スポンサーリンク

 

このページでは、過去に作成したピーマンに関する記事を、まとめて紹介しています。

栄養や効能、苦味の抑え方や保存方法など、ピーマンに関するお役立ち情報を、たくさん用意しています。

ぜひ、気になるものをチェックしてみてください。

 

なお、すぐ下のもくじをクリックすると、気になる箇所にジャンプできます。

便利ですので、あわせて利用してみてください。

 

それでは、ピーマンの世界を、ごゆっくりお楽しみ下さい!

 

ピーマンの栄養は?どんな効能があるの?

「ピーマンって、どんな野菜なの?」

「ピーマンって、どんな特徴があるの?」

といった、ピーマンに関する基本的な情報を、以下の記事では紹介しています。

ピーマンには、ビタミンCなど、美容・健康によい成分が豊富に含まれています。

これらの栄養成分がもたらす効能を、たっぷり解説しています。

ピーマンについて知りたいときは、まずはこの記事がおすすめです。

ピーマンの栄養と効能について

ピーマンの苦味や臭いを抑える方法は?

ピーマンは、お子さんが苦手な食べ物ランキングの常連です。

その理由は、もちろん、「苦味」と「臭い」です。

大人の方でも、苦手な方は多いです。たしかに、クセがありますからね。

 

ただ、上の記事でも紹介したとおり、ピーマンには、たくさんの栄養が詰まっています。

成長のために、多くの栄養が必要なお子さんにこそ、ぜひ食べてもらいたい食材といえます。

・・・とはいえ、無理やり食べさせるわけにはいきません。悩ましいですよね・・・

 

そこで、以下の記事では、ピーマンの苦味や臭いを抑える方法を、5つ紹介しています。

どれも簡単にできる工夫ですので、ピーマンを振る舞うときに、ぜひお試しください。

ピーマンの苦味や臭いを抑える!5つのポイント

ピーマンとパプリカの違いって?

 

スポンサーリンク

 

ピーマンとよく似た野菜のひとつに、「パプリカ」があります。

ピーマンとパプリカって、何が違うのでしょうか?

「緑色がピーマンで、赤色がパプリカ!」

「苦いのがピーマンで、甘いのがパプリカ!」

などなど、色んな意見があるかと思います。

 

では、ピーマンとパプリカを区別する、明確な基準はあるのでしょうか?

色?形?味?うーん、気になる・・・。

 

以下の記事では、ピーマンとパプリカの違いについて説明しています。

栄養面や収穫時期など、似ているようで、異なる点を紹介しています。

ピーマンとパプリカの違いは?区別の基準や、栄養面など。

新鮮なピーマンの見分け方&保存方法

上でも紹介しているとおり、ピーマンにはたくさんの栄養が詰まっています。

美容にも健康にも良い、魅力的な食材のひとつです。

 

ただし、それはあくまで「新鮮な状態」のときの評価です。

ピーマンも、他の食材と同じく、鮮度が落ちると、栄養も、味も落ちます。

 

新鮮なピーマンを味わうためには、お店で買うときに、新鮮なものを買う必要があります。

そして、買ったあとには、鮮度が落ちないよう、正しく保存する必要があります。

 

以下の記事では、新鮮なピーマンを見分ける方法と、保存方法について紹介しています。

ピーマンを美味しく、栄養満点でいただくために、しっかりと覚えておきましょう。

新鮮なピーマンの見分け方と保存方法。冷蔵・冷凍保存のコツ

まとめ

以上、ピーマンに関する過去記事のまとめでした。

ピーマンは、たくさんの栄養と効能が期待できる、魅力的な食材です。

苦味や臭いがあって、ちょっと苦手な方も多いですが、うまく抑える方法もあります。

新鮮なものを選び、正しく保存することで、栄養満点のピーマンを食べることができます。

このページを参考に、ぜひ、健康的なピーマンライフを送っていきましょう!

 


ピーマンも紹介されています。野菜の栄養が気になる方におすすめの記事です。

ビタミンCの多い野菜ランキングTOP10


 

スポンサーリンク