スポンサーリンク

 

 

玉ねぎって、栄養あるのかな・・・」

 

ちょっと疑問に思うこと、ありませんか?

 

たとえば、緑黄色野菜のように、鮮やかな色をしていたら、

 

カロテンとか、ビタミンとか、多そうだなぁ・・・

 

と思えますが、玉ねぎって、白くて、食感もサクサクですよね。

あんまり、栄養豊富なイメージがわかないかもしれません。

 

たしかに、カロテンやビタミンなどは、多く含まれてはいないです。

ビタミンB6がちょっと多いかな、というくらいです。

 

ですが、玉ねぎのパワーの秘密は、あの辛味成分にあるんです。

そう、わたしたちを泣かせている、アレです。

なんと、生活習慣病予防にも効果的です。

 

今回は、玉ねぎの栄養と効能生活習慣病に効果的な理由などを中心に、紹介していきます。

玉ねぎのパワーを知って、健康的な生活のために役立てていきましょう。

玉ねぎの栄養・成分

 

usa

玉ねぎに含まれるおもな栄養成分は、以下の通りです。

玉ねぎの栄養成分
  • ビタミンB6
  • 葉酸
  • パントテン酸
  • ビタミンC
  • カリウム

 

これらが含まれているものの、量は多くないです。

ビタミンB6とカリウムが比較的多めなくらいです。

 

じゃあ、玉ねぎの魅力って何?

ってことになりますよね。

 

玉ねぎの最大の魅力は、硫化アリルです!

硫化アリルとは、ニンニクや玉ねぎなどに多く含まれる成分です。

玉ねぎを切っていると、涙が出てきますよね?

あれは、硫化アリルが粘膜を刺激するからなんです。

また、玉ねぎやニンニク、ニラなどの独特のにおいも、硫化アリルに由来しています。

 

次のコーナーでは、玉ねぎの効能、とくに硫化アリルを中心に、紹介していきます。

玉ねぎの効能。生活習慣病予防に効く?!

 

usa

ここでは、玉ねぎのおもな効能について紹介していきます。

とくに、硫化アリルのはたらきには注目です。

血液サラサラ効果

玉ねぎの硫化アリルには、血液が固まってしまうのを抑制し、血液をサラサラにする効果があります。

血液がサラサラになると、血流がよくなるため、肩こりや腰痛、冷え性などの改善に効果的です。

また、後述する動脈硬化予防にもなります。

コレステロール値を下げる

玉ねぎの硫化アリルには、血中コレステロール値を下げる作用があります。

メタボ対策や脂質異常症、動脈硬化の予防などにも効果的です。

 

スポンサーリンク

 

動脈硬化予防

血中コレステロールの増加などにより、血流が悪化すると大変です。

溜まったコレステロールが血管に付着すると、動脈がもろくなっていきます。

これが、動脈硬化の原因のひとつです。

 

動脈硬化の状態が長引くと、脳梗塞などを引き起こす可能性もあります。

自覚症状は少ないかもしれませんが、早期に改善することが大切です。

そこでおすすめしたいのが、玉ねぎです。

玉ねぎの硫化アリルは、上でも紹介したとおり、血液をサラサラにし、コレステロールを減らしてくれます。

動脈硬化の予防・改善にも、効果的なんです。

疲労回復

疲労回復に有効なビタミンとして有名なのが、ビタミンB1です。

ビタミンB1は、おもに糖質の代謝を促進し、エネルギーを効率よく生み出すサポートをします。

 

ただし、ビタミンB1は水溶性のビタミンということもあり、摂取しても、尿として排出されやすいんです。

せっかく摂取しても、吸収される前に排出されてしまいやすいんですね。

 

そこで登場するのが、玉ねぎの硫化アリルです。

硫化アリルは、ビタミンB1の吸収を高めると同時に、ビタミンB1と結びつくと、アリチアミンという成分になります。

このアリチアミン、体内に長時間とどまることができるんです。

つまり、排出されにくく、しっかりと体内で吸収できるため、疲労回復効果が高まるんです。

 

ビタミンB1は、豚肉に多く含まれていますので、豚肉と炒めることで、疲労回復に効果的なメニューになります。

ニンニクやニラを加えることで、さらなるスタミナフードにもなりますよ!

アンチエイジング・美肌効果

硫化アリルには、強い抗酸化作用があります。

老化やシミ・ソバカスの原因となる活性酸素を取り除いてくれるため、アンチエイジングや美肌効果が期待できます。

殺菌作用

 

硫化アリルには、強い殺菌作用があります。

このため、風邪などの予防にも効果的です。

また、お弁当などに入れると、食中毒予防に効果的です。

玉ねぎで不眠改善

玉ねぎに含まれる硫化アリルには、気持ちを落ち着かせる効果があるそうです。

不眠の解消に効果的で、寝る前にスライスした玉ねぎを枕元におくと効果的だとか。

ただし、においが強すぎると逆効果らしいので、ほんのり匂いがする程度にしましょう。

まとめ

今回は、玉ねぎの栄養や、効能について紹介しました。

ビタミン、ミネラルについては、そこまで豊富ではありません。

しかし、それを補って余りある「硫化アリル」の効能が、とても魅力的です。

とくに、生活習慣病の予防・改善に効果的で、健康診断の結果がイマイチだった方に、ぜひおすすめです。

 

玉ねぎは、どんな料理にも合いますので、ぜひ、色んなシーンで使ってみて下さい。

ただ、硫化アリルは、水や加熱に弱いので、サラダ、もしくはスープなどで、まるごと食べるのがおすすめです。

 


玉ねぎが気になるあなたへ。おすすめの記事です。

ウル得マンの玉ねぎ辛味抜きは効く?3つの時短テクと比較してみた

玉ねぎの保存方法は?冷蔵庫や冷凍保存するときはどうする?

玉ねぎでお腹が張る?腹痛になる?原因と対策をご紹介

玉ねぎの美容・健康効果を高める!おすすめの食べ合わせ7選

新鮮な玉ねぎの見分け方と、傷んでも食べられる基準について

玉ねぎをまとめて知りたいときは、こちらがおすすめ。

玉ねぎの記事まとめ


 

スポンサーリンク