スポンサーリンク

 

 

「鬼は~外!!福は~内!!!」

 

ひととおり豆まきが済んだあとは、お待ちかねの実食タイムです。

節分の、大きな楽しみのひとつですよね。

 

「年の数だけ食べるんだよ」

 

と言われても、気にせずパクパクと食べていた記憶があります。

たくさん余ってるときは、いっきに食べちゃいたくなりますよね。

 

でも、ちょっと待って下さい。

たしかに、豆まきの豆って、おいしくて栄養満点なのですが・・・

カロリーのとり過ぎには、気をつけなければなりません。

 

今回は、豆まきの豆に含まれるカロリーと

食べ過ぎを防ぐための食べ方を紹介していきます。

 

美味しくて、ついつい食べ過ぎてしまいがちですが・・・

うまくコントロールしていきましょう。

 

豆まきの豆、カロリーは?

豆まきに使われる豆といえば、炒り大豆です。

気になるカロリーですが・・・

食品成分表によると、100グラムあたりで439キロカロリーになります。

 

炒り大豆1粒の重さは、モノによって変わりますが・・・

だいたい0.3グラムだとすると、

1粒あたりのカロリーは約1.3キロカロリーとなります。

 

もし、年の数「だけ」豆を食べるなら・・・

摂取カロリーは、以下のとおりになります。

 

年齢(歳) カロリー(kcal)
10 13
20 26
30 39
40 52
50 65
60 78

 

60個食べても78kcalなので、年の数だけなら、カロリーオーバーの心配は無さそうです。

 

でも実際は・・・オーバーして食べることも多いはずです。

100歳、200歳ぶんの量は、軽く食べられちゃいますので。

 

小分けにされた炒り豆が、よく1パック100グラムくらいで売られています。

これを平らげるだけで、400キロカロリー以上は摂取することになります。

 

ごはん1膳(160g)が、270キロカロリーといわれていますので・・・

もし、1袋まるごと食べてしまうと、軽く上回ってしまいますね。

 

炒り大豆は、味付けも控えめで素朴なものが多いですが・・・

その分、たくさん食べてしまいやすいので、注意が必要です。

豆を食べすぎないための対策とポイントは?

上でも述べたとおり、豆ひと粒のカロリーは少ないものの、たくさん食べると、かなりのカロリーとなります。

豆の食べ過ぎを防ぐには、どうすればよいのでしょうか?

対策とポイントについて、紹介していきます。

食べる分だけ器に入れる。残りは密閉保存!

やはり大切なのは、視界に入れないこと」です。

目の前にたくさん豆があると、ついつい、つまんでしまいます。

 

食べる量だけ、器に入れて、残りは見えないところにしまいましょう。

必要分だけしか食べられない状態を、つくってしまいましょう。

 

このとき、あると便利なのが、袋を密閉するクリップです。

いちど開封した豆の袋は、密閉しないと、湿気を吸って傷みやすくなります。

 

「袋あけちゃったし・・・早めに食べきったほうがいいよね・・・」

 

と思うこと、ありませんか?

たしかに、早めに食べきるに越したことはありませんが・・・

 

食べきりたいあまり、いちどにたくさんの豆を食べることになります。

ドカ食いを防ぎつつ、豆を長期保存するためにも、袋を密閉するグッズはおすすめです。

 

ちなみに私が使っているのは、このタイプのクリップです。


ウェーロック社 クリップイット PA110mm 白/赤/黄 3個セット[メール便発送、送料無料、代引不可] 02P03Dec16 【YDKG-kd】【smtb-KD】[その他HK]

 

カンタンに使えて、しっかり密閉してくれるので、重宝しています。

豆だけでなく、ココアのパックや食パンの袋を密閉するときも使っていますね。

さまざまな用途で使えますので、ひとつ持っているとホントに便利です。

ひと粒ずつ、ゆっくり味わって食べる

 

スポンサーリンク

 

目の前にたくさんの豆があると・・・

つい、手でたくさんすくって、そのまま口に放り込みたくなります。

 

麦チョコや、ポン菓子なども、同じように食べたくなりますよね。

あとは、袋ごと、口にサーッと流し込んだりとか・・・

 

もちろん、これやると、カロリーオーバーへの道へ、まっしぐらです。

気づかぬうちにやってしまいがちなので、注意が必要です。

 

食べるときは、ひと粒ずつ、ゆっくり味わいながら食べましょう。

すると、大量に食べる心配はありませんし、ゆっくり噛むことで満腹感も得られやすいです。

 

炒り大豆は、しっかり密封すれば、長期保存もできます。

あせって食べる必要はありませんので、ゆっくり楽しみましょう。

大豆に含まれる栄養成分は?

大豆は、たくさんの栄養を含む食品として、長きにわたり愛されています。

とくに多く含むのが、植物性たんぱく質です。

肉や魚に匹敵するくらいの量を含んでいるため、「畑の肉」とも呼ばれています。

 

たんぱく質は、髪や皮膚、筋肉や爪など、わたしたちのからだのパーツを作る基礎となる成分です。

そのほかにも、体を温める効果もあるため、寒い季節にはしっかりと摂りたい栄養素です。

 

冷え性改善にはたんぱく質を!おすすめの食べ物

 

このほかにも、骨の成長に欠かせないカルシウムや、貧血対策に効果的な鉄分など、ミネラルも豊富です。

また、女性ホルモンと似たはたらきを持つイソフラボンを含み、更年期の不調改善にも効果的といわれています。

豆まきに落花生を使う地域もある!

ここまで、「豆まきの豆 = 炒り大豆」という設定で、色々と紹介してきましたが・・・

炒り大豆ではなく、他の豆を使う地域もあります。

 

たとえば、北海道や東北などの一部地域では、落花生(らっかせい)が使われています。

私は北海道出身なのですが、節分の豆は、ずっと落花生でした。

生まれてからずっと、「節分の豆=落花生」という感覚でしたね。

 

なので、北海道を離れて、はじめて迎えた節分の日は、ちょっと違和感がありました。

 

「大豆だと、外に撒いたら、食べられないじゃん・・・」

 

なんて思ってましたし(笑

 

落花生だと、中身が殻に包まれてますので、あとで回収して、おいしく食べられるんです。

でも、炒り大豆も香ばしくて美味しいので、すぐに気に入っちゃいました。

 

ちなみに、落花生の栄養については、こちらの記事で紹介しています。

 

落花生・ピーナッツの栄養や効能は?効果的な食べ合わせは?

 

大豆と同じく、栄養満点ですね。

ただし、カロリーには、やはり注意です。

まとめ

今回は、豆まきの豆に含まれるカロリーや、食べ過ぎを防ぐポイントについて紹介しました。

パクパクつまんでいると、あっという間にカロリーオーバーになりますので、気を付けましょう。

 

食べ過ぎを防ぐには、やはり、「視界に入れない」ことが大切です。

必要な分だけ用意して、あとは見えない場所に保管しましょう。

保管の際は、密閉するのを忘れずに!

 

あと、食べる時は、ひと粒ずつ、ゆっくり食べることが大切です。

よく噛むことで、満足感も得られます。

手ですくって、いっきに口に含むことは、避けましょう。

 

節分は、1年に1度の、楽しいイベントです。

食べる量をコントロールしながら、健康的に豆まきを楽しみましょう!

 

スポンサーリンク