スポンサーリンク

 

クリスマスといえば、ケーキやチキン、ローストビーフなどのパーティー料理です。

年に1度の楽しいイベントなので、ついつい食べ過ぎちゃうことも多いですよね。

ただし、気を付けたいのが、「クリスマス太り」。

クリスマス料理は、カロリーや塩分、脂肪分が高めです。

数日後、体重計の数値を見てゾッとする・・・なんてこともあり得ます。

 

そんな悲劇(?)を防ぐために大切なのが、翌日以降の食事です。

カロリーを抑えつつ、代謝を促す食べ物を摂ることで、対策することができます。

 

今回は、クリスマス太りを防ぐのにおすすめの食べ物を紹介していきます。

パーティーを楽しみつつ、しっかり対策して、からだを整えていきましょう!

 

クリスマス料理は太りやすい!?定番メニューのカロリーは?

クリスマスは年に1度のイベントなので、存分に楽しむことが大切です。

そのうえで、クリスマス料理は、かなりの量のカロリーや糖分・脂肪を含んでいるということも、知っておくと役に立ちます。

ここでは、クリスマスの定番メニューのカロリーを紹介していきます。

なお、カロリー数値については、以下のサイト様のデータを参考にさせていただきました。

カロリーSlism

ショートケーキ

6号サイズ(直径18cm)のホールケーキを8等分したもので、1個あたり366kcalというのが目安です。

なお、100gあたりのカロリーは、308kcalです。

ごはん1膳が、だいたい270kcalなので、比較すると、やはりカロリーは高めですね。

チョコレートケーキ

6号サイズを8等分したもので、1個あたり438kcalです。

100gあたりのカロリーは、368kcalです。

モノにもよると思いますが、ショートケーキより、ややカロリー高めです。

ブッシュドノエル

こちらも、クリスマスの定番ケーキですね。

100gあたりのカロリーは、320kcalです。

クリームたっぷりな分、通常のロールケーキよりもカロリー高めです。

フライドチキン

クリスマスシーズンになると、売り切れが続出するフライドチキン。

うっかり予約を忘れていて、当日お店をハシゴした記憶が蘇ります・・・

・・・というのは置いといて、ここではケンタッキーさんのオリジナルチキンのカロリーを紹介します。

お店のホームページ資料によると、1ピース(87グラム)あたり237kcalだそうです。

100gに換算すると、だいたい272kcalくらいです。

ローストチキン

1本あたり、285kcalが目安です。

100gあたりに換算すると、184kcalです。

同じ重さで比較した場合、フライドチキンよりもカロリーは少ないです。

おそらく、油をあまり使わずに焼き上げているためかと思われます。

カロリーが気になる方は、フライドチキンよりもローストチキンのほうがおすすめですね。

赤ワイン・白ワイン

クリスマスパーティーで欠かせないのが、ワインです。

グラス1杯(80g)あたり、58kcalが目安です。

100gあたりに換算すると、73kcalです。

赤ワインにはポリフェノールが多く含まれており、高血圧や動脈硬化を予防する効果が期待できます。

ただし、そこそこのカロリー量ですので、飲み過ぎには注意です。

クリスマス太りを防ぐ!翌日以降の食事でおすすめの食べ物

 

スポンサーリンク

 

これまでご紹介してきたとおり、クリスマス料理は高カロリーなものが多いです。

それだけでなく、塩分脂肪分も、やはり多めとなっています。

なので、クリスマス太りを抑えるためには・・・

  • 翌日以降の摂取カロリーを控えめにする
  • 摂りすぎた塩分や脂肪分の代謝を促す

この2点がポイントになってきます。

このコーナーでは、上の2点を踏まえたうえで、おすすめの食べ物を紹介していきます!

納豆で、脂質の代謝を促す!

ケーキや肉料理など、クリスマス料理には脂肪分がたくさん含まれています。

からだに溜まった脂質の代謝にオススメなのが、納豆です。

納豆には、脂質の分解を促進するビタミンB群が多く含まれています。

翌日の朝食や、1品加えたいときにオススメです。

海藻類で、脂肪の吸着を防ぐ

ワカメや昆布などの海藻類は、低カロリーで、食物繊維がたっぷり含まれています。

海藻の栄養と効能

とくに、ネバネバ成分の水溶性食物繊維には、余分な脂肪の排出を促進し、体脂肪を作りにくくするはたらきがあります。

満腹感も得られやすいので、食事量を抑えたいときにもオススメです。

青魚で血液サラサラに!

パーティー料理で脂肪分をためこんだ翌日は、魚介類を食べるのがおすすめです。

とくに、イワシやサバ、サンマなど青魚には、血液サラサラ効果や、コレステロール値を下げるDHA・EPAが多く含まれています。

DHA・EPAの多い魚ランキング

余分な油の代謝を促すことで、体脂肪が溜まりにくくなります。

また、調理の手間を省きたいときは、缶詰を使うのもアリです。

その際は、糖分や塩分が少なめの水煮缶を使うのがおすすめです。

果物で塩分対策

クリスマス料理は、味付けの濃いものが多く、どうしても塩分を多く摂りがちになります。

塩分の摂り過ぎは、高血圧むくみの原因となりますので、なるべく上手に対処したいところ。

そこでおすすめなのが、カリウムたっぷりの果物です。

カリウムの多い果物ランキング

カリウムには、増えすぎた塩分の排出を促すはたらきがあります。

なかでも、バナナやアボカド、梅などには、カリウムが多く含まれています。

食後のデザートや、サラダなどに、ぜひ取り入れてみましょう。

緑黄色野菜で、お肌のケアも

余分な脂肪分は、シミソバカスの原因にもなります。

そこでおすすめしたいのが、緑黄色野菜を多めに摂ることです。

ニンジンやピーマン、ブロッコリーやカボチャなどの緑黄色野菜には、抗酸化作用をもつビタミンなどが多く含まれています。

シミ・ソバカスの予防や、アンチエイジングに効果的です。

また、野菜類はカロリーが低いので、太りにくいのもうれしいところです。

まとめ

今回は、クリスマス太りを防ぐのにおすすめの食べ物を紹介しました。

パーティー料理を楽しんだ翌日は、摂取カロリーを抑えたり、塩分や脂質の代謝を促すことが、太らないためには大切です。

クリスマスを存分に楽しみつつ、からだをケアも忘れずに過ごしていきましょう!

 


こちらもおすすめです。

おせち料理で糖質が多いのは?摂り過ぎを防ぐ食べ方は?

おせち料理で塩分が多いのは?摂り過ぎを防ぐためには?


 

スポンサーリンク