スポンサーリンク

 

夏といえば、すいかの季節です!

甘くてみずみずしく、暑い季節にピッタリです。

 

すいかの90%は、水分です。

このため、「すいかには栄養がない」と思われがちですが・・・

残りの10%に、からだによい成分が凝縮されているんです。

 

今回は、すいかの栄養効能を中心に、すいかの魅力を紹介していきます。

もっと、すいかが好きになるハズです!

 

すいかの栄養成分

 

usa

まずは、すいかに含まれる栄養成分について見てみましょう!

すいかのおもな栄養成分
  • βカロテン(ビタミンA)
  • ビタミンC
  • パントテン酸
  • カリウム
  • マグネシウム
  • 糖質
  • リコピン
  • シトルリン
  • ビタミンE(種)

 

カリウムマグネシウムといったミネラルが含まれています。

赤い果肉のすいかには、強い抗酸化作用をもつリコピンが多く含まれます。

一方、黄色い果肉のすいかには、βカロテンが多く含まれています。

すいかの白皮部分には、アミノ酸の一種、シトルリンが多く含まれています。

血管のはたらきを強化したり、疲労回復に効果的といわれており、サプリメントにも使われています。

 

なお、すいかの種には、血行促進効果のあるビタミンEが多く含まれています。

日本では、ほとんど食べられていない種ですが、中国では、昔から食べられているそうです。

乾燥させた種を、フライパンなどで炒って、塩をかけて食べるのだとか。

私は、種を炒って食べたことがないので、すいかが手に入ったら、試します!

すいかの効能

 

kuma

ここからは、すいかの効能をみていくよ!

抗酸化成分で、アンチエイジング

すいかには、βカロテンリコピンといった、強い抗酸化作用をもつ成分が含まれます。

抗酸化作用とは、老化の原因のひとつ「活性酸素」を除去するはたらきのことをいいます。

このため、お肌のシワやたるみの予防など、アンチエイジングにおすすめです。

血行を促進する

 

スポンサーリンク

 

すいかの白皮には、アミノ酸の一種「シトルリン」が多く含まれます。

シトルリンには、血管を若返らせ、血流をよくするはたらきがあります。

血流がよくなることで、冷え性や、肩こり、腰痛、むくみなどの改善が期待できます。

 

usa

すいかの白皮は、漬物にすると美味しいです。甘じょっぱくて食感もよいのでオススメです。

動脈硬化を予防する

動脈硬化の原因のひとつに、血中コレステロールの酸化があります。

活性酸素によって酸化したコレステロールが、血管をもろくしてしまうんです。

すいかには、リコピンやβカロテンなどといった抗酸化成分が含まれています。

これらの成分は、活性酸素を除去するはたらきがありますので、動脈硬化の予防・改善に効果的です。

動脈硬化は、自覚症状が少ないため、健康診断などで指摘を受けても、放置されがちです。

しかし、動脈硬化が進むと、脳梗塞、心筋梗塞などといった重い病気を引き起こすリスクが高まります。

食事や運動など、生活習慣を整え、しっかりと対策していく必要があります。

高血圧・むくみの改善

すいかには、カリウムが比較的多く含まれています。

カリウムは、ナトリウムと協力しながら、細胞内外の塩分濃度の調整をしています。

体内の塩分濃度が高まると、余分な塩分の排出を促すため、高血圧予防に効果的です。

また、カリウムには利尿作用もあり、体内の余分な水分の排出を促します。

このため、むくみの改善効果も期待できます。

すいかって野菜?くだもの?

すいかネタで、必ずといっていいほど話題になるのが・・・

「すいかって、野菜なの?果物なの?」

という論争(?)です。

 

この点について、農林水産省北陸農政局のホームページでは、以下のように答えていました。

結論(けつろん)からからいうと、メロン、すいか、いちごは野菜に分類されます。

~中略~

園芸関係の学会や報告文では、1年生及(およ)び多年生の草本(そうほん)になる実は野菜、永年生の樹木(じゅもく)になる実はくだものときめられています。

~中略~

青果市場で「すいか」「メロン」「いちご」はくだものとしてあつかわれています。市場の分け方は消費者の側にたって、消費される形態に合わせて分類しています。

引用元:よくある質問|北陸農政局 農林水産省

ということで、どうやら、「野菜」だそうです。

すいかは、樹木にはなりませんので、野菜ということですね。

一方で、青果市場では「果物」扱いですね。

 

私は、「甘ければみんな果物!」と思ってたので・・・(^_^;)

とても勉強になりました!

まとめ

今回は、すいかの栄養と効能を中心に紹介しました。

βカロテン、リコピン、シトルリン、カリウムなど、魅力的な成分が含まれています。

アンチエイジング、むくみ改善、動脈硬化予防など、たくさんの美容・健康効果が期待できます。

すいかの9割は水分ですが、残りの1割には、多くの効能が期待できる成分が含まれています。

夏場は、水分も不足しがちですので、そういった意味でも、すいかはとてもオススメの食材ですね。

 


スイカが気になるあなたへ。おすすめの記事です。

すいかの見分け方と保存方法。甘くておいしいものの特徴は?

すいかの成分は美容にイイ!効果を高めるおすすめレシピは?

甘くないスイカを美味しく食べる方法は?おすすめのレシピは?

スイカをまとめて知りたいときは、こちら。

スイカ記事まとめ。栄養や美容効果、見分け方や保存方法など


 

スポンサーリンク