スポンサーリンク

 

夏祭りに誘われたけど、ダイエット中だし、どうしよう・・・」

屋台では、なるべく低カロリーなものを選びたい!」

そんな方にオススメの記事となっています。

 

夏祭りの屋台メニューは、高カロリーのものが多いです。

ダイエット中のときは、ちょっと控えたいところ。

 

でも、1年に1度、せっかくの夏祭りシーズンです。

何も食べずに終わるのは、もったいないですよね。

自分だけまったく食べないのも、少し気まずいですし・・・

 

そこで今回は、夏祭りの屋台メニューを、低カロリーで楽しむ方法を紹介します!

少しの工夫と注意で、かなり変わりますよ!

 

①カロリーが低めのものを食べる

やはり、低カロリーのものを選んで食べるのが基本となります。

たとえば、以下の屋台メニューはおすすめです。

かき氷

かき氷は、1個あたり70kcal程度です。

屋台スイーツのなかでも低カロリーです。

それもそのはず。かき氷は「氷」なので

シロップくらいしかカロリー要因がありません。

 

ただし、「あずき」や「練乳」などには注意です。

シロップ以外のトッピングは、カロリーを高めます。

カロリーを抑えたいときは、シンプルなものがオススメです。

わたあめ

わたあめも、低カロリースイーツです。

屋台のもので、約70kcalです。

原料がザラメだけなのが、低カロリーの要因ですね。

焼きとうもろこし

1本あたり約180kcalです。

屋台メニューのなかでは、やや低カロリーです。

食物繊維が多いので、便秘の解消に効果的です。

また、お肌によいビタミンB2も含まれています。

屋台メニューのなかでも、美容によい食べ物です。

 

「でも、歯に挟まるのがちょっと・・・」

と思う方も多いハズ。悩ましいですよね。

 

参考までに、歯に挟まりにくい食べ方を紹介します。

私はこの食べ方が好きで、なかなか効果的です。

少しでも役に立てば幸いです。

 

①先にヨコ1列を食べて、スペースをつくる。

②スペースができたら、上の歯をコーンの粒と粒の間に当てます。

歯を当てた状態で、とうもろこしを軽く回します。

根元からコーンを「刈り取る」イメージです。

歯は、あくまで添えるだけです。かじってはダメです。

イカの丸焼き

1本あたり150kcalです。

屋台メニューのなかでは、ややカロリー低めです。

高タンパクで脂質も少なく、太りにくいのがうれしいところ。

食べごたえもあるので、お腹にもたまりやすいです。

 

また、コレステロールの代謝を促進するタウリンが含まれています。

ダイエットや肥満予防にも効果的です。

②シェアしやすいものを選ぶ

 

スポンサーリンク

 

「カロリーが高いのはわかるけど、やっぱり食べたい!」

そんなときは、みんなでシェアするのがおすすめです。

みんなで分ければ怖くない!

 

ここでは、シェアしやすい屋台メニューを紹介します。

ただし、ひとりで食べ過ぎないように注意です!

ベビーカステラ

ひとくちサイズで手に取りやすいです。

食べ歩きしながらでもシェアできます。

ちなみに、1個あたり約30kcalあることを忘れずに!

6個で、ごはん1膳分のカロリー(170kcal)を越えます。

たこ焼き

たこ焼きも、シェアしやすい定番屋台メニューです。

ちなみに、1個あたり約30kcalです。

ベビーカステラと、ほぼ同じですね。

 

6~8個入りパックで売られていることが多いです。

2、3人でシェアすれば、1人あたり100kcal以下に抑えられます。

焼き鳥

こちらも、シェアしやすい屋台メニューです。

モクモクと美味しそうな煙をあげていると、つい足を運びたくなります。

1本あたりのカロリーは、約60~70kcalです。

 

なお、味や部位によって、カロリーが変わります。

低カロリーに抑えたいなら、「タレ」よりも「」を。

」や「もも」よりも「砂肝」や「ねぎま」がおすすめです。

③高カロリーのものを控える

カロリーを抑えるうえで、なるべく控えたいものを紹介します。

どれも定番メニューで人気ですが、カロリーは結構高めです。

低カロリーを目指すなら、なるべく避けるか、少量に抑えましょう。

焼きそば&お好み焼き

麺類や、粉ものは、炭水化物が多く、カロリーは高めになります。

ちなみに、1パックあたりのカロリーは、それぞれ以下のとおりです。

 

名称 カロリー
焼きそば 500 kcal
お好み焼き 420 kcal

 

うーん、高いですね・・・(^_^;)

食べるときは、シェアするなどして、食べ過ぎに気を付けましょう。

クレープ

甘~い香りで、ひときわ存在感をアピールしています。

屋台スイーツの定番ですね。

ただし、カロリーは1個あたり350~450kcalと、かなり高めです。

シェアがしにくく、食べる量の調整がしずらいのも、つらいところです。

それでも、食べすぎちゃったときは・・・

気を付けていても、ついつい食べ過ぎちゃうときはあります。

 

「あぁ・・・やっちゃったなぁ・・・」

 

後悔や罪悪感にとらわれるかもしれません。

でも、気持ちを切り替えて、前向きになることが大切です!

 

食べすぎた日の翌日は、野菜を多めにとりましょう。

野菜の食物繊維が、余分な脂肪の吸収を抑えてくれます。

また、適度な運動も取り入れましょう。

エスカレーターではなく、階段を。

通勤・通学時に、1駅分歩く。などでも十分です。

代謝を高めることで、余分な脂肪が燃焼しやすくなります。

なお、やってはいけないのが、「食事を抜くこと」です。

翌日の食事を抜いたところで、あまり変化は期待できません。

それどころか、必要な栄養が摂れないため、体調を崩すこともあります。

 

楽しい時間を過ごしていると、ついつい食べ過ぎてしまいがちです。

やってしまった・・・と感じても、過度に落ち込まないでください。

翌日の食事や運動でカバーできますので、前向きに考えましょう!

まとめ

今回は、夏祭り屋台を低カロリーに楽しむ方法について紹介しました。

低カロリーのものや、シェアできるものがおすすめです。

一方で、麺類や粉ものは、カロリーが高めなので気を付けましょう。

 

夏祭りを楽しめるのは、1年のうちでも、わずかな期間です。

カロリーをうまく抑えながら、存分に楽しみましょう!

 

スポンサーリンク