ofuro-do_food-0086-1

カルシウムは、骨や歯をつくる成分で、健康なからだづくりには欠かせません。

子どもの骨の成長や、大人の骨粗しょう症予防などのために、日頃からカルシウムを摂っておくことが大切です。

 

数ある食べ物のなかでも、魚介類には豊富なカルシウムが含まれていますので、日々の食卓に、ぜひお魚は加えたいところです。

今回はさらに、お魚のなかでもカルシウムを多く含むものをご紹介していきたいと思います。

 

ランキング集計基準について

  • 今回のランキング対象は、「魚類」のみになります。
  • 加工品(干物、佃煮など)や、魚卵(イクラなど)、内臓(肝など)は、除外しています。
  • 記事中の表の数値は、可食部100gあたりのカルシウム含有量(mg)になります。
  • 部位や加工方法が異なる関係で、食品名が複数ある魚については、カルシウム量が多い食品名のみをランキングの基準値としています。
  • 数値に関しては、以下、文部科学省ホームページの食品標準成分表を参考にしています。
    日本食品標準成分表

 

それでは、ランキングスタートです!

 

スポンサーリンク

 

10位

10位は、「うなぎ」です。

422132

土用の丑の日でおなじみですね。

ビタミン、ミネラルが豊富で、疲労回復に効果的です。

また、コラーゲンも含まれていますので、美容にも効果的です。

 

うなぎ かば焼 150
うなぎ 白焼き 140

 

9位

9位は、「このしろ」です。

出世魚としても知られています。

寿司ネタにある「コハダ」が成長すると、

コノシロと呼ばれるようになります。

(シンコ⇒コハダ⇒ナカズミ⇒コノシロ)

 

カルシウムやカリウム、ビタミンD、Eなどが豊富です。

 

このしろ 生 190

 

8位

8位は、「ししゃも」です。

1821421

日本で「ししゃも」と呼ばれるものには

大きく分けて2通りあります。

「からふとししゃも」と「ししゃも」です。

 

からふとししゃもは、輸入品です。

カナダやノルウェーなどから輸入しています。

食卓に並ぶことが多いのは、こちらです。

 

一方、ししゃもは、北海道産のものが多いです。

漁獲量が少なく、高級品になっています。

 

たんぱく質やビタミンB12、セレンなどが豊富です。

 

からふとししゃも 生干し 焼き 380
ししゃも 生干し 焼き 360
からふとししゃも 生干し 生 350
ししゃも 生干し 生 330

 

7位

7位は、「わかさぎ」です。

221943

骨ごと食べられるということもあり、カルシウム含有量が多くなっています。

個人的には、わかさぎの天ぷらや唐揚げも大好きです。

たんぱく質や鉄分、ビタミンEなどが豊富です。

 

わかさぎ 生 450

 

6位

6位にランクインしたのは、「あゆ」です。

1982945

塩焼きにすると美味しいですよね。

お祭りの屋台で見かけることも多く、

香りに誘われてついつい買ってしまいます。

 

天然モノのほうが、わずかですが

養殖モノよりもカルシウム含有量が多いです。

 

ちなみに、ビタミンA(レチノール)含有量ですと、

養殖モノのほうが含有量が多くなっています。

あゆ 天然 焼き 480
あゆ 養殖 焼き 450
あゆ 天然 生 270

 

スポンサーリンク

 

5位

5位は、「いかなご」です。

地域や大きさによって呼び方に違いがあり、

稚魚のことを東日本ではコウナゴ(小女子)、

西日本ではシンコ(新子)と呼ぶそうです。

 

いかなごといえば、いかなごのくぎ煮を思い出します。

あの甘じょっぱさが、ご飯によく合いますよね。

 

いかなご 生 500

 

4位

4位には、「かじか」がランクインです。

かじかは、比較的小さな魚です。

地域によっては「ゴリ」や「ドンコ」などと呼ばれています。

石川県金沢の郷土料理「ゴリの佃煮」は有名ですね。

 

なお、無理やり事をすすめるという意味の

「ゴリ押し」は、このゴリ漁が由来となっているそうです。

 

かじか 水煮 630
かじか 生 520

 

3位

3位にランクインしたのは、「ほんもろこ」です。

もともとは滋賀県琵琶湖の固有種でした。

現在ではさまざまな地域に移植されているそうです。

 

かつては琵琶湖でもたくさん獲れたそうですが、

近年では漁獲量が減少してしまい、

高級食材のひとつになってしまったそうです。

 

ほんもろこ 生 850

 

2位

2位は、「まあじ」です。

3457253

一般的に「アジ」といえば、このマアジを指します。

旨味成分たっぷりで、美味です。

 

骨ごと食べられる唐揚げが、

やはりカルシウム含有量が多いですね。

カリウムも豊富です。

アジの栄養と効能

 

まあじ 小型 骨付き から揚げ 900
まあじ 小型 骨付き 生 780

 

1位

1位は、「どじょう」です。

food_dojounabe

古来より、滋養強壮食材として重宝されてきました。

やはり、栄養満点です。

 

カルシウム以外でも、鉄分やビタミンDなどは、

魚類トップクラスの含有量を誇ります。

 

また、どじょうのヌメヌメにはコンドロイチン硫酸という

お肌によい成分が含まれています。

栄養だけではなく、美容にも効果的なお魚です。

 

どじょう 水煮 1200
どじょう 生 1100

 

参考:すべての魚介類を含めたTOP10

今まで、魚類などに絞ったランキングをご紹介してきましたが、

ご参考までに、すべての魚介類を含めたTOP10を

これよりご紹介していきます。

 

可食部100gあたりのカルシウム含有量(mg)

(えび類) 加工品 干しえび    7100
(かに類) 加工品 がん漬  4000
かたくちいわし 田作り 2500
かたくちいわし 煮干し 2200
さくらえび 素干し 2000
(えび類) 加工品 つくだ煮 1800
(えび類) さくらえび 煮干し 1500
きびなご 調味干し 1400
たにし 生  1300
どじょう 水煮 1200

 

全体的に、加工品が目立ちます。えび・かに類も多いですね。

まるごと食べられるので、カルシウム量が多いですね。

 

なお、「きびなご」は、ニシン科に属する魚で、ニシンの仲間です。

西日本、とくに九州ではおなじみの魚で、鹿児島の郷土料理として有名です。

 

まとめ

以上、カルシウムの多い魚ランキングTOP10でした。

骨ごと食べられる魚が、高ランクに位置していましたね。

カルシウムを摂りたい場合は、骨ごと食べられるものがおすすめです。

 

お魚には、カルシウムだけではなく、カルシウムの吸収を高めるビタミンDも豊富です。

骨を強くしたいなら、やはりお魚、とくに骨ごと食べられる小魚がおすすめですね。

 


カルシウムをとりたいなら、こちらもおすすめです。

カルシウムの多い野菜ランキングTOP10

カルシウムの多い乳製品ランキング

カルシウムの多い海藻ランキング

ほかの成分が気になる方は、こちらがおすすめです。

野菜の栄養成分ランキングTOP10 記事まとめ

魚の栄養成分ランキングTOP10 記事まとめ

海藻の栄養成分ランキング記事まとめ


 

スポンサーリンク