スポンサーリンク

 

 

このページでは、玉ねぎに関する記事をまとめて紹介しています。

玉ねぎについて気になること、知りたいことがありましたら、ぜひこのページをご活用ください。

すぐ下に、もくじがあります。気になる項目をクリックすると、ジャンプすることができます。

 

玉ねぎの栄養と効能は?生活習慣病に効果的?

玉ねぎは、ビタミンやミネラルは、そこまで多くは含まれていません。

ビタミンB6やカリウムが、比較的多めに含まれている程度です。

 

でも、ビタミンやミネラルの少なさを、補って余りあるスゴイ成分があるんです。

それは、「硫化アリル」。

玉ねぎを刻むと、涙が出てきますよね?あれは、硫化アリルが粘膜を刺激するからです。

 

そんな、人「泣かせ」な成分ですが、なんと生活習慣病に効果的なんです。

詳しくは、玉ねぎの栄養と効能をまとめた記事で紹介しています。

健康診断の結果がイマイチだった方、必見です!

 

 

新鮮な玉ねぎはどう見分ける?傷んでも食べて大丈夫?

玉ねぎは、美味しいですし、からだにも良いです。

なるべくなら、もっと美味しく、もっと栄養のある玉ねぎを選びたいですよね。

 

こちらの記事では、新鮮な玉ねぎを見分ける9つのコツを紹介しています。

また、傷んだ玉ねぎについての、食べられるかどうかの基準も掲載しています。

お店に行く前に、ぜひ、良い玉ねぎ選びのコツをご確認ください。

 

 

たまねぎの辛味を素早く抜く、1番オススメの方法は?

生玉ねぎは、サラダなどによく使いますよね。

オニオンスライスのシャキシャキ感が、なんとも心地よい食感を与えてくれます。

 

ただ、ちょっとやっかいなのが「辛味」です。

玉ねぎにもよりますが、しっかり辛味を抜かないと、食べられないくらい辛いものもあります。

 

こちらの記事では、玉ねぎの辛味を素早く抜く方法4つを実際に試し、どれが1番効果があるかを実験しています。

「あのニュースで得する人損する人」という番組で紹介されていた方法も掲載しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

玉ねぎって、どう保存するといいの?

玉ねぎは、比較的長持ちする食材です。

なんとなく放置するだけでも、そこそこ日持ちします。

 

でも、玉ねぎだって、弱点があります。湿気に弱かったりとか・・・。

うまく保存してあげることで、長く栄養や美味しさを保つことが出来るんです。

 

こちらの記事では、玉ねぎの保存方法や、注意事項について紹介しています。

切った玉ねぎの保存方法や、冷蔵庫に入れる時の注意なども記載しております。

 

 

また、新鮮で美味しい玉ねぎの見分け方をまとめた記事もあります。

玉ねぎを買いに行く前に、チェックしておくと、得をするかも!?

 

 

玉ねぎを食べるとお腹が張る!?腹痛を起こす!?そんなあなたへ

玉ねぎを食べた後に、お腹が張ったり、腹痛を起こしたことはありませんか?

玉ねぎは、美容や健康によい食べ物ですが、場合によっては、ガスが溜まったり、お腹を刺激することがあります。

 

こちらの記事では、玉ねぎでお腹が張ったり、腹痛になったときの対策について紹介しています。

玉ねぎを食べていて、ちょっと気になったことがある方は、いちど確認してみてください。

 

玉ねぎの美容・健康を高める!おすすめの食べ合わせ7選

玉ねぎが美容・健康に効果的なのは、いちばん上の記事で紹介したとおりです。

そのまま食べても効果的ですが、できるなら、玉ねぎの魅力を最大限に高めたいですよね?

 

こちらの記事では、玉ねぎの美容・健康効果を高める、7つの食べ合わせを紹介しています。

玉ねぎと一緒に食べることで、アンチエイジング効果や、疲労回復効果を高めることができます。

玉ねぎを使って料理する際は、ぜひ参考にしてみてください。

 

まとめ

以上、玉ねぎに関する記事のまとめでした。

玉ねぎについて、気になることがありましたら、ぜひこのページを参考にしてみてください。

 

なお、こちらのページは、玉ねぎの記事が追加され次第、随時追加、更新していく予定です。

 

 

スポンサーリンク