スポンサーリンク

 

 

「マッシュルームって、生でも食べられるの?」

 

結論から言いますと、「食べられます!

本場ヨーロッパでは、マッシュルームの生食がさかんです。

 

ただし、すべてのマッシュルームが生食できるわけではありません。

マッシュルームは傷みやすいので、新鮮なものでないとダメなんです。

 

また、新鮮なマッシュルームを手に入れたとしても、どう下ごしらえすればいいのか迷うこともあるかと思います。

 

今回は、マッシュルームを生で食べるための条件と、下ごしらえの方法について紹介します。

生のマッシュルームは、独特の風味を味わえますので、ぜひお試しください!

マッシュルームは生でもいける?

「きのこって、生で食べるイメージが無いんだけど・・・」

 

もちろん、その通りです。食用きのこであっても、基本的に火を通さないとダメです。生食だと有害なものもあります。

 

ただし、マッシュルームは例外で、生で食べられるきのこなんです。

実際、マッシュルームの本場、ヨーロッパでは、生でスライスして、サラダなどに使われています。

ただし、生で食べるためには、いくつか注意が必要です。

生で食べられるマッシュルームの条件

マッシュルームは生食可能ですが、すべてのマッシュルームが生食できるわけではありません。

マッシュルームは、とてもデリケートなきのこで、痛みやすいんです。

 

生食が可能なのは、収穫後3、4日以内の、新鮮なものです。

3、4日というのはあくまで目安ですので、なるべく早く召し上がるようにしましょう。

どんなマッシュルームを選ぶべき?

3、4日以内・・・と言われても、店頭で買う場合は、並ぶまでに日にちが経っている可能性があります。

収穫されてからの日にちって、なかなか正確には分からないものですよね。

そんなときは、マッシュルームの見た目と固さで、判断してみましょう。

 

店頭で選ぶ際は、マッシュルームの傘の裏をみてみましょう。

マッシュルームは、成長すると、傘の裏が茶色くなりはじめます。

なるべく傘の裏が白っぽいものを選ぶと良いです。

また、弾力のあるもの、固いものは、新鮮な証です。

軽く触ってみて、なるべく固いものを選びましょう。

 

これらの点に注目することで、新鮮なマッシュルームを見つけることができます。

保存は冷蔵庫で

マッシュルームを保存するときは、冷蔵庫に入れましょう。

マッシュルームは低温のほうが長持ちします。

 

ただ、生で食べる場合は、基本は「買ったその日」に、遅くとも翌日までには召し上がりましょう。

それ以上経過したものは、炒めたり、煮込んだりして使うほうが良いかと思います。

 

マッシュルームの詳しい保存方法は、こちらの記事で紹介しています。

 

マッシュルームの保存方法は?変色を防ぐにはどうする?

マッシュルームの下ごしらえ方法&注意事項

 

スポンサーリンク

 

kuma

ここからは、マッシュルームの下ごしらえ方法を紹介していくよ!

usa

注意事項もありますので、ぜひ確認してみてくださいね。

 

「マッシュルームを手に入れたけど、どう下ごしらえすればいいんだろう・・・」

という方向けに、ここではマッシュルームの下ごしらえ方法を紹介します。

汚れをとる

まずは、マッシュルームの汚れをとりましょう。

乾いた布か、水で軽く濡らしたキッチンペーパーで、汚れをやさしく拭き取ります。

マッシュルームもそうですが、きのこ類は水に弱いです。

風味や味が落ちたり、痛みやすくなりますので、水洗いはなるべく避けましょう。

石づき(根もとの部分)を取る

石づきとは、マッシュルームが地面と触れていた、根もとの部分です。ちょうど、上の画像の部分です。

石づきの切り口が茶色くなっている場合は、薄く切り落としましょう。

キレイな場合は、とくに切り落とす必要はありません。

ただ、石づきは固くなっていることが多いので、固さを感じた場合は、切り落としてもOKです。

好きな形に切る

マッシュルームの用途に合わせて、好きな形に切りましょう。

なお、サラダやスープなどにするときは、薄くスライスするのがおすすめです。

煮物や、炒め物にするときは、半分に切るか、四つ切りにすると合います。

レモン汁をかけて、変色を防ぐ

マッシュルームは、切り口から、すぐに変色していきます。

変色を抑えるのに有効なのが、レモン汁です。

マッシュルームを切り終えたあとは、さっとレモン汁をかけてあげましょう。

市販のレモン果汁でもOKです。

まとめ

今回は、マッシュルームを生で食べる条件や、下ごしらえの方法について紹介しました。

あくまでも新鮮なものに限られますが、美味しく生食できます。

店頭で買う際は、傘の裏の色が白っぽく、固いものを選びましょう。

 

また、下ごしらえをする際は、水を使わないように注意しましょう。

レモン汁を使って、変色を抑えるのもポイントです。

 

生のマッシュルームは、煮たり炒めたりしたものとは違った、独特の風味を味わえます。

新鮮なマッシュルームが手に入ったら、ぜひ生で味わってみて下さい。

 


マッシュルームが気になるあなたへ。おすすめの記事です。

マッシュルームの栄養と効能。低カロリーで美容にもいい!

マッシュルームの保存方法は?変色を防ぐにはどうする?

ホワイトマッシュルームとブラウンマッシュルームの違いは?

マッシュルームの成分はストレスに効く!効果を高めるコツは?

マッシュルームをまとめて知りたいときは、こちらがおすすめです。

マッシュルームの記事まとめ。効能や食べ合わせ、下ごしらえ・保存方法など、情報満載です。


 

スポンサーリンク