スポンサーリンク

 

ピーマンは、さまざまな栄養が含まれている、美容・健康によい野菜です。

ただし、それはあくまで「新鮮な状態」のときの話です。

 

鮮度が落ちてしまうと、栄養価も下がります。

そしてなにより、味が落ちてしまいます。

なるべくなら、栄養満点で、美味しいピーマンを食べたいですよね!

 

今回は、新鮮なピーマンの見分け方と、保存方法を中心に紹介します。

ピーマンの栄養を存分にいただくために、ぜひ参考にしてみてください。

 

新鮮なピーマンを見分けるポイント

 

usa

それでは、新鮮なピーマンを見分けるポイントを紹介していきます

お店でお買い求めになる前に、ぜひご確認ください!

鮮やかで、濃い緑色をしているもの

色のムラがなく、ツヤがあり、鮮やかな緑色のものを選びましょう。

茶色に変色していたり、傷や斑点があるものは、古くなっていますので気を付けましょう。

ヘタの切り口が変色していないもの

ヘタの切り口が変色しているものは、収穫してから時間が経っている可能性があります。

なるべく、ヘタの部分がみずみずしく、綺麗なものを選びましょう。

なるべく重いもの

似たような大きさや形のものがあった場合は、なるべく重いものを選びましょう。

重いピーマンのほうが、水分をたっぷり含んでいるため、新鮮で長持ちします。

(補足)苦くないピーマンは、ヘタが円形に近い

鮮度とは関係ない話になってしまいますが、ちょっと補足です。

ヘタの部分が、六角形以上のものは、苦味が弱い傾向にあります。

ピーマンの苦味がダメな方は、ヘタが円形に近いものを選んでみて下さい。

 

ピーマンの保存方法

ここからは、ピーマンの保存方法についてです。

常温・冷蔵・冷凍の3パターンについて紹介しています。

ピーマンを手に入れたときに、ぜひ参考にしてみてください。

常温で保存はできる?

 

スポンサーリンク

 

ピーマンの保存に適した温度は、10℃前後といわれています。

このため、涼しい季節の場合は、冷暗所での保存は可能です。

 

保存する際は、湿気から守るために、新聞紙やキッチンペーパーで包みます。

そして、日差しの当たらない、乾燥した涼しい場所に保管します。

 

ただ、10℃前後で保存できる環境って、なかなかありませんよね。

なので、基本的には、冷蔵庫の野菜室で保管しましょう。

 

「大量にピーマンを貰って、冷蔵庫に入り切らない・・・」

というときは、このあと紹介する、冷凍保存がおすすめです。

冷蔵庫での保存方法

ここでは、冷蔵庫で保存する際の方法と注意事項を紹介します。

もっとも活用する保存方法だと思いますので、しっかり確認しましょう!

丸ごと保存するときは?

切らずに丸ごと保存する場合は、水気を拭き取った上で、新聞紙やラップに包みます。

このとき、ひとつひとつのピーマンごとに包んであげることで、より長持ちします。

というのも、ピーマン自身から、成熟を早めるエチレンガスが放出されるからです。

買ったときのまま、複数のピーマンをまとめて袋に入れていると、エチレンガスが充満してしまい、腐敗が早まってしまいます。

ちょっと手間ではありますが、長持ちさせたい場合は、ていねいに包んであげましょう。

保存の目安は、1~2週間程度です。

切ったピーマンの保存は?

切ったピーマンは、タッパーや密閉袋に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

このとき、種やワタは、傷みやすいので取り除いて下さい。

保存の目安は、1週間程度です。なるべく早く使い切りましょう。

冷凍保存の方法は?

ピーマンを冷凍保存する場合は、食べやすいサイズに切ったうえで、冷凍パックに詰めましょう

その際は、水気をしっかり拭き取っておくことと、種やワタを取り除いておくことを忘れずに。

使う際は、解凍せずに、そのまま使うのがおすすめです。

 

冷凍モノは、風味や食感が落ちてしまいますので、チンジャオロースなど、シャキシャキ感が勝負の料理には、あまり向きません。

味付けの濃い炒め物や、じっくり加熱するスープ料理に使うのがおすすめです。

保存の目安は、1ヶ月程度です。

傷んだピーマンの特徴は?

 

kuma

あっ、冷蔵庫にピーマン残ってた!・・・コレ、まだ食べられるかなぁ・・・

そんなとき、食べられるかどうかを判断するための目安を紹介します。

ただし、あくまで「目安」です。心配な場合は、口にしないでください。

異臭がする場合

すべての食べ物に言えることですが、異臭がする場合は、腐敗が進んでいる可能性が高いです。

明らかにヘンな臭いがする場合は、食べるのを控えましょう。

中身の種やワタが、黒ずんでいる場合

ピーマンは、鮮度が落ちると、水分が抜けてシワシワになっていきます。

多少、シワシワになっている程度なら、しっかり加熱処理することで、食べることはできます(※生食はダメです)。

しかし、切って中身を見たときに、種やワタが黒ずんで変色している場合は、かなり傷んでいます。

ここまで腐敗が進んでしまった場合は、食べるのを控えましょう。

usa

腐ったピーマンは、他の食材の腐敗を進めてしまいます。見つけたら、すぐに処分または隔離してください。

まとめ

今回は、新鮮なピーマンの見分け方と保存方法を中心に紹介しました。

鮮やかでツヤがあり、ずっしり重いピーマンを選ぶのがおすすめです。

保存の際は、水気をしっかり拭き取って、基本的には冷蔵・冷凍保存をしましょう。

ピーマンは、比較的長持ちする野菜ですが、油断は禁物です。

新鮮なものを選び、正しく保存して、ピーマンからたくさんのパワーをもらえるようにしましょう!

 


ピーマンが気になるあなたへ。おすすめの記事です。

ピーマンの栄養と効能について

ピーマンの苦味や臭いを抑える!5つのポイント

ピーマンとパプリカの違いは?区別の基準や、栄養面など。

ピーマンをまとめて知りたいときは、こちら。

ピーマンの記事まとめ。栄養や効能、苦味の抑え方や保存方法


 

スポンサーリンク