スポンサーリンク

 

鯖(サバ)は、魚介類の中でも、脂がのっていて旨味があり、古くから愛されています。

缶詰などの加工品も多く、わたしたちの食卓に並ぶことの多い魚のひとつです。

そして、なんといっても注目したいのが、栄養価の高さです。

たんぱく質やカルシウムはもちろんのこと、たっぷりの脂には、さまざまな健康効果が期待できるDHA・EPAが多く含まれています。

今回は、鯖(サバ)に含まれる栄養成分と、期待できる効能、効果的な食べ合わせを中心に紹介します!

 

サバに含まれる栄養成分と効能

それでは、さっそくサバに含まれる栄養成分と、期待できる効能について見ていきましょう!

たんぱく質

魚介類に含まれるたんぱく質は、体内に効率よく取り込まれやすい、良質なつくりとなっています。

サバにも、同じく良質なたんぱく質がたっぷりと含まれています。

たんぱく質は、筋肉や内臓、肌や髪、免疫抗体や神経伝達物質など、体内のさまざまな物質の原料となっています。

わたしたちのからだをつくるのに不可欠な成分ですので、毎日の食事で、しっかりと補給していく必要があります。

カルシウム

サバをはじめ、魚介類には、カルシウムが多く含まれています。

骨や歯の成長や、骨粗しょう症予防には欠かせない成分です。

より多くのカルシウムを摂りたいときは、缶詰を活用するのも手です。

缶詰のサバは骨ごと食べられるものが多いので、その分カルシウムを多く摂取することができます。

DHA・EPA

DHA・EPAは、青魚に多く含まれる脂です。

脂が乗っているサバには、とくに多く含まれています。

花粉症対策に!DHA・EPAの多い魚ランキング

EPAには、血液をサラサラにするはたらきがあり、動脈硬化予防に効果的です。

DHAには、脳を活性化するはたらきがあり、脳の成長や記憶力の向上に効果的です。

脂と聞くと、あまり良くないイメージを浮かべがちですが・・・

DHA・EPAは、多くの健康効果が期待できる、魅力的な成分です。

ビタミンE

サバには、ビタミンEが含まれています。

ビタミンEには強い抗酸化作用があり、細胞などの酸化を抑えるはたらきがあります。

アンチエイジング生活習慣病予防に効果的です。

また、魚介類に多く含まれるDHA・EPAは、酸化しやすいのが難点ですが・・・

サバに含まれるビタミンEは、酸化のダメージからDHA・EPAを守ってくれるため、より高い効果が期待できます。

鉄分

血合いの部分には、鉄分が多く含まれており、貧血予防に効果的です。

タウリン

同じく血合いの部分には、タウリンも多く含まれています。

肝機能改善や、コレステロール低下などの効果が期待できます。

さばの効果を高める!オススメの食べ合わせ

 

スポンサーリンク

 

ここからは、サバと一緒に食べると効果的な、おすすめの食べ合わせを紹介します。

抗酸化ビタミンと組み合わせて、動脈硬化予防・アンチエイジング

さばに含まれるDHA・EPAには、中性脂肪や血中コレステロールを低下させるはたらきがあり、動脈硬化予防に効果的です。

さらに効果を高めたいときは、抗酸化ビタミンを含む食材と一緒に食べるのがおすすめです。

ビタミンCやビタミンE、βカロテンには、細胞の酸化を抑えるはたらきがあり、効果がさらに高まります。

 

抗酸化ビタミンを多く含むのは、緑黄色野菜果物です。

付け合わせとして料理に添えたり、サラダにして食べると効果的です。

 

ビタミンC
ピーマン、ブロッコリー、柑橘類、イチゴ

ビタミンE
かぼちゃ、モロヘイヤ、赤ピーマン、植物油

βカロテン
にんじん、ほうれん草、小松菜、春菊

ビタミンDと組み合わせて、骨や歯を強く

骨や歯の健康維持に欠かせないカルシウムですが、体内への吸収率は低く、不足しがちです。

カルシウム不足を防ぐ!吸収率アップの栄養素と食べ物は?

そこでオススメなのが、ビタミンDを含む食材です。

ビタミンDには、カルシウムの吸収率を高めるはたらきがあります。

さばに含まれる多くのカルシウムを活かすために、ぜひ一緒に食べたいところです。

ビタミンDは、魚介類キノコ類に多く含まれています。

とくに、キノコは低カロリーで食物繊維も多く、ダイエット中でも比較的安心して食べられます。

きのこの栄養と効能 記事まとめ

新鮮で美味しいさばを選ぶポイントは?

「サバの生き腐れ」という言葉があるくらい、サバは鮮度が落ちやすい魚です。

少しでも美味しいサバをいただくために、お店で選ぶときのポイントを、いくつか紹介します。

目が透き通っているもの

目が濁っているものは、鮮度が落ちている可能性があります。

透明感のあるものを選びましょう。

胴体が輝いていて、ツヤツヤしているもの

模様がハッキリしていて光沢のあるものは、新鮮な証です。

全体的にふっくらとしていて、皮がピンと張っているもの

身がふっくらとしていてハリのあるものは、新鮮です。

逆に、ハリがなく、皮にシワがあるものは、鮮度が落ちている可能性があります。

まとめ

今回は、サバの栄養と効能、おすすめの食べ合わせなどを中心に紹介しました。

カルシウムやたんぱく質はもちろんのこと、たっぷりの脂にはDHA・EPAが豊富に含まれています。

傷みやすい魚なので、なるべく早く召し上がるようにしましょう。

手軽に味わいたいときは、サバの缶詰を活用するのもおすすめです。

 

スポンサーリンク