「たけのこに多く含まれる栄養が知りたい!」

「たけのこを食べると、どんないいことがあるの?」

今回の記事では、このような疑問に答えていきます。


春の食材といえば、たけのこです。

歯ごたえのある食感、独特の風味・・・もっとも美味しい季節に、ぜひ食べたいですよね。

 

でも、たけのこの栄養や効能について、ちゃんと知っている方は少ないのではないでしょうか?

なんとなく旬だし、美味しいからという理由で、食卓に並ぶことが多いハズ。

 

もちろん、それでOKです!

・・・が、たけのこの栄養や効能を知っておくことで、もっと効果的にたけのこを使えるようになると思うんです。

 

そこで、今回はたけのこの栄養と効能を中心にご紹介していきます!

とくに、チロシンという成分は、知っておいて損はないはずです。

 

なお、記事中の成分含有量は、文部科学省ホームページ掲載の日本食品標準成分表より引用しています。

 

スポンサーリンク

 

たけのこの栄養・成分

 

kuma

正直なところ、たけのこって、栄養のあるイメージが無いんだけど・・・

usa

確かに、成分を見ると、緑黄色野菜のように「栄養満点!」ってわけではないですね

ただ、食物繊維やカリウムに関しては、比較的多く含まれています。

そして、注目したいのが、チロシンが多く含まれていることです。

kuma

チロシン?聞いたこと無いなぁ・・・

usa

これから、たけのこに多く含まれる栄養・成分を見ていきますので、そのときに確認していきましょう!


たけのこには、おもに以下の栄養が含まれています。

  • カリウム 
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • ナイアシン
  • 葉酸
  • 食物繊維
  • アスパラギン酸
  • グルタミン酸
  • チロシン

ただし、そこまで多くの量が含まれているわけではありません。

比較的多いのが、カリウムや食物繊維、チロシンなどです。

これらの成分を中心に、ご紹介していきます。

食物繊維

食物繊維といえば、ごぼうやキャベツを想像するかもしれませんが、たけのこにも多くの食物繊維が含まれています。

可食部(実際に食べられる部分)100gあたりだと、にんじんより多いくらいです。

 

可食部100gあたりの食物繊維総量(g)

食品名 含有量(g)
キャベツ(結球葉 生) 1.8
にんじん (根、皮むき、生) 2.4
たけのこ (若茎、生) 2.8
ごぼう (根、生) 5.7

 

食物繊維には、「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類があります。

たけのこなど、野菜に多いのは「不溶性食物繊維」のほうです。

 

不溶性食物繊維は、その名の通り、水に溶けない食物繊維です。

胃や腸にそのまま届くと、水分を吸収して膨らみます。

 

この膨らみによって、腸が刺激されると、便通が促されるんです。

よく、「便秘には食物繊維!」といわれますが、こういった理由があるからなんです。

また、食物繊維が、胃や腸で膨らむことで、満腹感を得やすくなります。

さらに、たけのこのカロリーは可食部100gあたり26kalと低いので、ダイエット中の食べ物としてもおすすめです。

 

なお、ちらっと話題に出した「水溶性食物繊維」ですが、こちらは海藻類や果物に多く含まれる食物繊維です。

たとえば、海藻類の独特のヌメリの正体は、水溶性食物繊維のアルギン酸です。

生活習慣病予防などにも効果的ですので、ぜひ摂取しましょう。

海藻の食物繊維については、以下の記事で紹介しています。

 

 

スポンサーリンク

 

カリウム

たけのこには、可食部(実際に食べられる部分)100gあたり520mgのカリウムが含まれています。

これは、野菜類のなかでも、比較的多いほうで、ニラや小松菜など、栄養価の高い野菜と肩を並べています。

 

可食部100gあたりのカリウム含有量(mg)

食品名 含有量(mg)
たけのこ (若茎、生) 520
ニラ (葉、生) 510
小松菜 (葉、生) 500

 

カリウムには、高血圧を予防・改善するはたらきがあります。

カリウムは、ナトリウムと協力して、細胞内の浸透圧を一定に保っています。

たとえば、細胞内のナトリウム(塩分)濃度が高まると、余分なナトリウムの排出を促します。

このため、塩分の取りすぎが原因で起こる、高血圧の予防・改善が期待できるんです。

 

また、ナトリウムの排出の際は、尿として、余分な水分と一緒に排出されます。

このため、むくみの改善にも効果的です。

なお、カリウムは果物にも多く含まれています。

こちらの記事で詳しく紹介していますので、気になる方はぜひご覧ください。

 

チロシン

チロシンとは、たけのこに含まれるアミノ酸の一種です。

たけのこを切ったときに、白い粉が出てくるかと思いますが、あれがチロシンです。

ちょっと聞き慣れない名前ですが、なんと、ストレスを減らしたり、やる気を高める効果があるんです。

 

ドーパミン」や、「ノルアドレナリン」って、よく聞きますよね?

これらの成分は、やる気や意欲、集中力を高めたり、ストレスに強くさせる作用があります。

 

じつは、チロシンは、ドーパミンやノルアドレナリンの材料となる物質なんです。

しっかりとチロシンを摂ることで、ドーパミンやノルアドレナリンなどが充分につくられ、作用を高めることができます。

つまり、「やる気」や「抗ストレス」といった、メンタルによい作用が高まるのです。

チロシンが多く含まれる食品は以下のとおりです。

野菜類だと、豆類に多く含まれます。

 

野菜類 大豆、そら豆、枝豆、落花生
魚介類 にしん、かずのこ、さば、いわし
卵類 鶏卵

 

まとめ

今回は、たけのこの栄養と効能を中心にご紹介しました。

食物繊維とカリウムが多く、低カロリーなのでダイエットにもおすすめです。

また、チロシンは、やる気や意欲を高めたり、ストレスに強くする作用があります。

これらの効能を意識しながら、春の美味しいシーズンに、たけのこをたっぷり味わいたいですね。


たけのこが気になるあなたへ。おすすめの記事です。

たけのこのえぐみのとり方&えぐみをごまかす調理法とは?

たけのこのチロシンが脳を活性化!たけのこご飯のススメ

新鮮なたけのこを見分ける9つのポイント

たけのこと相性の良い食べ物8つ!効果を高める食べ合わせ

たけのこを、まとめて知りたいあたなはコチラです。

たけのこの記事まとめ


 

スポンサーリンク