スポンサーリンク

 

 

2017年4月6日放送の「あのニュースで得する人損する人」で、「ウル得マン」さんが、玉ねぎの辛味を抜く時短テクニックを披露していました。

 

「玉ねぎって、水に長くつけ置きしないと、辛味がとれないんじゃ・・・」

 

と思いながらテレビを見ていたのですが、ゲストの方々が試食したところ

「辛くない!」と大好評。

俳優の中川大志さん曰く、「辛味が後から来ない!」とか。

 

これは試してみるっきゃない!と思い、今回、さっそく実践してみました。

でも、ただウル得マンさんのテクニックを試すだけではつまらないので・・・

 

巷にあふれる、その他の玉ねぎ辛味抜きテクニック3つも同時に試しました。

そして、どれが一番、辛味が抜けるかを調査してみました!

 

今回は、その時の様子と、どれが一番よかったかの感想をまとめた記事になります。

それでは、ご覧ください!

 

今回の玉ねぎ辛味抜き調査について

今回試したのは、4つの辛味抜きテクニックです。

なお、ウル得マンさんの時短テクニックは、①です。

 

  • ①塩をかけた玉ねぎを、ふきんで包んでこすりながら水で流す
  • ②砂糖をかけた玉ねぎを、①と同じようにして水で流す
  • ③酢水に5分ほどつける
  • ④30秒ほど電子レンジでチンする

 

インターネットで調べた際、上の4つの方法が人気でしたので、今回はこれらを試します。

玉ねぎは、以下のものを使いました。

ちなみに、そもそもこの玉ねぎが辛くなかったら、意味がないので、ちゃんと確認しました。

・・・はい、バッチリ辛かったです!安心!

 

それでは、①から④まで、1つずつ試していった様子と感想を、これより紹介していきます!

①塩をかけた玉ねぎをふきんで包み、こすりながら水で流す

これは、ウル得マンさんがやっていた時短テクニックです。

なんでも、水でさらすよりも、早く辛味が抜けるのだとか。

 

以下のとおり、実施しました。とっても簡単です。

 

スライスした玉ねぎに小さじ2杯くらいの塩をかけて・・・

ふきんに包み、揉みながら水で流します。だいたい30秒~1分くらいやりました。

ふきんを広げると、こんな感じ。

水分が抜けたのか、少しだけしんなりした感じです。

そして、ドキドキの試食タイム。

パクっと口に運んでみると・・・

 



 

・・・お、辛くない!

 

中川さんが仰っていたとおり、辛味も後に残っていません。

シャキシャキ感も、ちゃんと残っています。

コレはアリだな!と、率直に思いました。

 

スポンサーリンク

 

②砂糖をかけて、揉んでみる

こちらは、塩ではなく、砂糖を使う方法。

①の塩もみと同じように、砂糖をかけて、軽くなじませます。

砂糖も、小さじ2杯くらいです。

そして、ふきんに包んで、水で揉みながら流します。

ふきんを広げてみると・・・とくに変化は無さそう。

では、試食タイム。

 



 

・・・う~ん、辛味が残ってます。

元の玉ねぎと、あまり変わっていない感じです。

ちょっと残念。

③酢水に5分ほどつける

1カップ(200cc)の水に、小さじ1杯くらいの酢を入れて、酢水をつくります。

そこに、スライスした玉ねぎを入れて、5分放置。

軽く水気を切ったあと、パクっと口に運びました。

 



 

・・・そこそこ辛味が抜けてるかな、という感じです。

後から少しピリッときますが、元の玉ねぎよりは、明らかに辛味は抜けています。

辛さでいうと

塩揉み < 酢水 < 砂糖揉み

といった感じです。

悪くはないけど、これなら塩を使うかな・・・といった感じです。

④30秒レンジでチン

こちらは、スライスしたものをお皿に広げ、レンジでチンする方法です。

ラップは使いません。時間は30秒くらい。すぐに取り出します。

さて、試しに食べてみますか・・・

 

 



 

 

・・・おぉ!全然辛くない!

今までで1番、辛味を感じませんでした。というか、まったく辛くない。

 

一番最後に実施したから、そもそも辛味が抜けちゃったのかな・・・

と思い、切ったままの元の玉ねぎを食べてみましたが、こっちは、しっかり辛いままです。

電子レンジ、やるじゃん!

 

ただ、火が通ったため、しんなりしちゃっています。

水にさらすと、シャキシャキ感は戻りますが、塩揉みのものよりは劣るかな・・・。

玉ねぎ辛味抜き調査の感想

ひととおり、4つの方法を試しました。

辛味が少ない順にならべると・・・

 

  1. 電子レンジ(④)
  2. 塩揉み(①)
  3. 酢水(③)
  4. 砂糖揉み(②)

 

でした。電子レンジ塩揉みが、抜きん出てる感じです。

 

個人的にオススメだと感じたのは・・・

塩揉み or 電子レンジ

です。やはり辛味が少なく、ラクにできましたので。

 

いちばん辛味が少なかったのは電子レンジです。

ただ、シャキシャキ感が残るのは、塩揉みです。

 

ここまでくると、好みの問題かもしれません。

徹底的に辛味を抜きたいなら、「電子レンジ」

シャキシャキ感も味わいつつ、辛味も抜きたいなら「塩揉み」

こんな風に使い分けるのが、ベストだと思います。

砂糖、酢水について

今回、砂糖と酢水については、イマイチな結果に終わってしまいました。

ただ、もっと上手く使えば、美味しく、辛味を抜けるのかもしれません。

今回は、「時短」ということもあり、つけ置きしたり、流したりする時間が短めでしたし・・・

もし、砂糖や酢水を使ったオススメの方法がありましたら、コメントで教えてくださると嬉しいです^_^

まとめ

今回は、ウル得マンさんの時短テクニックと、その他の時短テクニックを試しました。

塩揉みと、電子レンジの効果がすばらしく、ちょっと感動しちゃいました。

やっぱり、ウル得マンさんはスゴイですね!

時間のないときは、ぜひ、塩揉みや電子レンジをお試しください!

 

ちなみに、今回使ったオニオンスライスですが・・・

こんな感じで、美味しくいただいています。

かつお節と醤油でいただいたり、シンプルにポン酢のみでいただいたり・・・

ちょっと量が多い(1玉分)ですが、とっても美味しいです^_^

 


玉ねぎが気になるあなたへ。おすすめの記事です。

玉ねぎの保存方法は?冷蔵庫や冷凍保存するときはどうする?

玉ねぎでお腹が張る?腹痛になる?原因と対策をご紹介

玉ねぎの美容・健康効果を高める!おすすめの食べ合わせ7選

玉ねぎの栄養と効能は?生活習慣病に効果的ってホント?

新鮮な玉ねぎの見分け方と、傷んでも食べられる基準について

玉ねぎをまとめて知りたいときは、こちらがおすすめ。

玉ねぎの記事まとめ


 

スポンサーリンク