スポンサーリンク

 

ゴーヤには、カリウムやビタミンCなど、たくさんの栄養が含まれています。

これらの栄養は、もちろん、新鮮なもののほうが、多く含まれています。

 

「でも、新鮮なゴーヤって、どう見分ければいいの?」

 

と思う方、多いハズです。

今でこそ、スーパーでもよく見るようになったゴーヤですが、まだまだわからないことは多いですよね。

 

そこで今回は、新鮮なゴーヤを見分ける5つのポイントを紹介していきます。

店頭でゴーヤを選ぶときに、ぜひ参考にしてみてください。

 

また、新鮮なゴーヤを手に入れたとしても、1度に使い切れないケースは多くあります。

そんなときのために、ゴーヤの保存方法についても、詳しく紹介しています。

ゴーヤをかしこく選び、正しく保存することで、ゴーヤのパワーをムダなくいただきましょう!

新鮮なゴーヤを見分ける5つのポイント

それでは、新鮮なゴーヤを見分ける5つのポイントを紹介していきます。

お店で選ぶときに、ぜひ参考にしてみてください。

 

・・・と、その前に、ちょっと注意です。

ゴーヤは新鮮であればあるほど、苦味が強くなります。

 

「ゴーヤの苦味、ちょっと苦手・・・」

 

という方も、多いはずです。

なので、苦いのがダメな方は、これから紹介する5つのポイントは、「苦いゴーヤを選ばない」ための基準として、活用いただけると幸いです。

 

前置きが長くなりましたが、さっそくポイントを見ていきましょう。

より濃い緑色をしているもの

ゴーヤは、成長していくと、だんだん色が黄色っぽくなっていきます。

このため、青々とした、濃い緑色のものほど、新鮮なゴーヤです。

ツヤツヤしているもの

ゴーヤは収穫されてから時間が経つと、だんだんツヤが失われていき、黄色がかってきます。

ツヤツヤしているものほど新鮮です。光沢感のあるものを選びましょう。

表面のイボイボが、細かく密接しているもの

収穫されてからも、ゴーヤは成熟し続けます。

このため、時間が経つほど、ゴーヤのイボは大きくなるんです。

新鮮なゴーヤ選ぶ際は、イボイボが小さく、密集しているものを選びましょう。

あまり大きすぎないもの

大きすぎるものは、水分が少なかったり、食感が悪いことがあります。

少し小さめなくらいのものがおすすめです。

ずっしり重いもの

同じくらいの色、ツヤ、サイズのゴーヤが複数ある場合は、より重いものを選びましょう。

水分や栄養がしっかりと詰まっていますので、おすすめです。

ゴーヤの保存方法

 

スポンサーリンク

 

ここからは、ゴーヤの保存方法について紹介していきます。

基本的には冷蔵保存になりますが、冷凍や乾燥も可能です。

冷蔵庫で保存する

ゴーヤは、常温だと、すぐに成熟して黄色くなり、味が落ちてしまいます。このため、冷蔵庫での保存が基本となります。

 

まだ包丁を入れてないゴーヤの場合、新聞紙やビニール袋に包んで、野菜室に入れましょう。

入れるときは、可能なら立てて入れるとよいです。向きは、茎がついていた方を上にします。

 

ただ、ゴーヤをもっと長持ちさせたい場合は、切ったほうがいいです。

というのも、ゴーヤは、中身の白いワタの部分から傷み始めるからです。

 

タテに半分に切って、中のワタと種をスプーンなどで取り除き、ラップやポリ袋などに包んで保存したほうが、長持ちします。

この方法ですと、およそ1週間は保存できます。

冷凍保存する場合

冷凍保存する場合は、まずは冷蔵保存のときと同様に、中のワタと種を取り除きましょう。

そして、使いやすい大きさにスライスしてから、冷凍パックに入れて冷凍保存します。

 

冷凍保存だと、1ヶ月程度は保存できます。

使うときは、解凍せずに、そのまま炒め物などに使いましょう。

ただし冷凍保存の場合、ゴーヤの細胞が壊れてしまうため、解凍後は、ゴーヤ本来の味は落ちますので、注意です。

乾燥ゴーヤにする

大量にゴーヤが手に入って、食べきれない!というときは、乾燥ゴーヤを作るのもおすすめです。

薄くスライスしたゴーヤを、ザルなどに並べて天日干しにします。

だいたい2~3日で完成しますが、乾ききってない場合は、さらに日数を伸ばしてみて下さい。

なお、湿度の高い季節の場合は、カビや腐敗に注意です。

日の当たらない時間帯は冷蔵庫に入れておくなど、湿気をなるべく含まないように注意してください。

 

乾燥ゴーヤは常温でも保存できますが、ゴーヤは水分に弱いため、できれば冷蔵庫で保存するのをおすすめします。

密閉できる袋やタッパーなどに乾燥ゴーヤをつめて、冷蔵保存しましょう。

使うときは、水に1時間程度ひたすと、戻ります。

 

乾燥ゴーヤですと、だいたい半年くらいは保存できますので、大量のゴーヤに悩んだときや、長持ちさせたいときは、ぜひお試しください。

まとめ

今回は、新鮮なゴーヤを見分ける5つのポイントと、保存方法について紹介しました。

新鮮なゴーヤは、栄養が豊富ですが、苦味が強いです。

5つのポイントを確認しながら、好みに合わせて、欲しいゴーヤを見分けてみてください。

 

また、1度に使い切れないゴーヤは、しっかりと保存する必要があります。

冷蔵保存が基本となりますが、水分や乾燥に気をつけて、正しく保存しましょう。

冷凍保存や、乾燥させる方法もありますので、大量にゴーヤを手に入れたときは、ぜひお試しください。

 

ゴーヤは、栄養たっぷりで、夏バテにも効果的です。

しっかり保存して、栄養を落とさず、美味しく召し上がりましょう!

 


ゴーヤが気になるあなたへ。おすすめの記事です。

ゴーヤの栄養と効能について

ゴーヤで美肌・アンチエイジング!効果を高める食べ合わせは?

ゴーヤは血糖値を下げる!さらに効果を高める食べ物5選!

ゴーヤの苦味を和らげる下ごしらえ&調理方法

【5月8日はゴーヤの日】ゴーヤの歴史や種類を見てみよう!

ゴーヤをまとめて知りたいときは、こちら。

ゴーヤの記事まとめ。栄養効能や美肌効果、苦味の和らげ方から保存方法まで、ゴーヤ情報満載です


 

スポンサーリンク