スポンサーリンク

 

「新鮮なほうれん草を見分けるには、どこをチェックすればいいの?」

「ほうれん草は、どう保存すると、長持ちするの?」

この記事では、そんな疑問に、答えていきます!

 

ほうれん草は、葉物野菜のなかでも、たくさんの栄養を含んでいます。

アメリカ生まれのキャラクター「ポパイ」も、ほうれん草を食べてパワーアップするくらいです。

さすがに、あそこまで筋肉ムキムキにはなりませんが・・・(^_^;)

 

新鮮なほうれん草は、たくさんの栄養を含んでおり、何より美味しいです。

なるべくなら、フレッシュなほうれん草を口にしたいところですよね。

そのためには、新鮮なほうれん草を「選び」、鮮度が落ちないように「保存」する必要があります。

 

そこで今回は、新鮮なほうれん草の見分け方と、保存方法を紹介します。

しっかり見分けて、保存して、ほうれん草のパワーを、存分にいただきましょう!

 

新鮮なほうれん草の見分け方

お店で選ぶときは、ほうれん草の「葉」「茎」「根」の3点をチェックしましょう!

それぞれ、確認すべきポイントを紹介していきます。

葉のチェックポイント

濃い緑色で、色が均一のものを選びましょう。

太陽の光を浴びて、しっかりと育っている証です。

そして、葉が肉厚で、ハリがあるものが狙い目です。

 

また、ほうれん草は、鮮度が落ちてくると、水分が葉から抜けていきます。

このため、なるべくみずみずしいものを選びましょう。

茎のチェックポイント

茎にハリがあり、太くしっかりとしたものを選びましょう。

あまりに細いものは、十分な栄養が行き届いていない可能性があります。

根のチェックポイント

根の切り口が太いものほど、よく成長しています。

根からたくさんの茎や葉が密生しているものも、元気な証拠です。

 

また、ほうれん草の根元は、うっすらと赤みがかっていると思います。

この赤色が、はっきりとしているものほど、栄養豊富といわれています。

ほうれん草の保存方法

 

スポンサーリンク

 

新鮮なほうれん草を選んだとしても、正しく保存しないと、あっという間に鮮度が落ちます。

美味しいほうれん草を食べるには、保存方法にも気を使う必要があります。

ほうれん草は野菜室で保存!ポイントは?

ほうれん草を保存するときは、基本的には冷蔵庫の野菜室に入れましょう。

その際には、湿らせたキッチンペーパーや新聞紙でほうれん草を包み、ビニール袋に入れましょう。

ほうれん草は、葉から水分が蒸発しやすいです。

こうすることで、乾いてしなびてしまうのを防ぎます。

 

また、野菜室に置くときは、ほうれん草を立てて置くとよいです。

ほうれん草などの葉物野菜は、生育していたときと同じ姿勢の状態で置くことで、ストレスを減らすことができます。

葉がつぶれてしまうのも防げますので、なるべく、葉を上にして立てて保管しましょう。

 

ただ、キチンと立てられるほうれん草って、あまり存在しないと思います。

そんなときは、牛乳パックやペットボトルを切って、ペン立てのようにして使うのもアリです。

 

ちなみに私は、小さなブックスタンドを野菜室に入れて、葉物野菜を立てています。

見た目もスッキリするので、オススメです。

いちど茹でたほうれん草の保存は?

いちど茹でたほうれん草は、なるべく水気を切ってから、密封できる容器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。

ただし、いちど水気を含んでしまっているので、傷むのが早いです。

1~2日以内に、なるべく早く食べきりましょう。

ほうれん草は冷凍保存もできる!?その方法は?

大量にほうれん草を手に入れたときや、野菜室がいっぱいのときは、冷凍保存をするのもオススメです。

水気を拭き取ったほうれん草を、お好みのサイズにカットして、冷凍パックに入れます。

このとき、なるべく空気が入らないように、密封しましょう。

空気が入ってしまうと、酸化や変色の原因となります。

しっかり冷凍パックに詰めたら、あとは冷凍庫に入れるだけです。

冷凍する前に茹でる or 茹でない?違いは?

ほうれん草を冷凍する際に、あらかじめ茹でておくか、生のまま冷凍するか、迷うと思います。

それぞれにメリット、デメリットがありますので、紹介します。

事前に茹でておくと・・・

事前に茹でておくメリットとして、冷凍時に形が崩れにくいという点があります。

一方で、少々手間がかかるというのが、デメリットといえます。

 

なお、事前に茹でるときは、固めに茹でるのがポイントです。

沸騰したお湯に、30秒程度、サッと入れて茹でましょう。

このとき、塩をひとつまみ加えることで、色が良くなります。

生のまま冷凍すると・・・

生のまま冷凍する場合、手間がかからないので、ラクに冷凍保存できます。

ただし、冷凍時に形が崩れやすいので、おひたしなどには向かないかもしれません。

また、解凍後に、さらに茹でようとすると、ベチャベチャになり、栄養も多く流出します。

このため、冷凍したまま炒め物に使ったり、お味噌汁の具などにするのがおすすめです。

まとめ

今回は、新鮮なほうれん草の見分け方と、保存方法を紹介しました。

ほうれん草を選ぶ際は、「葉」「茎」「根」に注目しましょう。

濃い緑色をしていて、全体的にみずみずしくシャキッとしたものが狙い目です。

根元が太く、たくさんの茎・葉を束ねているものは、元気な証です。

 

また、保存の際は、冷蔵庫の野菜室で、立てて保管しましょう。

長く保存したいときは、冷凍保存も可能です。

 

ほうれん草は、ビタミンやミネラルを豊富に含む野菜です。

新鮮なものを選び、正しく保存して、たくさんのパワーをいただきましょう!


ほうれん草が気になるあなたへ。おすすめの記事です。

ほうれん草の栄養と効能。ビタミン・ミネラルが豊富です。


 

スポンサーリンク