スポンサーリンク

 

「新鮮で美味しいチンゲン菜を見分けたい!」

「チンゲン菜を長く保存する方法を知りたい!」

今回は、このような方にオススメの記事となっています。

 

チンゲン菜は、日本と中国が国交を回復した1970年代頃に普及し始めた野菜です。

比較的、新しく入ってきた野菜にもかかわらず、今となっては、1年を通してスーパーなどで見かけるようになりました。

アクが無く、クセのない味わいや食感が、日本人の味覚にマッチした結果なのかもしれません。

 

そんなチンゲン菜を、より美味しくいただくためには・・・

新鮮なものを選び、正しく保存することが大切です。

チンゲン菜をはじめ、葉物野菜は鮮度が落ちやすいので、気をつける必要があります。

今回は、新鮮で美味しいチンゲン菜の選び方と、保存方法を紹介します。

チンゲン菜の美味しさや栄養をキープするために、ぜひ覚えておきましょう!

 

新鮮なチンゲン菜を選ぶポイントは?

新鮮なチンゲン菜を選ぶときは、「葉」「茎」「根」の3点を確認しましょう。

それぞれ、確認したいポイントをまとめています。

お店に買いに行く前に、ぜひチェックしておきましょう!

葉の色が、淡い緑色をしていること

まずは、チンゲン菜の葉の色を確認しましょう。

葉の色が、淡い緑色をしているものが狙い目です。

野菜に関しては、色の濃いもののほうが、基本的には栄養豊富なのですが・・・

チンゲン菜の場合は、緑色が濃すぎると、成長しすぎていて、アクが強く出る可能性があります。

濃すぎず、薄すぎず、淡い緑色をしたものを選びましょう。

また、葉が肉厚ハリがあるものは、甘みが強く美味しいといわれています。

茎が短く、太いこと

チンゲン菜の茎で確認したいのは、長さと太さです。

茎が短くて、太く幅広いものが狙い目です。

また、みずみずしくてハリのあるものは、新鮮な証です。

水分が抜けていたり、変色しているものは、鮮度が落ちているので気を付けましょう。

根元が太く、どっしりとしていること

チンゲン菜の、根元のお尻の部分をチェックしましょう。

なるべく太く、どっしりとしているものは、元気に育っている証です。

根元からたくさん茎や葉が密集しているものを選びましょう。

 

また、切り口が乾燥していたり、変色しているものは鮮度が落ちているので注意です。

チンゲン菜の保存方法!長持ちさせるには・・・

 

スポンサーリンク

 

新鮮なチンゲン菜を手に入れたとしても、正しく保存しないと、あっという間に鮮度が落ちてしまいます。

新鮮で美味しいチンゲン菜を召し上がるためには、選び方と合わせて、保存方法にも気を配る必要があります。

ここでは、チンゲン菜の鮮度を長くキープするための保存方法を紹介します。

チンゲン菜の保存は、冷蔵庫の野菜室で!

チンゲン菜を保存するときは、冷蔵庫の野菜室が基本です。

保存の際は、湿らせたキッチンペーパーや新聞紙などで包みます。

その後、ビニール袋に入れて保管しましょう。

こうすることで、チンゲン菜を乾燥から防ぐことができます。

 

また、チンゲン菜を保管するときは、葉を上にして、立てて保存しましょう。

生育していたときと同じ姿勢にすると、ストレスが減り、鮮度が落ちにくいです。

チンゲン菜がうまく立たないときは、ペットボトルや牛乳パックなどを切って、ペン立てのように使うのも手です。

私は、小さなブックスタンドを冷蔵庫に入れて立たせています。

見た目もスッキリするので、オススメです。

 

これらの工夫によって長く保存することはできますが、葉物野菜はもともとが傷みやすい食材です。

3~5以内を目安に、なるべく早く使い切りましょう。

カット済みのチンゲン菜の保存は?

カット済みのチンゲン菜は、保存用の容器に入れて、冷蔵庫の野菜室に入れましょう。

ただし、切り口から傷んできますので、日持ちはしません。

なるべく1~2日以内に食べきるようにしましょう。

チンゲン菜を冷凍保存するときのポイント

チンゲン菜を長く保存したいときは、冷凍保存がおすすめです。

生のまま冷凍することもできますし、茹でた後に冷凍することもできます。

生のまま冷凍保存

生のまま冷凍保存するときは、あらかじめ好きな大きさにカットし、水分を拭き取ります。

これを、なるべく空気が入らないように冷凍パックに詰めて、冷凍庫に入れます。

使うときは、凍ったまま、炒め物や煮込み料理に使いましょう。

だいたい1ヶ月程度は保存することができます。

茹でた後に冷凍保存

チンゲン菜を茹でてから冷凍すると、解凍後に形が崩れにくくなります。

少し手間がかかりますが、食感を良くしたいときは、茹でてから冷凍するのがおすすめです。

なお、茹でるときは、固めにサッと茹でましょう。

あまり長く茹でてしまうと、解凍したときにベチャベチャになってしまいます。

沸騰したお湯に、だいたい10~20秒くらいで、サッと固茹でしましょう。

あとは、食べやすいサイズにカットして、水気を拭き取ります。

これを冷凍パックに詰めて、冷凍庫で保管するだけです。

まとめ

今回は、新鮮なチンゲン菜の選び方と保存方法について紹介しました。

チンゲン菜を選ぶときは、葉、茎、根の3点に注目しましょう。

色が淡い緑色で、根元が太くどっしりしており、背丈が短いものがおすすめです。

 

また、保存の際は、乾燥しないように新聞紙などで包んでから、野菜室に入れます。

長期保存したいときは、冷凍保存も可能です。

 

チンゲン菜は、クセがなく、さまざまな料理に使えます。

また、ビタミンやミネラルも豊富に含まれています。

新鮮な状態で食べることで、栄養たっぷり、美味しく召し上がることが出来ます。

チンゲン菜を選ぶときや保存する際は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください!


チンゲン菜が気になるあなたへ。こちらもおすすめです。

チンゲンサイの栄養と効能


 

スポンサーリンク