スポンサーリンク

 

「美味しいナスを見分ける方法を知りたい」

「ナスの保存方法を知りたい」

この記事は、そんなあなたに向けて書いています。

 

夏野菜の定番といえば、ナスです。

今年も美味しいシーズンになってきましたね。

 

旬のナスは、それだけでも美味しいです。

でも、もっと、美味しい思いをしたくありませんか?

 

そのためには、新鮮なナスを見分けることと、正しく保存することが大切です!

・・・当たり前だろ!というツッコミが来そうですが、意外と盲点だったりするんです。

 

今回は、新鮮で美味しいナスの見分け方と保存方法を紹介します。

旬のナスを、より楽しむために、ぜひ参考にしてみてください!

 

新鮮で美味しいナスの見分け方。チェックする4つのポイント

それでは早速、美味しいナスを見分けるポイントを4つ紹介します。

お店で選ぶ前に、ぜひチェックしておいてください!

ナスの色・ツヤをチェック

太陽の光をしっかりと浴びて成長したナスは、濃い紫紺色をしており、色にムラがなく均一です。

また、ナスは鮮度が落ちてくると、水分が蒸発して、シワが出てきたり、柔らかくなります。

選ぶときは、ツヤツヤしていて、軽く押したときに、固くてハリのあるものを見つけましょう。

ナスの形や重さをチェック

似たような色や形のナスが並んでいる場合は、より重いものを選びましょう。

ずっしりと重いナスは、栄養をたっぷり吸収している証拠です。

また、ヘタのすぐ下の首の部分が太いほど、しっかり熟しています。

細いナスよりも、ずんぐりむっくりした太いナスを選びましょう。

ナスのヘタをチェック

「きれいなバラにはトゲがある」

という言葉がありますが、美味しいナスにも「トゲ」があります。

ナスのヘタにはトゲがありますが、このトゲが鋭いほど、新鮮な証拠です。

ただし、ナスのトゲに触るときは、ケガをしないように、そっと触りましょう。

ナスの切り口をチェック

ヘタの上の部分は、ちょうど切り口になっているはずです。

この切り口が、水分を帯びていてみずみずしいほど、新鮮なナスです。

逆に、切り口が乾いていると、収穫されてから時間が経っている可能性があります。

ナスの保存方法

 

スポンサーリンク

 

新鮮で美味しいナスを手に入れたとしても、正しく保存しないと、鮮度も味も、すぐに落ちてしまいます。

せっかく選んだナスなのに・・・もったいないですよね。

 

ここでは、ナスの保存方法を、パターンごとに紹介していきます。

美味しいナスを味わうために、ぜひ参考にしてみてください。

常温で保存するとき

ナスなどの夏野菜は、寒さに弱く低温障害を起こしやすいです。

保存に最適な温度は10~14℃と言われており、基本的には、常温保存に向いています。

保存の際は、ひとつひとつを新聞紙やビニール袋に包み、風通しの良い冷暗所で保管しましょう。

環境にもよりますが、2、3日は保存が可能です。

ただし、もっと長く保存したい場合や、気温が上がる夏場は、これから説明する冷蔵保存がおすすめです。

冷蔵庫で保存するとき

ナスを長く保存したいときは、冷蔵保存がおすすめです。

ナスの鮮度や環境にもよりますが、1週間程度は保存が可能です。

 

ただし、冷蔵庫で保存するときは、温度に気を付けましょう。

というのも、ナスは低温障害を起こす野菜だからです。

5℃以下の環境だと、果肉が変色したり、味や食感が落ちてしまいます。

なので、冷蔵庫のなかでも、比較的温度の高い野菜室で保管するようにしましょう。

 

また、ナスは水分が蒸発しやすい野菜です。

保存するときは、ラップで全体を包んでから、冷蔵庫に入れましょう。

こうすることで、ナスから水分が逃げにくくなります。

冷蔵庫の冷気からナスを守る効果もあるので、長持ちします。

カットしたナスを保存するときは?

すでにカットしたナスを保存するときは、全体をラップなどで包み、冷蔵庫の野菜室に保存しましょう。

とくに、切り口の部分はピッチリと密封しましょう。

冷蔵保存のところでも紹介したとおり、水分の蒸発や、冷気を直接浴びるのを防ぐ効果があります。

 

そのほかにも、切ったナスを塩水や酢水につけておく方法もあります。

ナスは、切り口から酸化がはじまり、すぐに変色してしまいます。

こうすることで、切り口の変色を防ぎながら保存することができます。

 

ただし、いずれの方法でも、いちど切ったナスは、あまり日持ちしません。

なるべく、1~2日で食べきるようにしましょう。

それでも、もっと長く保存したい・・・というときは、これから説明する冷凍保存がおすすめです。

冷凍保存するとき

いちど切ったナスを、長く保存したいときは、冷凍保存がおすすめです。

冷凍保存をする際は、事前にアク抜きをしておく必要があります。

ヘタを取って、食べやすいサイズにカットしたナスを10分程度水に浸けてアク抜きします。

その後、キッチンペーパーなどでしっかりと水気を拭き取り、冷凍パックなどに入れて冷凍保存します。

しっかり保存すれば、1ヶ月程度は保存ができます。

 

料理に使う際は、炒め物や煮物などに使うのがおすすめです。

使うときは、解凍せずに、そのまま炒めたり煮込みましょう。

傷んだナスの特徴は?どこまでなら食べられる?

ナスは傷んでくると、水分が抜けて、ハリやツヤがなくなり、柔らかくなってきます。

少しくらいシワが出てたり、柔らかくなっている程度なら、味は落ちますが食べられます。

ただし、切ったときに、切り口が黒ずんでいる場合は、かなり腐敗が進んでいると考えられます。

また、カビが生えていたり、明らかに異臭がする場合も同様です。

このような状態となったナスは、無理に食べようとせず、早めに廃棄しましょう。

まとめ

今回は、新鮮で美味しいナスの見分け方と、保存方法を紹介しました。

ツヤ・ハリがあって、色が濃く均一なものや、ずっしり重く、ヘタのトゲが鋭いものを選びましょう。

また、切り口がみずみずしいものは、新鮮な証拠です。

基本的には常温保存に向いていますが、暑い夏場や、長期保存したいときは、冷蔵庫の野菜室がおすすめです。

 

ナスは夏が旬ですが、基本的に、1年中手に入る野菜です。

料理に使う機会も多いと思いますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 


ナスが気になるあなたへ。おすすめの記事です。

ナスに秘められた効能と栄養について


 

スポンサーリンク