スポンサーリンク

 

今回の記事は、ちょっとした自分語り・体験談みたいな内容になっています。

その点を踏まえたうえで、読み進めていただけると幸いです。

 

私は、数年間一人暮らしをしていました。

そのときは、ほとんど野菜を食べない生活をしていました。

若者の野菜離れなんて言葉を聞いたことがありますが、まさにそんな感じです。

おかげで、会社の健康診断でエライ目にあいました(^_^;)

もちろん、野菜不足だけが理由ではありませんが、偏った食生活が与えた影響は大きいです。

 

今では、バランス良い食事や運動のおかげで、体調は整いました。

ありがたいことに、健康な毎日を過ごせています。

 

さて、この前ふと思ったのですが・・・

なぜ「一人暮らし」をはじめると、ほとんど野菜を食べなくなるのでしょうか?

もともと私は、野菜嫌いというわけでもなく、実家で過ごしていた学生時代は、ちゃんと残さず食べていました。

それが、一人暮らしを始めたとたん、野菜から遠ざかってしまったのです。

 

今まで、その理由を、じっくりと考えたことはありませんでした。

この際、しっかりと振り返り、整理してみようかなと思います。

とりとめのない文章になりそうですが、もしよろしければ、お付き合いください。

 

野菜は値段が高い!?割高に感じる!?

一人暮らしを始めた当初は、そこまでお金の余裕がありませんでした。

このため、基本的には、「コスパ」重視の買い物をしていました。

 

これは、人によるかもしれませんが・・・

野菜って、割高なイメージがあったんです。

 

例えば、スーパーで、にんじん3本が200円で売っています。

その隣のコーナーで、カップ焼きそばが、1個100円で売っています。

使えるお金が200円までだとしたら、昔の私は、間違いなく、カップ焼きそばを2個買っています。

 

理由は、こんな感じです。

  • カップ焼きそば2個なら、それだけで2回分の食事がカバーできる!
  • にんじんは、他の食材と組み合わせないと、1食分にもならない!

色々とツッコミどころはありますが、当時の私の頭の中は、こんな感じでした。。

野菜は手間がかかる!

一人暮らしを始めるきっかけとして多いのが、進学や就職・転勤だと思います。

私の場合は、進学がきっかけでした。

新生活のはじまりは、何かと忙しいことが多く、自炊する時間が限られます。

自然と、スーパーやコンビニなどに頼るようになりました。

そして、上で紹介したような「コスパ」思考に基づく買い物をしますので、野菜を買うことは少なくなりました。

 

多くの野菜は、調理しないと食べられません。

生で食べられるものもありますが、ごく少数です。

サラダにするにしても、切ったり、盛り付けたりする手間がかかります。

この手間が、とてつもなく面倒に感じてしまったんですね・・・

 

それだけでなく、調理後には、ヘタやタネなど、ゴミが発生します。

これらのゴミは、ちゃんと片付けないと、腐敗してエライことになります。

とくに、真夏の生ゴミの恐ろしさは・・・ここらへんで止めときます。

 

野菜を作るときの手間と、片付けるときの手間。

両方の手間がかかるのがネックになり、野菜から遠ざかっていました。

野菜は保存期間が短く、食べきる必要がある

 

スポンサーリンク

 

野菜って、他の食材にくらべて、美味しく食べられる期間が短いですよね。

その日のうちに食べ切ることができればいいのですが、余った場合は、早めに使い切る必要があります。

味が落ちたり、腐ってしまったら勿体無いですもんね。

 

でも、この「使い切る」というのが、なかなか難しくて・・・

失敗して、野菜を腐らせたことが何回かあります。

 

「たまには野菜を食べよう!」

と意気込んで、買ったその日は食べたものの、翌日以降は、料理をするモチベーションが沸かず・・・

気づけば、冷蔵庫の中で悲しい姿に・・・ということがありました。

あれは本当にもったいなかったです・・・

 

そんなこともあり、自然と野菜を買わなくなってしまいました。

野菜よりも、他の食べ物のほうが美味しい!?

小さい頃から、野菜に対して、あまり美味しいイメージがありませんでした。

お肉やお魚など、味がハッキリしているもののほうが好きでした。

 

なので、一人暮らしを始め、自分で食事を用意するようになった途端・・・

食卓から野菜が消えました(^_^;)

 

振り返ってみると、けっして野菜が美味しくないわけでなく、

「野菜の美味しさを知らない」

「野菜の美味しい食べ方を知らない」

だけだったと思います。

でも、このことに気づくのって、なかなか難しいんですよね。

野菜を食べるようになったきっかけは?

私の場合は、会社の健康診断です。脂質異常症と言われ、ショックを受けました。

担当のお医者さまからは、しっかりと野菜不足を指摘され、食生活の改善を促されました。

 

前々から、「食生活、偏ってるなぁ・・・」とは感じていたんです。

実際、体調が優れない日も増え、ちょっとした危機感はありました。

ただ、あくまで「ちょっとだけ」だったので、結局、何も改善しなかったんですね。

 

体調の悪化+健康診断+お医者様の指導

という、3連続パンチがあったおかげで、改善への道を歩むことができました。

本当なら、こうなる前に変えるべきなんですが・・・

慣れ親しんだ習慣を変えることができませんでした。

野菜を食べるために、何から始めた?

いきなり野菜を食べろと言われても、簡単にできるわけではありません。

仕事は相変わらず忙しかったですし、料理もそこまで得意ではありません。

それでも、野菜を摂らなきゃいけなかったので、とりあえずどんな方法があるか調べました。

 

本やネットで調べた結果、まず試したのが、野菜炒め用のカット野菜パックです。

近所のスーパーで、1パック100~200円くらいで売っていたものです。

にんじん、ピーマン、キャベツ、もやしなどが入っていました。

(半分以上は、もやしでしたが・・・)

それを、フライパンで炒めて、醤油と塩コショウで味付けして食べます。

下ごしらえの手間もかかりませんし、安上がりです。

 

あとは、コンソメスープの具として、カット野菜をよく使っていました。

鍋にお湯を入れて、カット野菜と固形コンソメ、ウィンナーを入れて、ポトフにしたりとか。

味噌汁の具として、カット野菜を入れたことも多かったです。

鍋やスープの具として野菜を入れると、簡単に、たくさん野菜が摂れますのでおすすめです。

 

あとは、スムージーですね。思い切ってミキサーを買ったのも、この頃です。

スムージーなら、野菜を軽く洗って、ざっくり切ってミキサーするだけで、簡単に野菜がとれます。

ほうれん草やにんじんのスムージーを、よく作っていました。

 

味に関しては、とりあえずバナナやリンゴを入れとけば、飲みやすくなります。笑

ただし、ミキサーは、モノによっては洗うのが大変です。

刃などのパーツが取り外せる、洗いやすいミキサーを選ぶことが大切です。

 

こんな感じで、少しずつ、野菜との距離を縮めていきました。

野菜を食べるようになると、自然と、美味しく感じてくるようになりました。

何というか、野菜の素朴な味わいに目覚めた、とでも言うのでしょうか・・・

私の場合は、2週間くらい、野菜を取り入れた生活にしてから、味覚が変わってきた気がします。

まとめ

一人暮らしをしていたときに、なぜ野菜から離れてしまったのか。

このことが気になったため、当時の経験を整理する意味も込めて、ここまで書いてしまいました。

あくまで個人的な経験や感情ですが、同じように思っている方も、きっといらっしゃる・・・はずです。

少しでも参考になれば幸いです。

 

最後にひと言。

パック野菜とスムージーは偉大です!

 

スポンサーリンク