「バーベキューは楽しみたいけど、カロリーや脂肪が気になる・・・」

「もっとヘルシーにバーベキューを楽しみたい!」

そんな方向けの記事となっております。


野外レジャーといえば、バーベキューですよね!

ご家族やお友達と、お肉をジュージュー焼きながら、ワイワイ盛り上がる・・・最高のひとときです。

 

ただ、たくさんのお肉を目の前にしたときに・・・

「カロリー・・・脂肪・・・コレステロール・・・糖質・・・」

こんなワードが頭をよぎりませんか?

 

「こんなに食べて大丈夫かしら・・・」

「ダイエット中だから、控えたほうがいいのかな・・・」

どうしても、気になるところです。

 

でも、ちょっとした工夫や、食べ合わせによって、バーベキューをヘルシーにすることができるんです!

今回は、バーベキューをヘルシーに楽しむコツについてご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

 

食べ合わせで、バーベキューをヘルシーに!

 

usa

まず、ポイントとなるのは「食べ合わせ」です

お肉に合う、オススメの食材を紹介していきます。

kuma

「食べ合わせ」を意識すると、どんないいことがあるの

usa

食材の組み合わせによって、代謝や脂肪の燃焼が促進されたりするんです。

つまり、太りにくくヘルシーなバーベキューに近づくんです!

ネギ

ネギには、アリシンという成分が含まれています。

ネギやニンニクって、独特のにおいがしますよね。あのにおい成分が、アリシンです。

 

アリシンには、こんなはたらきがあります。

  • お肉のビタミンB1と結びつき、糖質の代謝を促進
  • 血糖値・コレステロールの上昇を抑える
  • 抗菌・殺菌作用

 

気になる糖質・コレステロールなどを燃焼しやすくしてくれます。

また、抗菌・殺菌作用があるので、衛生面でも安心です。

キムチ

焼肉屋さんでも、キムチは定番メニューとして人気ですよね。注文する方も多いはず。

 

じつは、キムチを採用しているのには、理由があるんです。

ポイントは、キムチに含まれる「カプサイシン」と「乳酸菌」。

 

カプサイシンは、唐辛子に含まれる辛味成分で、脂肪の燃焼を促進します。

乳酸菌は、腸内をキレイにしてくれます。その結果、腸内の細胞が活動しやすくなり、代謝が高まります。

お肉に飽きたときの「箸休め」として、手軽につまめるのも、メリットのひとつです。

 

枝豆

バーベキューといえば、お酒です。お酒といえば、枝豆です!

枝豆に含まれるメチオニンというたんぱく質は、ビタミンB1やビタミンCと一緒に、アルコールの分解を促してくれます

お肉とお酒の合間に、枝豆をちょっとつまんでみるのもいいですね。

 

きのこ

きのこは、低カロリーで食物繊維がたっぷり含まれています。

食物繊維も、乳酸菌と同じく腸内をキレイにしてくれるので、代謝も高まります。

 

食べごたえがあり、満腹感も得られやすいので、お肉の食べ過ぎを防ぐこともできます。

シイタケやエリンギは、手軽にそのまま焼けちゃうのでおすすめです。

 

以下の記事では、さまざまなきのこの栄養・効能をまとめています。

海藻

海藻類に多く含まれる食物繊維の一種アルギン酸には、高血圧を予防したり、コレステロール値を下げる効果があります。

また、余分な塩分の排出を促すカリウムも多いので、味の濃いものを食べすぎたと感じたら、ぜひ食べてみましょう。

 

海藻サラダなどにして、タッパーに詰めて持参するのがおすすめです。

usa

野菜などを持参する際には、クーラーボックスを使いましょう

温かいシーズンだったり、場所が遠方の場合は、食材が傷んでしまいます。

ウーロン茶

バーベキューといえば、やっぱりお酒です。ビール片手にワイワイやりたいですよね。

でも、ご存知のとおり、お酒は糖質が多く、ちょっと気になります。

そんなときは、ウーロン茶がおすすめです。

 

ウーロン茶に含まれるポリフェノールには、脂肪を燃焼させる作用や、脂肪の吸収を抑制する作用があります。

油っこくなりがちなバーベキューには、ぜひおすすめしたい飲み物です。

 

スポンサーリンク

 

食べる順番で、バーベキューをヘルシーに!

 

kuma

よーし火がついたぞ!まずは肉だ!ジャンジャン焼こう!

usa

・・・と、いきたいところですが、ヘルシーにしたい場合は、野菜などから食べるのがオススメです

kuma

え!そうなの?順番がちがうだけじゃん。影響あるの?

usa

ちゃんとした理由があるんです。これから、紹介していきますね。


食べ合わせのところでも紹介したように、野菜やきのこには食物繊維が含まれています。

食物繊維には、血糖値の急な上昇を防ぐ効果があります。コレがとても重要なんです。

 

血糖値が急に増えると、インスリンというホルモンが多く分泌されます。

インスリンは、糖を活動エネルギーに変えるはたらきをしますが、同時に、余った糖を脂肪に変えて、蓄えようとします

このため、血糖値が急に増えると、インスリンによって多くの糖が脂肪になり、体脂肪が増えてしまうんです。

 

野菜やきのこに含まれる食物繊維は、血糖値の急な上昇をおさえるので、インスリンの分泌もゆるやかになります。したがって、脂肪もつきにくくなるんです。

 

ほかにも、野菜を先に食べるメリットがあります。それは、満腹感です。

食物繊維は、腹持ちもよく、満腹感を感じやすいので、先に野菜を食べることで、お肉の食べ過ぎを防ぐことができます。

食材選びで、バーベキューをヘルシーに

 

usa

食べ合わせや順番も大切ですが、食材などのカロリーを抑えることで、さらにバーベキューはヘルシーになります

ここでは、ちょっとしたポイントを、いくつか紹介していきますね。

低カロリーなお肉で、ヘルシーに

お肉の種類や、部位によって、かなりカロリーが変わってきます。

まずは、以下の表をご覧ください。

 

可食部100gあたりのカロリー(kcal)

牛カルビ 517 kcal
牛リブロース 脂身つき 573 kcal
牛ヒレ 赤肉 223 kcal
牛もも 赤肉 193 kcal
鶏 もも 皮なし 161 kcal

文部科学省ホームページ掲載の日本食品標準成分表より引用

 

カルビやリブロースは、脂身を含む分、カロリーが高めです。

一方、鶏肉や、赤身の肉は、低カロリーの傾向があります。

ヘルシーなバーベキューにしたい場合は、鶏肉・赤身肉を意識するといいでしょう。

 

お肉のタレをヘルシーに

市販の焼肉のタレは、美味しいですが、その分、カロリーや糖質、脂質などが多くなる傾向にあります。

味付けを、塩コショウにしたり、しょうゆなどに変えると、ヘルシーになります。

食材本来の味を楽しむ、という意味でも、味付けを控えめにするのはおすすめです。

しっかり焼いて、ヘルシーに

お肉をしっかりと焼くことで、余分な油を落とすことができます。

「レア気味のほうが、旨味があって好き」

という方もいらっしゃると思いますが、ヘルシーにしたい場合は、しっかり焼きましょう。

 

ヘルシーなバーベキューを楽しむために・・・

ここまで、ヘルシーなバーベキューにするためのポイントを紹介してきましたが、さいごに大切なことをお伝えしたいと思います。

バーベキューはみんなで楽しむのが一番です。

食べ合わせや、順番などを気にするあまり、自分勝手な行動をしてしまうとマズいです。

 

参加するメンバーや、その場の雰囲気をうまく読みながら、楽しんでくださいね!

(一方で、野菜やウーロン茶などを優先したいときは、「実はダイエット中で・・・」みたいに話を切り出すと、そこから会話が広がっていくかも?しれないです。)

まとめ

今回は、バーベキューをヘルシーにするための食べ合わせやポイントを紹介しました。

野菜をうまく組み合わせることで、代謝や脂肪の燃焼を高めることができます。

また、カロリーの少ないお肉や、タレを選ぶことも大切です。

少しの工夫で出来ることばかりですので、ぜひ、今度のバーベキューで試してみてください!

 


この記事で紹介した食材について、もっと知りたい方は、以下のリンクが参考になります。

ねぎの栄養と効能

にんにくの栄養と効能について

キムチの栄養と効能。花粉症にも効く!

枝豆のカロリーと秘められた栄養・効能について

きのこの栄養と効能 記事まとめ

海藻の栄養成分ランキング記事まとめ


 

スポンサーリンク