スポンサーリンク

 

寒い日の朝って、なんだかボーッとしちゃいます。

冷えているせいか、体の調子がイマイチで、動くのも面倒になったり。

 

「1日のスタートなのに、こんなんで大丈夫かなぁ・・・」

 

そんな寒い朝は、体を温める朝食を食べましょう!

体を温めることで、体調も整いますし、気分的にもホッとします。

 

今回は、寒い日の朝食におすすめの食べ物飲み物を中心に紹介します。

朝は、体温がいちばん低い時間帯です。

朝食を上手に摂って、元気に1日をスタートさせましょう!

 

朝は最も体温が低い!?体が冷えると、こんなデメリットが・・・

わたしたちの体温は、寝ている間に低下します。

このため、眠りから覚めた朝は、最も体温が低い状態となっています。

では、体が冷えてしまうと、どんな影響が出てくるのでしょうか。

「手足がブルブル震えて、動きにくい」

「寒気を感じて、なんだか不快」

といった、分かりやすい変化の他にもデメリットがあります。

 

まずは、血行不良です。

体温が下がると、血液の流れが悪くなってしまいます。

すると、肩こりや腰痛、冷え性といった症状があらわれやすくなります。

 

また、体温が下がると、免疫力も下がるといわれています。

血流が悪い状態だと、免疫細胞が体内を巡りにくくなるため、細菌やウイルスに対抗しにくくなるそうです。

寒い季節は、風邪が流行りやすいので、少しでも体温を上げて、免疫力を高めていきたいですね。

寒い日の朝食におすすめ!体を温める食べ物・飲み物

上でも紹介したとおり、低体温は、さまざまなデメリットをもたらします。

元気な1日を過ごすためにも、寒い日はとくに、体を温める朝食を心がけてみてはいかがでしょうか?

ここでは、体を温めるオススメの朝食フード&ドリンクを紹介していきます。

ハムエッグ

たんぱく質は、体内で消化されるときに熱を生み出します。

このため、からだを温めたいときや、冷え性を改善したいときは、ぜひ摂取したいところです。

朝食の定番メニューで、たんぱく質が多いものといえば、ハムエッグです。

ハムには、筋肉の維持に欠かせない動物性たんぱく質が多く含まれています。

卵は、たんぱく質をはじめ、たくさんの栄養が含まれているスーパー食品です。

もちろん、ハムエッグに限らず、

  • スクランブルエッグ&ベーコン
  • ハムエッグサンドイッチ

といったメニューもおすすめです。

たらこ・いくら・すじこ

冷え対策には、ビタミンEを含む食べ物が効果的です。

ビタミンEには、毛細血管をひろげて、血流をよくする作用があります。

なかでも、朝食におすすめなのが「魚卵」です。

たらこ、いくら、すじこなどですね。

ビタミンEが豊富ですし、なにより、白いご飯に合います。

コンビニで朝食を買う時は、たらこやいくらのおにぎりを選ぶと、冷え対策に効果的です。

お味噌汁

 

スポンサーリンク

 

和食派の方におすすめしたいのが、温かいお味噌汁です。

適度な塩分は、血圧を高め、血流をよくする効果があります。

具材は、体を温める作用のある根菜類がおすすめです。

ジャガイモやサツマイモ、ダイコン、ニンジンなどは、手に入りやすいですし効果的です。

また、ネギやショウガなども、血行を促進して体を温めてくれます。

スープ

温かいスープも、体を温めるのに効果的です。

お味噌汁のところでも紹介したとおり、根菜類やショウガなどを入れて、具だくさんのスープにするのが最も効果的です。

「朝からそんなに食べられない・・・」

という方は、コーンスープやクリームスープがおすすめです。

とろみがあるので、お腹の中で温かさが続きますし、満腹感も得られやすいです。

ショウガ湯・ジンジャーティー

とにかく体を温めたいときは、ショウガ湯ジンジャーティーがおすすめです。

ショウガには、血流を改善し、からだを温める作用があります。

生のショウガをすりおろして使うのもいいですし、チューブのものを使うのもいいと思います。

お好みでハチミツを入れると、喉にもやさしい飲み物になりますよ!

白湯

「朝は、味がついたものは、あまり口にしたくない・・・」

という方も多いはずです。

そんな方におすすめなのが、温かい白湯です。

シンプルですが、手軽に準備できますし、しっかり体を温めてくれます。

要注意!?体を冷やしてしまう食べ物・飲み物

体を温める食べ物が存在する一方で、体を「冷ます」食べ物も存在します。

代表的なのが、夏野菜です。

きゅうり、トマト、なす、ゴーヤなどですね。

暑いシーズンだと活躍しそうですが、体を温めたいときには不向きです。

ちょっと意外ですが、コーヒー緑茶も、体を冷やすといわれています。

体を温めたいときは、これらの食べ物や飲み物は、なるべく控えたほうがよさそうですね。

体を温めるには、簡単な運動も効果的!

筋肉は、わたしたちのからだのなかでも、最も熱を生み出している器官です。

筋肉量をキープすることは、低体温を防ぐのに効果的です。

 

では、筋肉量をキープするには、どうすれば良いのでしょうか?

いちばん取り組みやすいのが、やはり「適度な運動」です。

ウォーキングやストレッチ・筋トレなどを、できる範囲で継続して実施することが大切です。

 

おすすめなのが、朝のウォーキング・ランニングです。

筋肉が鍛えられるのはもちろんのこと、朝の下がった体温を上げる効果もあります。

忙しい方は、普段の生活に運動を取り込むようにするのがおすすめです。

たとえば・・・

  • エスカレーターを使わず、階段を利用する
  • 1駅手前で降りて、残りを歩くようにする

といったように、無理のない範囲で運動を取り入れると、継続もしやすいです。

まとめ

今回は、寒い日の朝食にオススメの食べ物・飲み物を中心に紹介しました。

ショウガなど、血行をよくする食べ物や、卵、ハムといったタンパク質の多い食べ物がおすすめです。

体を温める根菜類を含んだ味噌汁やスープも、寒い日には効果的です。

 

朝は最も体温が下がる時間帯です。

朝食で体をポカポカにして、1日のスタートを気持ち良く切っていきましょう!

 

スポンサーリンク