「長芋と山芋って、何が違うの?」

「長芋と山芋の栄養の違いが知りたい!」

今回は、そのような疑問に答える記事となっています。


突然ですが、「長芋」と「山芋」の違いって、わかりますか?

 

「簡単じゃん!長いのが長芋で、丸っこいのが山芋だよ!」

 



 

・・・私は、そう思っていました。きっと、アナタもそう思ったはず。多分。。

ですが、あるとき「山芋」で画像検索をかけたところ・・・

 

 

あれ?これって長芋じゃないの??

という画像が、たくさんヒットしました。

 

「山芋を扱っている記事に、たまたま長芋も紹介されていて、それが画像表示されたのかも・・・」

と思い、ひとつずつクリックして中身を見たところ、多くのサイトで「山芋」として紹介しています。

 

「もしかして、今までの自分の認識が間違っていた・・・?」

「長芋は、山芋で、山芋は・・・山芋・・・??」

 

なんだか、少し不安になったので、今回は、長芋と山芋の違いについて調べました。

最後に、栄養と効能の違いについても触れていますので、少しでも参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

 

長芋と山芋って違いは?

山芋は、正式には「やまのいも」といいます。

この「やまのいも(山芋)」を理解することで、長芋との違いがわかりやすくなります。

 

まず、大きなカテゴリーとして、「やまのいも類」があります。

やまのいも類に含まれるのは、おもに以下の3つです。

 

やまのいも類

  • ①じねんじょ
  • ②だいじょ
  • ③やまいも

 

①じねんじょ(自然薯)は、日本の山などに古くから自生している、日本原産のイモです。

②だいじょは、ヤムイモの一種で、東南アジアなどで食べられています。日本では、あまり馴染みのないイモです。

③やまいもは、中国原産のイモです。英語でも「Chinese yam」と呼ばれています。

 

さて、ココからがポイントです。

じつは、③の「やまいも」にも3種類あります。

やまといも、いちょういも、そして、形が長いものを、「ながいも」と呼んでいます。

ながいもは、生産量も多く、スーパーなどでよく見るため、ひろく一般的に定着しています。

 

やまのいも類

  • ①じねんじょ
  • ②だいじょ
  • やまいも(ながいも、やまといも、いちょういも)

 

上のようなイメージでしょうか。

つまり、一般的に「長芋」と呼んでいるイモは、分類上は「やまのいも類のやまいも」でもあります。

逆に、「山芋」と呼んだ場合でも、それが③の「やまいも」で、かつ、長い形をしていたら、「ながいも」とも呼べるわけです。

 

じつは、食品成分表にも・・・

 

【やまいも】(別名:ながいも)
【ながいも】(別名:やまいも)

 

と、書いてあるくらいです・・・。ややこしい。

 

kuma

なんだか、ただの言葉遊びに見えるんですが・・・

usa

・・・はい。否定はしません。しかも、イモの呼び方は地域によっても異なるので、あまり細かな分類や定義を意識する必要はないと思います。

大切なのは、相手にちゃんと伝わるかどうかだと思います。

友だちに、「山芋買ってきて」とお願いしたら、長くて太いイモ(長芋)を買ってきた・・・

なんてことも、あり得るかもしれません。

念のため、どんな形のイモが欲しいかを、伝えたほうが無難かもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

長芋と山芋、栄養と効能に違いは?

※ここでは、やまいも=じねんじょ(自然薯)として扱います。

では、長芋と山芋、栄養に違いはあるのでしょうか?

食品成分表をみたところ、違いが目立っていたのは、以下の項目です。

 

可食部100gあたりの含有量

カロリー
(kcal)
炭水化物
(g)
カリウム
(mg)
葉酸
(µg)
ビタミンC
(mg)
ながいも 65 13.9 430 8 6
じねんじょ 121 26.7 550 29 15

 

山芋(じねんじょ)のほうが、カロリーや炭水化物が高くなっています。

これは、ムチンという成分が、山芋に多く含まれているためです。

 

ムチンとは、山芋・長芋や、オクラ、なめこなどに含まれるネバネバ成分です。

たんぱく質と糖質が結合した成分で、以下のような効果・効能があります。

 

ムチンの効果・効能
  • 免疫力を高める
  • 胃炎・胃潰瘍の改善
  • ドライアイの改善
  • 疲労回復

 

山芋のほうが、ムチンを多く含むため、これらの効能が、より期待できます。

その他にも、カリウムや葉酸、ビタミンC、マグネシウムなどが、山芋は多くなっています。

とくに、カリウムの含有量は野菜・いも類のなかでもトップクラスです。

栄養の豊富さでいえば、山芋に軍配が上がりそうです。

粘りが違う?

上で述べたとおり、山芋のほうが、ネバネバ成分のムチンを多く含んでいます。

そのため、山芋のほうが、長芋よりも粘りが強くなります。

とろろにして食べる場合は、山芋のほうが適しています。

一方で、短冊切りにして食感を味わいたい場合は、長芋が最適です。

目的に合わせて、山芋と長芋を使い分けていきましょう。

まとめ

今回は、長芋と山芋の違いについて、紹介しました。

分類上の定義と、一般的に浸透している呼び名がマッチしないこともあり、なんだかややこしいですね。

個人的には、どんな呼び名であろうと、相手に意味が伝わればそれでいいと思っています。

 

ただ、山芋(自然薯)と、長芋とで、ムチンの量や、その他の栄養成分の量が異なります。

大きな違いではないですが、料理の際に、ちょっと役に立つかもしれません。

 

ムチンには、疲労回復や胃腸の保護など、からだによい効果がたくさんあります。

からだにやさしい長芋・山芋を食べて、健康的に毎日を過ごしていきましょう!

 


山芋が紹介されています!野菜で栄養を摂りたい方におすすめの記事です。

カリウムの多い野菜ランキングTOP10

マグネシウムの多い野菜ランキングTOP10


 

スポンサーリンク