お皿に盛られた、ひとくちサイズに切った赤肉メロン

 

スポンサーリンク

 

「メロンを食べたら、舌がピリピリした」

「なんだか喉がイガイガする」

そんな経験、ありませんか?

 

メロンといえば、とっても甘くてジューシーな味わいのはずです。

なのに、どうして舌がピリピリしちゃうのでしょうか?

 

アレルギー?それとも他に原因がある?

気になっている方も多いと思います。

 

今回は、メロンで舌がピリピリ、喉がイガイガする3つの原因対処方法について紹介します。

メロンを食べていて違和感を感じたときに、チェックしてみてください。

 

メロンで舌がピリピリ、喉がイガイガ!?3つ原因と対処方法

テーブルの上のマスクメロン1玉

舌や喉に違和感を感じたとき、真っ先に「アレルギー」を思い浮かべる方が多いと思います。

たしかに、アレルギーの可能性もありますが、メロンの場合、アレルギー以外の原因も考えられます。

ここでは、メロンを食べたときに感じる違和感の原因と、対処方法について紹介します。

たんぱく質分解酵素が舌の粘膜を溶かす?

タッパーに入っている、ひとくちサイズに切ったメロン

メロンで舌がピリピリする理由のひとつは、ククミシンという、たんぱく質分解酵素です。

その名のとおり、たんぱく質を分解する酵素なのですが・・・

なぜ、ククミシンのせいで、舌がピリピリするようになるのでしょうか?

その理由は、舌を包んでいる粘膜が溶ける点にあります。

 

わたしたちの舌や喉は、ヌルヌルの粘膜で保護されています。

この粘膜は、たんぱく質で出来ているんです。

このため、ククミシンが口の中に入ると、舌の粘膜を溶かしてしまいます。

粘膜が溶けてしまうと、刺激をダイレクトに受けてしまいますので、ピリピリした刺激を感じやすくなるのです。

 

メロンのほかにも、パイナップルやキウイなどにも、たんぱく質分解酵素が含まれています。

たとえばパイナップルの場合は、ブロメリンという酵素が原因です。

パイナップルで舌がピリピリ痛い原因は?治し方や予防・対策は?

 

舌がピリピリしはじめたら、どう対処すればよいのでしょうか?

すぐにできる対処法としては、以下の3つがあります。

 

  • 口の中をゆすぐ
  • 牛乳を口に含む
  • 熱いお湯やお茶を飲む

 

舌の痛みを感じたら、口の中をゆすいで、キレイにしましょう。

このとき、牛乳を口に含むと、ククミシンが牛乳のたんぱく質を分解しようとするため、痛みが緩和するといわれています。

また、たんぱく質は熱で変性する性質がありますので、熱いお茶などを飲むのもおすすめです。

メロンは熟しすぎると、刺激物が生成される!?

 

スポンサーリンク

 

舌がピリピリしたときって、熟したメロンのときが多くないですか?

私が舌の痛みを感じたときは、ほとんどが、熟して果肉が柔らかくなったメロンです。

「どうしてなのかな・・・」と疑問に思っていたのですが、以下の理由があるそうです。

舌がピリピリした感じがした原因としては、メロンは成熟過程で揮発性物質(エタノール、酢酸エチル、炭酸ガスなど約50種類)が生成されるので、成熟が進んだものを食べた場合、これらの物質が口の中を刺激することが考えられます。
引用元:農林水産省Webサイト|消費者相談

メロンが成熟すると、口の中を刺激する成分が生成されるんですね。

それらの成分が、舌をピリピリさせる原因になっている可能性があります。

 

痛みや違和感を感じたら、メロンを吐き出し、口をゆすぎましょう

次からは、成熟しすぎる前に、食べてみるといいかもしれません。

口腔アレルギー症候群の可能性?

お皿に盛られた、ひとくちサイズに切った赤肉メロン

ククミシンなどが原因の場合は、15~30分程度で症状が治まることが多いです。

ただし、しばらく症状が治まらない場合は、口腔アレルギー症候群の可能性があります。

口腔アレルギー症候群とは、特定の果物や野菜などを食べたときに、口の中や唇がしびれたり、じんましんや腹痛などが起きる症状です。

 

とくに、花粉症の方が口腔アレルギー症候群を患うケースが多いです。

というのも、花粉症を引き起こす原因となるたんぱく質(アレルゲン)と、これら特定の果物や野菜のたんぱく質の構造が似ているからです。

 

花粉症の方で、果物で違和感を感じたときは、口腔アレルギー症候群を疑ってみたほうがいいかもしれません。

重症になると、呼吸困難やアナフィラキシーショックを起こすこともあるそうです。

気になる方は、いちど病院でアレルギー検査をしてもらうことをおすすめします。

 

果物などで、口の中で違和感を感じたときは、そのとき食べたものをメモしておきましょう。

いちど症状が出た食べ物は、再び再発する可能性が高いので、次回以降は食べるのを控えるなどの対策ができます。

まとめ

今回は、メロンで舌や喉に違和感を感じたときの、原因と対処方法について紹介しました。

原因として、おもに考えられるのは、以下の3点です。

 

  • たんぱく質分解酵素によるもの
  • 成熟過程で発生する物質によるもの
  • 口腔アレルギー症候群によるもの

 

対処方法としては、口をゆすいだり、牛乳や熱い飲み物を口に含むなどといった方法があります。

ただし、症状がなかなか治らない場合は、口腔アレルギー症候群の可能性もあります。

いちど、病院でアレルギー検査をしてもらうことをおすすめします。

 


メロンが気になるあなたへ。おすすめの記事です。

メロンの見分け方や食べごろは?保存方法や傷んだときは?

メロンの栄養と効能は?赤肉と青肉の栄養の違いは?

赤肉メロンに秘められた美肌・アンチエイジング効果!

メロンをまとめて知りたいときは、こちら。

メロンの記事まとめ。栄養、効能、保存方法、美容効果など


 

スポンサーリンク