スポンサーリンク

 

あんずは、ほどよい甘味と酸味が人気で、ドライフルーツやジャムなどに使われています。

リンゴやバナナなどと比べると、流通量が少ないので、少しマイナーな果物かもしれません。

ですが、果物のなかでも、多くの栄養を含んでいる、メジャー級の食材なんです。

今回は、あんずに含まれる栄養成分や、効果・効能について紹介していきます!

 

あんずの栄養成分と効果・効能

さっそくですが、あんずに含まれる栄養成分を見ていきましょう。

 

あんずの主な栄養成分
  • リンゴ酸、クエン酸
  • ブドウ糖、果糖
  • βカロテン
  • 鉄分
  • カリウム
  • 食物繊維

 

なかでも注目したいのが、βカロテン鉄分の多さです。

果物のなかでも、トップクラスの含有量となっています。

とくに、干しあんずには、豊富な栄養成分が含まれています。

 

これから、注目したい栄養成分や、効果・効能について、詳しく見ていきましょう。

あんずにはβカロテンがたっぷり!美肌・アンチエイジングに

あんずの鮮やかなオレンジ色は、たっぷり含まれるβカロテンに由来しています。

βカロテンとは、植物などに含まれる天然の色素成分です。

にんじんのオレンジ色なども、同じくβカロテンによるものです。

 

あんずのβカロテン含有量は、果物のなかでもトップクラスです。

乾燥品を除くと、赤肉メロンに続いて2番目に多く含まれています。

 

なお、βカロテンの多い果物は、こちらの記事で紹介しています。

βカロテンの多い果物ランキングTOP10

上のランキング記事を見ると、やはり黄色・オレンジ色の果物が多いですね。

 

βカロテンには、お肌の老化や、シミ・シワの原因となる活性酸素を、取り除く作用があります。

このため、美肌・アンチエイジングに効果的です。

 

また、βカロテンは、体内で必要分がビタミンAとなる成分です。

ビタミンAには、皮膚や粘膜を健康に保ったり、夜盲症を予防するはたらきがあります。

免疫力を高めたり、目の健康を維持したい方にもおすすめです。

あんずは、鉄分が豊富!貧血予防に

 

スポンサーリンク

 

あんずは、果物のなかでも鉄分が豊富です。

とくに、乾燥させたあんず(干しあんず)の鉄分含有量は、野菜類トップクラスです。

 

可食部100gあたりの鉄分含有量(抜粋)

名称 含有量(mg)
あんず(乾) 2.3
ブルーベリー(乾) 1.2
バナナ(乾) 1.1

引用元:文部科学省ホームページ | 日本食品標準成分表

 

上の表のとおり、ドライフルーツのなかでも、あんずは鉄分量が多いです。

 

鉄分は、貧血の予防には欠かせない成分です。

不足すると、めまいや頭痛、だるさなどといった症状が出やすくなります。

とくに、女性に不足しがちな成分ですので、しっかりと補給していく必要があります。

鉄分豊富なあんずは、協力なサポートをしてくれるでしょう。

あんずには食物繊維たっぷり!便秘の改善に

干しあんずには、食物繊維もたっぷり含まれています。

食物繊維といえば、便秘の解消に効果的な成分です。

腸の動きを活発にして、便通を促してくれます。

 

なかでも、あんずには水溶性の食物繊維が多く含まれています。

水溶性食物繊維は、腸内で善玉菌のエサとなり、腸内環境を整えるサポートをしてくれます。

腸内環境が整うと、体内の免疫力が高まったり、お肌の調子も良くなります。

あんずで疲労回復!エネルギー補給におすすめ

忙しくて疲れが溜まっているときは、おやつに干しあんずを食べるのがおすすめです。

あんずには、クエン酸リンゴ酸といった、エネルギー代謝を促進させる有機酸が含まれています。

効率よくエネルギーを生み出してくれるので、疲労回復に効果的です。

 

また、あんずに含まれるブドウ糖は、吸収されやすいため、素早くエネルギー補給ができます。

頭を使いすぎたときの休憩おやつとしてもオススメです。

あんずの種子は、咳止めや、喘息の薬に

あんずは中国原産の果物で、紀元前の頃から栽培されていたといわれています。

中国では、古くから観賞用や薬用などに使われてきました。

漢方では、あんずの種子を干したもの(杏仁-キョウニン-)を、咳止めや喘息の薬として用いています。

 

ちなみに、「杏仁」と聞くと、杏仁豆腐を思い浮かべる方も多いと思います。

杏仁豆腐は、もともと薬膳料理の一種で、あんずの種子を服用しやすくしたものだったそうです。

今ではデザートとして定着していますが、もともとは薬膳として食べられていたんですね。

今では、本物の杏仁を使ったものは少なく、風味が似ているアーモンドエッセンスなどを使っているそうです。

あんずの栄養を、効率よく摂る方法は?

あんずに含まれる鉄分は、ビタミンCと一緒に摂ることで、吸収率がアップします。

ビタミンCが豊富な野菜や果物と合わせて、サラダなどにするのがおすすめです。

 

ちなみに、ビタミンCが多いのは、緑黄色野菜や果物です。

こちらの記事で、詳しく紹介しています

ビタミンCの多い野菜ランキングTOP10

ビタミンCの多い果物ランキング

ピーマンやブロッコリー、いちごやキウイなどに多く含まれています。

 

また、βカロテンは、油と一緒に摂ると、吸収率が高まります。

サラダにする際は、油を含んだドレッシングをかけるのがオススメです。

また、こちらのレシピのように、オリーブオイルを使うのもいいですね。
Cpicon にんじんと干しあんずのサラダ by 庭乃桃

まとめ

今回は、あんずの栄養成分や効果・効能について紹介しました。

βカロテンと鉄分の量が多く、美肌・アンチエイジングや貧血予防に効果的です。

また、ブドウ糖やクエン酸なども含まれるため、疲れたときのデザートにも適しています。

ジャムにしても美味しいですが、干しあんずをサラダにして食べるのもおすすめです。

女性にうれしい成分が多く含まれていますので、あんずを見かけたら、ぜひ手にとってみましょう!

 

スポンサーリンク