スポンサーリンク

 

夏野菜の代表格、オクラは、疲労回復や整腸作用など、さまざまな健康効果があります。

なかでも、今回注目したいのが、血糖値コレステロールを下げる効果です。

健康診断のたびに、これらの数値を気にしている方も多いハズです。

 

血糖値やコレステロール値の上昇は、動脈硬化の原因となります。

動脈硬化は、自覚症状が少ないため放置されがちですが、心筋梗塞や脳梗塞など、重い症状を引き起こす要因となります。

普段の食事や生活習慣を気をつけて、早めに対策する必要があります。

 

対策をするうえで、とても有効なのが、今回ご紹介するオクラです。

オクラのネバネバ成分には、ものすごいパワーがあるんです。

 

今回は、オクラが血糖値・コレステロール値を下げるヒミツと、さらに効果を高める食べ合わせを紹介していきます。

血糖値・コレステロールが気になったら、ぜひオクラを試してみましょう。

 

 

オクラが血糖値やコレステロールを下げるのは?

 

kuma

ところで、オクラって、何で血糖値やコレステロール対策に有効なの?

usa

オクラに含まれる「ムチン」や「ペクチン」のパワーのおかげです。これらの成分が、大活躍してくれるんです。

水溶性食物繊維が、血糖値・コレステロールの上昇を抑える!

ムチンとは、糖とたんぱく質が結合できた成分で、水溶性食物繊維の一種です。

オクラって、ネバネバしていますよね。あのネバネバが、ムチンです。

ペクチンも、同じく水溶性食物繊維の一種で、リンゴやキウイなど、果物に多く含まれています。

これらの水溶性食物繊維は、体内に入るとゲル状になり、食べ物を包み込みます。

すると、糖質が吸収されるスピードがゆるやかになるため、血糖値の上昇を抑えられるんです。

また、ゲル状の成分は、悪玉コレステロールの吸収を妨げるはたらきもあります。

このため、コレステロールの上昇も抑えることができるんです。

オクラは、食事の始めに食べよう!

オクラなど、水溶性食物繊維を含む食べ物は、食事のはじめに食べると効果的です。

というのも、上で述べたとおり、水溶性食物繊維は、体内でゲル状になります。

食事の最初にオクラを食べることで、あらかじめ胃にゲル状の膜をはることができ、血糖値の上昇や、コレステロールの吸収を妨げるのに有効なのです。

 

食事の順番を変えるだけで、効果を高めることができます。

簡単にできることですので、ぜひ意識してみてくださいね。

オクラと一緒に食べたい!血糖値・コレステロールを下げる食べ合わせ

 

スポンサーリンク

 

kuma

オクラって、血糖値・コレステロールを下げるのに効果的なんだね。よーし、オクラを食べまくるぞー!

usa

ちょっと待って下さい!オクラはたしかに効きますが、他の食材とバランス良く一緒に食べたほうが、効果が高まります。

kuma

え?オクラだけじゃダメなの?

usa

オクラだけですと、栄養が偏りますからね。バランスが大切です。ここでは、血糖値やコレステロールを下げたいときに、オクラと一緒に食べたい食材を紹介していきます!

水溶性食物繊維を含む食べ物

ペクチンのところでも述べましたが、水溶性食物繊維には、糖の吸収をゆるやかにし、血糖値の急な上昇を抑えるはたらきがあります。

オクラにプラスして加えることで、さらなる効果アップが期待できます。

 

また、水溶性食物繊維は、体内で水に溶けるとゲル状になり、量が増えます。

このため、少しの量でも満腹感を得やすく、食べ過ぎの防止につながります。

 

水溶性食物繊維を多く含む食べ物

  • 海藻類
  • 納豆
  • 山芋
  • なめこ
  • レンコン
  • モロヘイヤ

 

水溶性食物繊維は、水溶性の成分のため、水に長時間さらしたり、加熱しすぎると、成分が失われてしまいます。

このため、調理の際は、茹でる時間を短くしたり、なるべく加熱時間を抑えることが大切です。

サラダなど、生に近い状態で食べたり、汁ごと食べられる料理にすると、栄養の損失を少なくすることができます。

DHA・EPAを含む食べ物

DHA・EPAは、青魚に多く含まれる脂質です。

DHA・EPAには、コレステロールや中性脂肪を減少させるはたらきがあります。

脂質ときくと、コレステロールが増えるイメージがありますが、逆に減らしてくれるんですね。

 

DHA・EPAを多く含む食べ物

  • アジ
  • マグロ
  • ブリ
  • カツオ
  • サンマ

 

なお、DHA・EPAも、加熱調理で有効成分の一部が失われてしまいます。

お刺身など、生に近い形で食べるか、スープなど、流出した成分ごと食べられる料理にすると、効率よく成分を摂取できます。

緑黄色野菜

緑黄色野菜には、動脈硬化の原因となる活性酸素を、除去する成分が多く含まれます。

「抗酸化ビタミン」と呼ばれているビタミンA、C、Eなどが、その代表例です。

オクラと合わせてサラダにしたりなど、うまく組み合わせて食べると効果的です。

 

抗酸化ビタミンを多く含む食べ物

  • にんじん
  • ピーマン
  • カボチャ
  • ほうれん草
  • ブロッコリー

 

 

抗酸化ビタミンを多く含む野菜については、以下の記事が詳しいです。

オクラのお供を探す際に、参考にしてみてください。

 

まとめ

今回は、オクラが血糖値・コレステロール値を下げる理由と、おすすめの食べ合わせを紹介しました。

オクラに含まれる、ムチンやペクチンなどの水溶性食物繊維は、糖の吸収をゆるやかにしたり、余分なコレステロールの吸収を妨げてくれます。

他の食材とバランス良く組み合わせて、効果的に食べたいですね。

 


オクラが気になるあなたへ。おすすめの記事です。

オクラの効能と栄養素。ネバネバに秘められたパワー

オクラが胃腸に効く!効果をもっと高める食べ合わせは?

新鮮なオクラを見分ける5つのポイントと保存方法

オクラをまとめて知りたいときは、こちら。

オクラの記事まとめ。栄養や効能、食べ合わせや保存方法など、オクラ情報盛りだくさんです。


 

スポンサーリンク