含む食材とイサキを合わせて食べるのがおすすめです。

 

ビタミンCは、ストレスに対抗するホルモンをつくるのに必要な成分です。

ストレスが溜まりがちな方ほど、抗ストレスホルモンの分泌が増えます。

そうなると、ビタミンCも多く消費されてしまいます。

 

一方で・・・イサキに多く含まれるたんぱく質も、ストレスが多いほど消費が増えます。

ストレスをうけると、わたしたちのからだは、心拍数や体温などを上げて、ストレスに抵抗しようとします。

この「ストレスとの戦い」で、多くのたんぱく質を消費してしまうんですね。

 

ビタミンCがとれる食材といえば、柑橘類です。

キュッと絞ったレモンやすだちの汁をかけると、手軽にビタミンCをプラスできます。

 

クックパッドに、イサキのカルパッチョのレシピがありましたので紹介します。

画像引用元:cookpad

 

Cpicon 簡単アペリティフ いさきのカルパッチョ by エブリデイキッチン

 

刺身やカルパッチョは、レモン汁との相性がよさそうですね。

 

また、緑黄色野菜にもビタミンCが多く含まれます。

とくに、ピーマンやブロッコリー、ゴーヤやアスパラガスなどに多く含まれます。

付け合わせなどにしてイサキと一緒に食べると、ストレス対策に効果的ですね。

まとめ

以上、イサキの旬や、栄養効能、食べ合わせについての紹介でした。

イサキを食べるなら、脂がのっている初夏がオススメです。

旬のイサキはDHA・EPAが多いので、生活習慣病の予防効果も期待できます。

 

また、ビタミンDが豊富なので、カルシウムの多い食材と合わせると効果的です。

骨や歯を強くしたいときは、ぜひ乳製品などと一緒に摂りましょう。

 

スポンサーリンク