スポンサーリンク

 

「ヒラメ(鮃)の栄養と、期待できる効能を知りたい!」

「えんがわの脂質や糖質は?食べると太る?」

そんな疑問に答える記事となっています。

 

ヒラメといえば、平べったい形が特徴的ですよね。

漢字で書くと、「魚へん」に「平」と書いて、鮃(ヒラメ)です。

そのまんまですね。

 

そして、ヒラメといえば、えんがわです。

お寿司のネタでおなじみですよね。

噛めば噛むほど、旨味がにじみ出てくるので、私は大好きです。

 

今回は、ヒラメの栄養と効能や、えんがわの脂質や糖質について紹介していきます。

たんぱく質やコラーゲンなど、美容によい成分が多く含まれていますよ♪

 

ヒラメの栄養成分は?

 

ヒラメに含まれる栄養・成分について、代表的なものをご紹介していきます。

【ヒラメの栄養成分】良質なたんぱく質

ヒラメには良質なたんぱく質がたくさん含まれています。

たんぱく質は、わたしたちの皮膚や髪の毛、筋肉など、からだをつくる原料となります。

ヒラメを含め、魚介類のたんぱく質は、これらを合成しやすいつくりになっています。

【ヒラメの栄養成分】ビタミンB群

ヒラメには、ビタミンB群が多く含まれています。

ビタミンB2は、糖質・脂質・たんぱく質の代謝をサポートしています。

また、ビタミンB6は、赤血球のヘモグロビンを合成する際に必要な成分です。

【ヒラメの栄養成分】ビタミンD

ヒラメにはビタミンDが豊富に含まれています。

ビタミンDは、カルシウムの吸収率を高めたり、カルシウムが骨に沈着するのをサポートします。

じょうぶな骨づくりには欠かせないビタミンです。

【ヒラメの栄養成分】セレン

セレンは、ヒラメなどの魚介類や、海藻類、肉類などに多く含まれています。

強い抗酸化作用をもつ酵素の成分で、活性酸素の除去やビタミンCの再生サポート、甲状腺ホルモンの代謝などに関与しています。

【ヒラメの栄養成分】ナイアシン

ヒラメにはナイアシンが多く含まれています。

ナイアシンはビタミンB群の一種で、たんぱく質・糖質・脂質のエネルギー代謝や、アルコール分解などを促進するはたらきがあります。

【ヒラメの栄養成分】タウリン

タウリンは、魚介類に多く含まれています。

血糖値を下げるはたらきや、血中コレステロール値を下げるはたらきがあります。

 

また、肝細胞の再生に関与し、肝機能を強化するはたらきもあります。

肝臓の負担が減ることで、疲労回復効果も期待できます。

【ヒラメの栄養成分】コラーゲン

ヒラメのえんがわには、コラーゲンがたっぷり含まれています。

コラーゲンは、わたしたちの体のさまざまな部分に存在しており、臓器などの形を保つために必要な成分です。

お肌のハリを保つ効果はよく知られていますが、その他にも、眼精疲労の改善などの効果も期待できます。

ヒラメに期待できる効能は?

 

スポンサーリンク

 

これより、ヒラメに期待できる効能について紹介していきます。

美容にうれしい効果がたっぷりですよ♪

動脈硬化の予防

ヒラメに含まれるタウリンやビタミンEには、血中コレステロール値を下げるはたらきがあります。

動脈硬化や、脳梗塞・心筋梗塞などの予防効果が期待できます。

美肌効果

ヒラメのえんがわには、コラーゲンが豊富に含まれています。

ハリのあるお肌をキープするのに効果的です。

老化防止

カレイに含まれるビタミンEには抗酸化作用があり、老化の原因となる細胞の酸化を防ぐ働きがあります。

シワやたるみの予防などに効果が期待できます。

骨粗しょう症の予防

カレイに豊富に含まれるビタミンDには、カルシウムの吸収を高めたり、骨への沈着を促進するはたらきがあります。

カルシウムを含む食品と一緒に食べることで、骨粗しょう症の予防効果が期待できます。

お寿司の「えんがわ」はヒラメ?

 

みなさんは、寿司ネタ「えんがわ」の正体をご存知でしょうか?

綺麗な白色で、噛めば噛むほど味が出てくる、あの「えんがわ」です。

 

正解は・・・そうです、ヒラメです。

ヒレをを動かす筋肉のことを「えんがわ」というそうで、寿司ネタで「えんがわ」といえば、本来はヒラメをさすそうです。

 

ところが、ヒラメのえんがわは、ごくわずかしかとれず、高級品となっています。

このため、回転寿司やスーパーなどで安く売られている「えんがわ」については、カレイやオヒョウなどといった魚が使われることが多いそうです。

えんがわは太る?気になる脂質や糖質・カロリーは?

 

お寿司のえんがわって、意外と脂がのっていますよね。

カロリーや脂質、糖質は、どれくらいなのでしょうか?

 

お寿司1貫あたりの量を、代表的な寿司ネタと比較してみました。

 

名前カロリー(kcal)脂質(g)糖質(g)
えんがわ794.45.9
まぐろ460.35.9
サーモン811.112.3
ほたて410.16.4
はまち581.95.9
大とろ794.25.9

eatsmart様のデータを引用しています。

 

上の寿司ネタのなかですと、えんがわは脂質が多いですね。

とはいえ、食品全体でみると、そこまで脂質が多いわけではありません。

お寿司って、そもそも低脂質なものが多いですものね。

 

一方で、糖質は少ないです。というより、ゼロに近いです。

上の表の糖質は、ほとんどがシャリ(ごはん)のものです。

カロリーも、そこまで多くはありませんね。

 

なので、えんがわが原因で太る、ということは起きにくいかと思います。

ただし、当然ですが、食べ過ぎには注意です。

ヒラメとカレイ、どこが違う?

a01_030

 

ヒラメと同じく、平たいフォルムが特徴的な魚がいますよね。

そう、カレイです。

 

突然ですが、ヒラメとカレイ、区別、つきますか?

ちゃんと見分けることが出来る方は、意外と少ないと思います。

 

じつは、簡単に見分けることができる、有名な方法があります。

「左ヒラメに右カレイ」

こう覚えると、わかりやすいです。

目のある方を手前にして置いたとき、左を向くのがヒラメで、右を向くのがカレイです。

 

ただし、地域によっては、この見分け方が通用しないケースがあるそうです。

たとえば、アメリカでとれるヒラメの半分は、反対側に目が寄っているそうです。

同じヒラメでも、地域によって異なるのは面白いですね。

まとめ

今回は、ヒラメの栄養と効能を中心にご紹介しました。

えんがわの部分はコラーゲンたっぷりで、美容効果が期待できます。

その他にも、タウリンや各種ビタミンを豊富に含んでおり、疲労回復や動脈硬化の予防など、さまざまな効能が期待できます。

 

魚に含まれるEPA・DHAは、サプリメントでも補給できます。

EPA・DHAたっぷりのさかな暮らしがおすすめです♪

販売サイトはこちらです↓

さかな暮らし

 

 

スポンサーリンク