スポンサーリンク

 

パイナップルを食べたら、ピリピリ痛い・・・」

 

痛さのレベルは人によって異なるかもしれませんが

多くの方が、舌に「違和感」を感じたことがあると思います。

 

じつは、この痛みや違和感には、ちゃんと原因があるんです。

そして、痛みを治したり、和らげたりする対策もあります。

 

今回は、パイナップルで舌が痛む原因と、治し方・対策について紹介します。

パイナップルを、より美味しく食べるために、ぜひ参考にしてみてください。

 

パイナップルで舌が痛む原因は?

さっそくですが、なぜ、パイナップルで舌がピリピリするのでしょうか?

結論からいうと、「ブロメリン」という、たんぱく質を分解する酵素が原因です。

 

舌って、ぬるぬるした粘膜に覆われていますよね?

この粘膜の正体は、唾液に含まれるたんぱく質です。

舌の表面を覆うことで、舌を保護しています。

 

ところが、パイナップルを食べると・・・

酵素が、たんぱく質分解してしまいます。

つまり、舌を保護している粘膜を、溶かしてしまうんです。

このため、パイナップルの酸味による刺激を受けやすくなります。

 

舌の粘膜が弱い体質の方や、粘膜のはたらきが弱まっている方は

痛みを感じやすくなっているので、注意が必要です。

 

また、酵素のはたらきは、新鮮なパイナップルほど強くなっています。

フレッシュで美味しいけど、痛みは感じやすい・・・

なんとも悩ましい問題です。

舌がピリピリ痛んできたときの治し方は?

「パイナップルを食べてたら、舌が痛みだした!」

そんなときは、牛乳やヨーグルトを口に含んでみましょう。

 

牛乳やヨーグルトは、たんぱく質が多く含まれています。

酵素が、これらのたんぱく質の分解に向かうため、

相対的に、舌の粘膜(たんぱく質)の分解が弱まります。

 

もちろん、個人差はありますので、必ず治るとは言い切れません。

ですが、有効な方法なので、とりあえず試してみるのがおすすめです。

舌の痛みを予防するための対策は?

 

スポンサーリンク

 

これまで、舌の痛みの原因や、治し方について紹介してきました。

ここでは、舌の痛みを予防するための対策を3つ紹介していきます。

加熱処理をして食べる

パイナップルに含まれる酵素「ブロメリン」は

60℃以上の熱で、効果が失われます。

 

このため、舌の痛みを防ぐためには、加熱処理をしてみましょう。

酢豚のように、パイナップルを加えて炒めたり、などなど。

 

個人的におすすめなのは、焼きパイナップルです。

パイナップルを1cmくらいの厚さに切って、フライパンで焼きます。

焼き目がついてきたら裏返して、両面ともこんがり焼きます。

最後にシナモンパウダーをかけて、完成です。

 

こちらのレシピがオススメです。

分かりやすくて、とっても美味しかったです!

Cpicon 焼きパインアップル~冷めても美味しい~ by ともりん0203

缶詰のパイナップルを使う

パイナップルの缶詰は、手軽に使えて便利ですよね。

皮をむく必要がなく、そのまま使えるので助かります。

 

じつは、缶詰のパイナップルは、加熱処理されています。

このため、酵素のはたらきが失われているので、痛みを感じにくいんです。

 

「パイナップルが食べたい!でも、舌がピリピリするのが怖い・・・」

という方は、缶詰のパイナップルがおすすめです。

ヨーグルトや牛乳と合わせて食べる

生のパイナップルには、酵素が多く、痛みを感じやすいです。

 

「でも・・・フレッシュなパイナップルを味わいたい!」

 

そんなときは、ヨーグルトと合わせてみてはいかがでしょうか?

上でも紹介したとおり、舌の粘膜の分解を弱めるはたらきがあります。

牛乳を飲みながら食べたり、スムージーにして飲むのもおすすめです。

 

ただし、それでも痛みを感じたときは、無理に食べるのはNGです。

加熱処理をしたり、缶詰を利用する方法にシフトしましょう。

でも、酵素って、良いところもたくさんあるんです!

「舌の痛みの原因」として、標的にされてきたブロメリンですが・・・

本来は、美容・健康に、とってもよい酵素なんです。

 

たとえば・・・

たんぱく質を分解するため、胃腸の消化を助けてくれます。

また、腸内のものを分解し、下痢や消化不良を防いだり、

ガスの発生を防ぐはたらきがあります。

 

詳しくは、以下の記事で紹介しています。

パイナップルの食物繊維と酵素が便秘に効く!おすすめレシピも

パイナップルの栄養や効果は?疲労回復・美肌効果に注目!

 

舌がピリピリしやすい方にとっては、厄介な存在ですが、

そうでない方にとっては、魅力的な存在でもあります。

 

パイナップルに強い体質の方の場合は、

生のパイナップルを味わうのがおすすめです。

まとめ

今回は、パイナップルで舌がピリピリする原因と、治し方や対策について紹介しました。

酵素のはたらきを抑えるには、加熱処理が有効です。

すでに加熱処理がなされている缶詰のものを使うのもおすすめです。

また、牛乳やヨーグルトと一緒に食べるのも、効果的です。

 

生のパイナップルは、新鮮で美味しいですが、酵素の量も多いです。

痛みを感じたときは、無理して食べないようにしましょう。

 

そして、パイナップルで舌を痛めた経験のある方は、

「舌が痛むかもしれない・・・」

という可能性を念頭に入れて、加熱処理をするようにしたり、

缶詰のものを使うようにすると、舌トラブルを未然に防げます。

 


パイナップルが気になるあなたへ。おすすめの記事です。

パイナップルの栄養や効果は?疲労回復・美肌効果に注目!

新鮮で美味しいパイナップルの見分け方と保存方法

パイナップルの食物繊維と酵素が便秘に効く!おすすめレシピも

パイナップルをまとめて知りたいときは、こちら。

パイナップルの記事まとめ。栄養・保存法・舌の痛み対策など


 

スポンサーリンク