テーブルの上のマスクメロン1玉

 

スポンサーリンク

 

「美味しいメロンの見分け方や食べごろを知りたい」

「メロンの保存方法を知りたい」

そんな方におすすめの記事となっています。


夏の定番フルーツといえば、メロンです。

甘い香りと、みずみずしい果肉・・・

想像するだけで顔がニヤけてきます(^_^;)

 

ただし、お値段が高めなので、そう頻繁に食べられる果物ではない・・・はずです。

だからこそ、なるべく美味しい状態で食べたいですよね。

 

今回は、メロンをもっと美味しく食べるために

  • 美味しいメロンの見分け方食べごろ
  • メロンの保存方法
  • 傷んだとき、どこまでなら食べられるか

この3点を紹介していきます!

 

旬のメロンを、より美味しく召し上がるために、ぜひチェックしましょう!

 

美味しいメロンの見分け方・ポイント

メロンを選ぶときは、基本的には、お店の方にオススメを聞くのが良いと思います。

ただし、店員さんが詳しくなかったり、聞ける環境にないときは、自分で選ぶ必要があります。

そんなときに、美味しいメロンを選ぶ目安となるポイントを紹介します!

網目のあるメロンは、網目をチェック!

ネットに包まれたマスクメロン1玉

マスクメロンなど、網目のあるタイプのメロンは、網目の様子をチェックしましょう。

網目の間隔が均等で、盛り上がってデコボコしているものが、美味しいメロンです。

逆に、網目の大きさがバラバラで、盛り上がりが少なくツルツルしているものは避けましょう。

網目のないメロンは、表面の皮をチェック!

プリンスメロン6玉

プリンスメロンなどといった、網目のないタイプのメロンは、表面の皮がキレイなものを選びましょう。

黒いブツブツスジなどが入っていない、均一な色合いのものがおすすめです。

ずっしりと重いもの

網目や大きさが同じメロンがあった場合は、より重いものを選びましょう。

ずっしり重いメロンは、中の果肉がじゅうぶんに育っています。

メロンの保存方法

 

スポンサーリンク

 

メロンを手に入れたら、正しく保存しましょう。

きちんと保存することによって、味や品質が長持ちします。

メロンの状態によって、保存方法が変わってきますので、しっかり確認しましょう。

メロンは追熟が必要?追熟の方法は?

お店で売っているメロンは、流通の都合上、食べごろよりも、少し早めに収穫していることがあります。

このため、美味しく食べるためには、熟するまで待つ(追熟)ことが大切です。

追熟するときは、冷蔵庫には入れずに、風通しの良い涼しい場所で保管しましょう。

冷蔵庫に入れてしまうと、追熟しなくなりますので、注意です。

メロンの食べごろのタイミングは?

商品によっては、食べごろの日数がメモ書きされているものがあります。

ただし、そのような情報が無い場合は、自分で判断する必要があります。

食べごろを判断する目安として確認したいのが、メロンのお尻の部分です。

お尻の部分を軽く押して、軽くへこむ程度のものが、食べごろのメロンといわれています。

逆に、お尻を押しても、固くてへこまないものは、食べるにはまだ早いメロンです。

 

ちょっと余談になりますが・・・

メロンを食べていて、舌がピリピリすることはありませんか?

このようなケースは、成熟しすぎたメロンに多いんです。

メロンで舌がピリピリ、喉がイガイガする3つ原因と対処方法

舌のピリピリを避けたい場合は、少し早めに食べるのもアリかと思います。

丸ごとメロンの保存方法

畑の露地マスクメロン1玉

カットしていない、丸のままのメロンは、常温の涼しい場所で保存しましょう。

食べるときは、だいたい2~3時間前に、冷蔵庫に入れて冷やすと美味しいです。

このとき、メロンをポリ袋に入れて封をするとと、乾燥を防ぐことができ、より美味しく食べられます。

カットしたメロンの保存方法

半切りにして切り口を見せている赤肉メロン

カットしたメロンは、種を取り除いたうえで、ラップをかけて冷蔵庫に入れましょう。

ラップをする際は、空気が入ってこないように、切断面に沿って、ぴったりラップします。

長期保存には向かないので、2~3日で食べきるようにしましょう。

冷凍保存もできる?

ひとくちサイズでお皿に盛られた赤肉メロン

すぐに食べきれない場合は、冷凍保存をすることもできます。

皮と種、ワタを取り除き、お好みのサイズにカットします。

これを、冷凍パックなどに入れて、冷凍保存します。

これで、だいたい1~2ヶ月程度は保存できます。

 

ただし、メロン本来のみずみずしさや食感などは失われてしまいます。

食べるときは、適度に解凍して、シャーベット感覚で食べるのがおすすめです。

メロンが腐った?ここまで傷んだら食べるのを控えよう!

しっかり保存していたつもりでも、傷んでしまうことはあります。

多少、果肉が柔らかくなった程度なら、食べられます。

でも、以下のような状態になってしまったら、食べるのは控えましょう。

 

  • カビが生えている等、明らかに腐敗しているとき
  • 嫌な臭いがしたり、変な汁が出ているとき
  • 切ると、果肉が変色しているとき
  • 口に含んだとき、苦味を感じたり、舌がピリピリするとき

 

これらは、あくまでも目安です。

少しでも怪しいと感じたら、食べるのを控えるのが無難です。

まとめ

今回は、美味しいメロンの見分け方と保存方法などについて紹介しました。

ここで簡単に振り返ってみましょう。

 

美味しいメロンは

  • 網目が均等で、盛り上がってる
  • 表面の皮が、きれいで均一な色をしている
  • ずっしり重い

 

保存の際は

  • 追熟は、冷蔵庫には入れず、涼しい場所で保存
  • カットしたら、ラップをかけて冷蔵庫で保存
  • 冷凍するときは、種や皮を取って、冷凍パックに入れる

 

ここまで傷んだら食べないこと

  • カビや変色など、明らかに傷んでいる
  • 口に含むと、苦味や、舌がピリピリする

 

これらの点に注意することで、より美味しくメロンを召し上がることができます。

メロンを手に入れたときは、ぜひ参考にしてみてください!

 


メロンが気になるあなたへ。おすすめの記事です。

メロンの栄養と効能は?赤肉と青肉の栄養の違いは?

メロンで舌がピリピリ、喉がイガイガする3つ原因と対処方法

赤肉メロンに秘められた美肌・アンチエイジング効果!

メロンをまとめて知りたいときは、こちら。

メロンの記事まとめ。栄養、効能、保存方法、美容効果など


 

スポンサーリンク