スポンサーリンク

 

 

私のかつての上司は、健康診断のたびに「γ-GTP」が高いと指摘されていました。

飲み会のたびに、「なんとかしなきゃな~」と愚痴りながら、ビールを追加注文していましたが・・・

 

 

肝臓の機能改善には、ニラが効果的です。

ニラといえば、疲労回復にも効く、パワーフードです。

じつは、肝臓にも、バッチリ効く野菜なんです。

 

今回は、ニラが肝臓に効く理由に触れつつ、

肝機能改善に効果的なニラの食べ合わせを紹介していきます。

 

「肝臓が弱ってるかも・・・」

「アルコールよく飲むしなぁ・・・」

「健康診断の結果が悪かったなぁ・・・」

 

そんなあなたに、おすすめです!

ニラが肝臓にやさしい3つの理由

なぜニラが肝臓にやさしいのでしょうか。

これより、その主な3つの理由を、紹介します。

ポイントは、におい成分のアリシンと、抗酸化ビタミンです。

①アリシンが糖質の代謝を助ける

肝臓の重要な仕事のひとつに、糖質の代謝があります。

食事などで体内に入ってきた糖質を、活動エネルギーに変える作業をしているんです。

 

糖質の代謝には、サポート役のビタミンB1が必要なのですが・・・

やっかいなことに、ビタミンB1は体外に排出されやすく、不足しがちなんです。

 

そこで登場するのが、ニラに含まれるアリシン

アリシンは、ビタミンB1と結びつくとアリチアミンという物質になります。

アリチアミンは、ビタミンB1の吸収を高めるとともに、体内に長時間留まらせるはたらきがあります。

 

ビタミンB1が充分に使えることで、糖質の代謝がスムーズにできるようになります。

すると、肝臓の負担も軽減されるのです。

②アリシンや抗酸化ビタミンの抗酸化作用で、肝臓の活性酸素を除去

ストレスや飲酒・喫煙、不規則な生活を繰り返すと、肝臓内で活性酸素が増えます。

活性酸素は、脂肪を酸化させ、過酸化脂質という有害物質に変えてしまいます。

過酸化脂質が増えると、肝機能が低下し、さらに悪化すると、肝炎や肝硬変などの重い症状をもたらします。

 

ニラに多く含まれるアリシンや抗酸化ビタミンには、活性酸素を除去するはたらきがあり、脂肪の酸化を防ぎます。

このため、有害な過酸化脂質の生成を抑えることができるんです。

usa

抗酸化ビタミンとは、ビタミンA(βカロテン)、ビタミンC、ビタミンEのことをいいます

ニラには、とくにβカロテンとビタミンEが多く含まれています。

③アリシンの解毒作用が、肝臓の負担を軽くする

肝臓は、体内に入り込んだ細菌やウイルス、毒物などの有害物質を解毒しています。

とても大切な作用なのですが、その分、負担の大きいお仕事なんです。

 

ニラに含まれるアリシンには、抗菌・殺菌作用があり、

肝臓が解毒している有害物質を、一緒になって解毒してくれます。

肝臓の負担を、軽減してくれるんです。

ニラの肝機能改善効果を高める!おすすめの食べ合わせ

 

usa

それでは、ニラの肝機能改善効果を高める食べ物を、紹介していきます

ぜひ、普段の食事に取り入れてみて下さい。

魚介類

肝細胞の再生には、たんぱく質が必要不可欠です。

魚介類には、必須アミノ酸を含む、良質なたんぱく質がたくさん含まれています。

なかでも、低脂肪・高たんぱく質な白身魚はおすすめです。

イカ・タコ

イカやタコには、タウリンが多く含まれています。

タウリンは、肝細胞の再生や、脂肪の分解に必要な胆汁酸の分泌を促します。

これらのはたらきにより、肝機能が高まるんです。

 

タウリンは熱に強いので、ニラと合わせて炒め物などにするのがおすすめです。

ただし、水溶性の成分なので、煮るときは、汁ごと頂けるスープなどにしましょう。

 

たこの栄養と効能

しじみ

肝臓にいい食材といえば、しじみです。

しじみに含まれるオルニチンは、肝機能を高めたり、アンモニアを解毒します。

タウリンも含まれており、肝臓を強くサポートしてくれます。

 

しじみ料理の定番といえば、お味噌汁です。

二日酔いなどで、肝臓が弱っていると感じたときは、ぜひお試しを。

 

ただし、すでに肝臓を患っている方は、注意が必要です。

詳しくは、以下の「注意」欄をご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

豚肉・レバー

疲労回復メニューでもおなじみのレバニラ炒めや豚肉炒めは、肝機能改善にも効果的です。

糖質のエネルギー代謝を促進するため、肝臓の負担も軽減してくれます。

アスパラ

アスパラに含まれるグルタチオンという成分は、肝臓に運ばれてきた有害物質を解毒するはたらきがあります。

ニラや卵と一緒に炒めるのがおすすめです。

 

アスパラの記事まとめ

ニンニク、ネギ、玉ねぎ

ニンニクやネギ、玉ねぎには、ニラと同じく、アリシンが含まれています。

ニラと一緒に食べることで、よりたくさんのアリシンパワーをもらえます。

 

にんにくの栄養と効能について

ねぎの栄養と効能

玉ねぎの記事まとめ

キャベツ

キャベツに含まれるビタミンUには、肝臓内の脂肪を代謝するはたらきがあります。

よく、焼肉屋さんでキャベツがメニューにありますが、こういった理由があるからなんです。

 

キャベツの栄養と効能

【注意】すでに肝臓を患っている方は、鉄分の摂取に注意

すでに脂肪肝や肝硬変などの診断を受けている方は、摂取に注意が必要です。

というのも、これらの病気で肝機能が大幅に低下している場合、

鉄分が体に溜まりやすくなり、肝臓に負担をかけてしまう可能性があるそうです。

肝臓病の食事療法は「高たんぱく、高カロリー食」がいいといわれていたが、現在では「栄養バランスよく適切な量を」に変化している。また、肝臓にいいといわれたシジミは鉄分が多いために、摂りすぎは肝臓病患者にはNGとなった。

引用元:【肝硬変】人間ドック受信者の4人に1人は異常あり|PRESIDENT Online

上で紹介した食べ物ですと、しじみなどの貝類は、鉄分も多く含んでいます。

担当の医師に、摂取の可否を確認しておきましょう。

肝臓は「体内の化学工場」「沈黙の臓器」

肝臓って、色々なあだ名がつけられているんです。

 

たとえば、「体内の化学工場」。

これは、肝臓が、体内のさまざまな物質に対して、500種類を超える化学処理をおこなっているからです。

とにかく、猛烈に働いています。体内の臓器のなかでも、もっとも重要な臓器のひとつです。

 

その一方で、「沈黙の臓器」とも言われます。

肝臓は、他の臓器と違い、自己再生能力が高いんです。

つまり、ちょっと調子が悪くなった程度なら、自分で回復するので、自覚症状が出にくいんです。

 

逆に言うと、ある程度症状が進まないと、自覚できないということです。

そして、自覚したときには、すでに「化学工場」が炎上している状態なんです。

倦怠感や黄疸といった症状がみられたときには、肝臓は相当ダメージを受けています。

 

このため、肝臓の異常を知るためには、定期的に検診を受けることが大切です。

また、日頃から肝臓にやさしい生活習慣をおくることが、円滑な工場運営には必要です。

まとめ

今回は、ニラが肝臓の機能改善によい理由と、効果を高める食べ合わせについて紹介しました。

肝臓は、「沈黙の臓器」です。自覚症状が出にくい分、対策が遅れがちになります。

気づいたときには一大事!ってこともあり得るんです。

 

ニラをはじめ、肝臓にやさしい食生活をおくることで、

肝臓の負担を減らしたり、機能を改善することができます。

 

肝臓の不調は、からだ全体に影響を及ぼします。

からだにやさしい生活習慣と食事を意識して、健康的に毎日を過ごしていきましょう!

 


ニラが気になるあなたへ。おすすめの記事です。

ニラの栄養と効能。におい成分アリシンのパワーがすごい!

ニラで疲労回復!効果を高める食べ合わせは?

ニラで免疫力アップ!より効果を高める食べ合わせは?

ニラの口臭を抑えるには?臭いを防ぐ食べ物と飲み物5選!

新鮮なニラを選ぶ5つのポイント&長持ちさせる保存方法

ニラをまとめて知りたいときは、こちらがおすすめ。

ニラの記事まとめ。効能や食べ合わせ、臭いの抑え方など、ニラの情報が満載です!


 

スポンサーリンク