スポンサーリンク

 

きのこ類は、栄養豊富で低カロリーのため、美容やダイエットによいと言われています。

なかでも、注目したいのが「えのき」です。

 

えのきには、キノコキトサンという成分が、食用きのこの中でも豊富に含まれています。

この成分、美容ダイエットに、とっても効果的なんです。

 

今回は、えのきの美容・ダイエット効果や、食べ方のコツについて紹介します。

えのきを食べて、からだの内側からキレイになりましょう!

 

えのきが美容・ダイエットにおすすめな4つの理由

 

usa

まずは、えのきが美容・ダイエットに効果的な4つ理由を紹介します

体脂肪を減らす!

きのこ類の細胞壁には、キノコキトサンという成分が含まれています。

この成分が、今回の主役と言っていいくらい、活躍してくれるんです!

 

キノコキトサンには、食事などによって摂取した脂肪を、体内に吸収する前に排泄させる作用があります。

このため、体脂肪や血中コレステロールの減少が期待できます。

 

えのきには、他の食用キノコよりも多くのキノコキトサンが含まれています。

さらに、えのきのキノコキトサンは固い細胞壁で守られているため、酸化しにくく、壊れにくいんです。

つまり、どんな調理法でも、成分が逃げにくく、たくさんパワーをもらえるんです。

内臓脂肪を減らす!

キノコキトサンは、とりわけ内臓脂肪を減らす効果が高いです。

個人差はありますが、大幅に内臓脂肪が減少した実験データもあるそうです。

お腹まわりのダイエットには、とくに効果が期待できます。

腸内をキレイに!

えのきには、食物繊維が豊富に含まれています。

この食物繊維が、腸の動きを活発にしてくれるんです。

腸の動きが活発になると、排便が促され、少しずつ、老廃物や脂肪が排出されていきます。

すると、腸内環境が整い、脂質も減っていくため、美容・ダイエットに効果的なんです。

美肌効果も!

体脂肪の減少や、老廃物の排出などといった効果は、体内の血液もキレイにし、血流をよくしてくれます。

血流がよくなることで、肌色が明るくなったり、内臓のはたらきが活発になることで体の調子がよくなります。

 

また、えのきにはトレハロースという、肌を保湿する成分が含まれています。

肌トラブルの原因の多くは、乾燥によるものです。

トレハロースは水分保水力が高く、お肌をみずみずしく保ってくれます。

ダイエット効果を高める!えのきの食べ方

 

スポンサーリンク

 

kuma

えのきが美容やダイエットに良いのは分かったけど・・・どうやって食べるのがいいの?

usa

確かに気になるところですよね。ここでは、美容・ダイエットによい、えのきの食べ方のコツを紹介します。

えのきは、短く切って食べよう

えのきを食べるときは、1~2センチくらいの長さに短く切って食べたほうがよいです。

というのも、えのきの細胞壁は固いので、そのままだと消化されずに排出されるおそれがあるためです。

短く切ることで、えのきに含まれる栄養成分の吸収率が高まります。

鍋に入れるときは、1~2センチだと短い気がするので、だいたい半分くらいに切るといいでしょう。

よく噛んで食べよう

えのきに限った話ではないですが、よく噛むことで、成分の吸収率も高まりますし、唾液の分泌も増えるので消化も高まります。

よく、ダイエットでは「一口あたり30回噛むとよい」と言われています。

顎をしっかり動かすことで、小顔効果も期待できますので、なるべくゆっくり、しっかり噛むようにしましょう。

色んな食材と合わせて食べよう

ダイエット中の食事制限は大切ですが、たとえば、えのきだけしか食べない等、偏った食事は逆効果です。

えのきは栄養満点ですが、えのきだけでは必要な栄養を摂れるわけではありません。

体を壊してしまったら、美容・ダイエットどころではありません。

 

糖質・脂質・たんぱく質をバランス良く摂り、そのうえでえのきを食べるようにしましょう。

美肌という観点ですと、ビタミンCが豊富な緑黄色野菜や、ニキビや肌荒れに効くビタミンB2の多い豆類や海藻類などはおすすめです。

えのき氷を試してみよう

えのきを効果的に、お手軽に楽しめるのが、「えのき氷」です。

砕いて煮込んだえのきを凍らせて、味噌汁などに入れるのが代表的な使い方です。

えのきを砕いたり、凍らせることで、固い細胞壁が壊れ、キノコキトサンなどの栄養成分が吸収されやすくなります。

ここでは、作り方を簡単に紹介します。

【材料】

  • えのき2パック
  • 水400ml

 

【作り方】

  1. えのきをカットする

    石づきの部分を切り落とし、4等分くらいの大きさにカットします。

  2. ミキサーでペースト状にする

    カットしたえのきと、水400mlを入れて、30秒くらい、ペースト状になるまでミキサーをかけます。

  3. 弱火で1時間くらい煮込む

    鍋にペースト状にしたえのきを入れ、1時間くらい弱火で煮込みます。

  4. 粗熱をとる

    煮込み終わったら、火からおろして、水を張ったボウルなどにつけて粗熱をとります。

  5. 製氷皿に入れて、冷凍する

    粗熱がとれたら、製氷皿にペースト状のえのきを入れて、冷凍庫で凍らせます。

  6. 完成!

    1日3個を目安にいただくのがおすすめです。

 

いちど製氷皿から取り出したえのき氷は、密閉できるフリーザーパックなどに入れて保存しましょう。

お味噌汁に入れたり、炒め物や、お鍋に入れて食べるのがおすすめです。

1日3個を目安に、おいしく召し上がりましょう。

まとめ

今回は、えのきの美容・ダイエット効果と、食べ方のコツを紹介しました。

えのきには、美容・ダイエットに効く、以下の効果があります。

 

  • 体脂肪を減らす
  • 内臓脂肪を減らす
  • 腸内をキレイにする
  • 美肌効果

 

これらの効果をうまく引き出すためには、細かく切ったり、よく噛んで食べることが大切です。

また、他の食材とバランス良く食べることも大切です。

 

えのきは、1年を通して流通しており、比較的安く購入できる、身近な食材です。

えのきの魅力を上手く引き出して、美しく、健康的なからだづくりをしていきましょう!

 


えのきが気になるあなたへ。おすすめの記事です。

えのきの栄養と効能

えのきの効果を高める!パターン別おすすめ食べ合わせ7選

新鮮なえのきを見分ける4つのポイントと正しい保存方法

えのきをまとめて知りたいときは、こちら。

えのきの記事まとめ。栄養・効能や、美容・健康によい食べ方など、えのき情報満載です!


 

スポンサーリンク