スポンサーリンク

 

5月8日は何の日かご存知ですか?

 



・・・そう「ゴーヤの日」です!!

 

え、初めて聞いた?

なら、今日からぜひ覚えておきましょう!

その他にも、世界赤十字デーとか、ヨーロッパ戦勝記念日とか、色々あるみたいですね。

 

ついでに、ゴーヤがどんな野菜なのか、見てみませんか?

ゴーヤの歴史種類などを、サックリ分かりやすくまとめています。

 

今日が、5月8日じゃなかったとしても、きっと役に立つはずです。

一緒に、ゴーヤの世界をのぞいてみましょう!

5月8日がゴーヤの日の理由は?

ところで、5月8日は、なぜゴーヤの日なのでしょう?

なんとなく、察している方もいると思いますが、こういう経緯で決められたそうです。

平成9年(1997年)、沖縄県とJA(全国農業協同組合連合会)沖縄経済連が、ゴーヤーを広く知ってもらい、もっと食べてもらおうという思いから、定めたものです。語呂合わせ(5.8=ゴーヤー)に加えて、この頃からゴーヤーの生産量が増えることにちなんでいます。

引用元:総務省統計局ホームページ|5月8日 ゴーヤーの日

お察しのとおり、ゴロ合わせですね(^_^;)

でも、わかりやすくてとってもイイと思います!

 

そういえばゴーヤって、90年代の頃は、そこまで見かけなかった記憶があります。

今となっては、『ちゅらさん』のヒットや、沖縄料理の人気などの影響で、どこでも見かけるようになりましたね。


なお沖縄では「ゴーヤ」と伸ばして発音するのが普通だそうで、上の引用文でも「ゴーヤの日」としていますね。

この記事では、一般的に使われている「ゴーヤ」で表記を統一しています。

沖縄の方は、ちょっと思うところがあるかもしれませんが、ご了承くださいm(__)m

ゴーヤの歴史

ゴーヤの原産地は、はっきりとは分かっていないそうです。

ただ、気候条件から考えると、インドや東南アジア、アフリカなどではないかと言われています。

沖縄原産のイメージが強いですが、じつは輸入されてきたんです。

当時、交流のあった中国を経由して伝わったのでは、と言われています。


はじめてゴーヤが日本に来た時期についても、はっきりとは分かっていません。

文献などから、日本には、16世紀頃に渡来してきたといわれています。

 

なお、1713年に書かれた琉球王国の文献『琉球国由来記』には、「苦瓜」という名前でゴーヤが登場しています。

琉球国(沖縄)には、この頃にゴーヤが渡来したと言われています。

 

ただし、この頃の文献にかかれている苦瓜(ゴーヤ)は、ほとんどが、薬用、または観賞用として紹介されたり、持ち込まれています。

食用」としては、いつごろ食べられるようになったのか、誰が食べ始めたのか、具体的な時期は分かっていないそうです。

 

kuma

しっかし、ゴーヤをはじめて食べた人、ホントに尊敬するわ。

usa

特徴的な形ですからね・・・先人たちに感謝です

ニガウリとゴーヤって同じ?

 

スポンサーリンク

 

―ゴーヤを探していると、「ニガウリ」という名の、ゴーヤっぽい野菜を発見―

 

「これって、ゴーヤのことかな・・・たぶんそうだよね・・・よし、買おう!」

 

ってな感じで、ちょっと戸惑ったこと、ありませんか?

ニガウリゴーヤって、同じものなのでしょうか?

 

結論からいうと、同じものです。


ゴーヤ(ゴーヤー)というのは、沖縄の人たちの間で呼ばれていた名称です。

こちらの呼び方が広まったので、一般的にはゴーヤと呼ばれるようになりました。

 

一方で、生物学や農学の分野では、「ニガウリ」「ツルレイシ」と呼ばれています。

ホームセンターの種苗コーナーでは、「れいし」や「にがうり」という表記を見ることがあります。

 

基本的には、ニガウリ=ゴーヤで問題ありませんが、ニガウリは、沖縄で栽培されているもののほかに、いくつか種類があります。

なので、正確には「ゴーヤは、ニガウリの一種」と捉えたほうがよさそうです。

ゴーヤの種類

kuma

ここでは、ゴーヤの種類について紹介していくよ!

あばしゴーヤ

アバサーとも呼ばれる、ずんぐりとした形のゴーヤです。

肉厚でジューシー、しかも苦味が少ないため、お土産品としても人気のゴーヤです。

長レイシ

きゅうりのように細長いのが特徴的です。

表面には、ゴーヤ特有のブツブツもしっかりあります。

太さは6cm程度までにしかなりませんが、長さは80cm以上になるものもあります。

おもに九州地方で栽培されています。

白レイシ

その名の通り、真っ白なゴーヤです。

表面のブツブツが丸みを帯びていてなめらかです。

苦味が少なく、食べやすいゴーヤです。

 

なお、白いゴーヤには、「白長レイシ」という細長いものがありました。

しかし、現在では種が販売されなくなったため「幻のゴーヤ」とも呼ばれています。

プチレイシ

その名の通り、小さいゴーヤです。成長しても、長さ5センチ程度、太さも直径3センチ程度です。

苦味が強いため、おもに観賞用などとして売られています。

タイゴーヤ

タイの一般的なゴーヤ「タイゴーヤ」は、表面がツルツルしているゴーヤです。

苦味が少なく、サラダなどにして食べられているそうです。

まとめ

今回は、「5月8日はゴーヤの日」ということで、ゴーヤの日の理由や、ゴーヤの歴史・種類などについて紹介しました。

もともとは中国から渡来してきたといわれていますが、正確な時期や、食用とされたタイミングは分かっていません。

なんともミステリアスな野菜ですね。

 

また、ゴーヤには、さまざまな種類があります。

沖縄や東南アジア方面にお出かけの際は、ぜひ、ご当地のゴーヤを見てみて下さい。

 

そして、ゴーヤはビタミンCやカリウムなど、からだによい成分がたくさん詰まっています。

毎日を健康に過ごすためにも、ゴーヤを手にとってみてはいかがでしょうか。

 


ゴーヤが気になるあなたへ。おすすめの記事です。

ゴーヤの栄養と効能について

ゴーヤで美肌・アンチエイジング!効果を高める食べ合わせは?

新鮮なゴーヤを見分ける5つのポイントと保存方法

ゴーヤは血糖値を下げる!さらに効果を高める食べ物5選!

ゴーヤの苦味を和らげる下ごしらえ&調理方法

ゴーヤをまとめて知りたいときは、こちら。

ゴーヤの記事まとめ。栄養効能や美肌効果、苦味の和らげ方から保存方法まで、ゴーヤ情報満載です


 

スポンサーリンク