スポンサーリンク

 

「美しい肌になりたい!」

「ちょっとでも若く見られたい!」

 

口には出さないかもしれませんが、みんな、そう思っているはずです。

その証拠に、化粧品やスキンケア用品は、いつも飛ぶように売れています。

最近は男性向けコスメグッズも増えており、女性・男性問わず、美肌はすべての方の永遠のテーマとなりつつあります。

 

ところで、美肌やアンチエイジングとなると、化粧品やスキンケア用品で対策しがちです。

もちろんそれも大切ですが、普段の食べ物を意識することで、からだの内側からもキレイになれるんです!

 

たとえば、今回ご紹介するゴーヤ

ゴーヤには、美肌・アンチエイジングに効果的な成分が、たっぷり詰まっています。

また、調理を工夫したり、他の食べ物と合わせることで、さらに効果を高めることができるんです。

 

今回は、ゴーヤの美肌・アンチエイジング効果と、それを高めるコツについて紹介していきます。

食事を意識して、さらに美しく、若々しい肌を目指しましょう!

ゴーヤの美肌・アンチエイジング効果のヒミツ。それは、豊富なビタミンCにあり!

kuma

見出しのタイトルで、思いっきりネタバレしてませんかね・・・

usa

まぁ、その・・・分かりやすいのが1番です!

ゴーヤは、野菜類のなかでもトップクラスのビタミンC量なんです。

可食部100gあたりのビタミンC含有量

名称 含有量(mg)
ゴーヤ 76
ブロッコリー 54
西洋かぼちゃ 43
ミニトマト 32

引用元:文部科学省ホームページ|第2章 日本食品標準成分表

 


ビタミンCは、コラーゲンの合成に関与したり、シミやソバカスの原因となるメラニンを抑制します。

また、細胞を老化させる原因のひとつ、活性酸素を除去するはたらきもあります。

美肌・アンチエイジングには、まさにうってつけの成分なんです。

 

上の表のとおり、ゴーヤにはたくさんのビタミンCが含まれています。

ビタミンCは、美肌効果のほかに、免疫力やストレス耐性を高める効果などもあります。

お肌や健康のために、しっかり摂りたいビタミンです。

ゴーヤのビタミンCは、壊れにくい!

美肌・アンチエイジングにゴーヤをおすすめしたい理由は、ほかにもあります。

それは、ゴーヤのビタミンCが、加熱に強い点です。

 

ビタミンCは、水に溶けたり、加熱で成分が壊れたりなど、とても損失しやすい成分です。

調理の際は、なるべく成分を失わないように気をつける必要があります。

 

その点、ゴーヤのビタミンCは、加熱に強いといわれています。

水分を豊富に含んだ果肉が、ビタミンCを熱から守ってくれるんです。

たしかに、あれだけみずみずしくて厚い果肉なら、ビタミンCをしっかりガードしてくれそうですね。

 

ビタミンCをとりたい場合、どうしても、サラダなど、生食中心にメニューを考えがちです。

ゴーヤでしたら、炒め物にしても損失が少ないので、調理の幅が広がりますね。

 

ちなみに、ゴーヤは炒めることで、あの苦味を抑えることができます。

そういった意味でも、炒め物はおすすめです。

ゴーヤの美容・アンチエイジング効果を高める食べ合わせは?

 

スポンサーリンク

 

これまで、ゴーヤの美肌・アンチエイジング効果について紹介してきました。

ここからは、ゴーヤの美肌効果を、もっと高める食べ合わせを紹介していきます!

豚肉

豚肉には、お肌の新陳代謝を促進するビタミンB2ビタミンB6などといったビタミンB群が豊富に含まれています。

肌荒れやニキビ、乾燥肌などの予防に最適です。

また、疲労回復効果もありますので、夏バテ予防にもおすすめです。

ゴーヤチャンプルーに使われたりなど、ゴーヤとの相性もバツグンですので、ぜひ一緒に食べてみましょう。

 

usa

沖縄料理には、ミミガーやラフテーなど、豚肉を使ったものが多いです。

沖縄の方が長寿で若々しいのは、豚肉とゴーヤのパワーが関係しているのかもしれませんね

緑黄色野菜

緑黄色野菜には、ビタミンCが多く含まれています。

ゴーヤのビタミンCと合わせて、さらに美肌・アンチエイジング効果を高めることができます。

なかでも、特に多いのがピーマンやブロッコリー、トマトやキャベツなどです。

ゴーヤと一緒に炒めたり、サラダにして食べるのがおすすめです。

 

ビタミンCの多い野菜は、こちらの記事で詳しく紹介しています。

ゴーヤのパートナーを考える際に、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

ビタミンCの多い野菜ランキングTOP10

ごま・ひじき

ごまやひじきには、鉄分が豊富に含まれています。

鉄分と聞くと、貧血予防のイメージが強いですが、美肌・アンチエイジングには鉄分も大切です。

 

赤血球のヘモグロビンは、鉄分がおもな成分です。

ヘモグロビンは、酸素をからだ全体の細胞に届けるはたらきをしています。

鉄分が不足すると、お肌へ酸素が届かなくなり、新陳代謝やコラーゲンの合成がうまくいかなくなります。

こうなると、シミやシワ、たるみなどといった肌トラブルが起きやすくなるのです。

 

また、ビタミンCには、非ヘム鉄と呼ばれる、植物由来の鉄分の吸収を高めるはたらきがあります。

この点においても、鉄分の多いごまやひじきとの相性は良いんです。

ごま和えなどにすると、風味も出て美味しいですよ!

豆腐

ゴーヤチャンプルーなどでも使われる豆腐ですが、美味しいだけでなく、美容の面でも相性がよいです。

豆腐に含まれるイソフラボンには、女性ホルモンのバランスを整えるはたらきがあります。

このため、ニキビや肌荒れ、更年期症状や生理不順などの改善が期待できます。

その他にも、豆腐にはビタミンB群や鉄分、カルシウムが豊富に含まれています。

カロリーが低い点も、美容・健康にとってはうれしいですね。

美肌効果を弱める!?なるべく控えたほうがよい食べ物

ここでは、美容・アンチエイジングをメインに考えた場合、なるべく控えたほうがよい食べ物を紹介します。

高脂肪のもの

美肌効果を高めたい場合は、脂肪分が高いものは控えたほうがいいです。

脂肪の酸化を抑えるために、ビタミンCなどの抗酸化成分が多く使われてしまい、アンチエイジング効果が弱まってしまいます。

また、皮膚に脂肪がついてしまうと、たるみやシワの原因となります。

甘いもの

甘いものは、コラーゲンを糖化させてしまいます。

糖化とは、たんぱく質と糖分が結合し、AGE(終末糖化産物)という物質が生成されることです。

このAGEが、お肌にダメージを与え、老化を早めてしまうんです。

 

糖分は、脳や体の疲労回復に有効なので、最低限は摂取する必要があります。

ただし、ケーキなど、スイーツの食べ過ぎや、砂糖の使いすぎは、お肌に良くないので気をつけましょう。

まとめ

今回は、ゴーヤの美肌・アンチエイジング効果と、それを高めるコツについて紹介しました。

ゴーヤに多く含まれるビタミンCは、美容効果バツグンです。

しかも、ゴーヤのビタミンCは加熱に強いので、炒め物なども安心です。

 

豚肉や緑黄色野菜など、お肌によい食材と組み合わせることで、さらに効果を高めることができます。

ゴーヤを美味しく食べて、からだの内側から美肌・アンチエイジング対策を進めていきましょう!

 


ゴーヤが気になるあなたへ。おすすめの記事です。

ゴーヤの栄養と効能について

新鮮なゴーヤを見分ける5つのポイントと保存方法

ゴーヤは血糖値を下げる!さらに効果を高める食べ物5選!

ゴーヤの苦味を和らげる下ごしらえ&調理方法

【5月8日はゴーヤの日】ゴーヤの歴史や種類を見てみよう!

ゴーヤをまとめて知りたいときは、こちら。

ゴーヤの記事まとめ。栄養効能や美肌効果、苦味の和らげ方から保存方法まで、ゴーヤ情報満載です


 

スポンサーリンク