ofuro-do_food-0022-1

なめこといえば、独特のヌメヌメですよね。お吸い物やなめたけにして食べることが多いですが、たまに箸から滑り落ちて、食べるのに苦戦することも・・・。

でも、このヌメヌメには、他のきのこには無い、体によい成分がたくさんつまっています。

もちろん、きのこ類の特徴である、食物繊維なども豊富です。

今回は、なめこについて、栄養と効能を中心に紹介します。

 

スポンサーリンク

 

なめこの歴史

なめこは日本が原産地です。日本以外だと、台湾や中国などでも見られるそうです。

原木栽培が始まる大正時代以前は、ブナなどに自生した天然のなめこを食用としていました。

第二次世界大戦後に菌床栽培の技術が確立すると、栽培物のなめこが販売の主流となりました。

1034982

usa

なめこを食用としているのは、日本だけなんです!

 

なめこの栄養と効能

なめこには、他のきのこには見られないヌメヌメ成分のムチンなど、多くの栄養・効能があります。

ムチン

ムチンは、タンパク質と糖類が結合することによってできる成分です。なめこのヌメヌメのもととなる成分です。なめこ以外ですと、オクラなどにも含まれています。

⇒ オクラの記事まとめ。栄養や効能、食べ合わせや保存方法など、オクラ情報盛りだくさんです。

ムチンは、目の表面や、呼吸器・胃などの表面の粘膜に含まれており、高い保水力でこれらを保護しています。

また、肝臓や腎臓の機能を高めるため、栄養素の代謝や有害物質の解毒作用などの効果が高まります。

ムチンを摂取することで、粘膜の機能が整い、以下の効能が期待できます。

  • 胃炎・胃潰瘍予防
  • ドライアイの予防
  • 風邪などのウイルスの侵入防止
  • 肝機能・腎機能の正常化
  • 二日酔いの予防

kafun_sukkiri_woman

また、ムチンには、タンパク質の分解・吸収を助ける効果もあります。摂取したタンパク質を、効率よくエネルギーにしてくれます。

タンパク質は皮膚や髪など、わたしたちの体をつくる成分で、傷ついた細胞を修復する作用があります。

  • 疲労回復
  • 夏バテ防止

に有効です。

コンドロイチン

コンドロイチンは、ムチンの一種です。軟骨・関節・皮膚・粘膜など、体内のさまざまな箇所に存在し、それらに水分を与えて弾力性を高めるはたらきをしています。

皮膚や肌を保水して潤いをキープしてくれるので、アンチエイジング・美容などに効果があります。

gahag-0092063124-1-1

また、すり減った軟骨を修復・再生し、関節の痛みを緩和する効果があります。

これらの効能を利用したサプリメントも存在しており、健康効果の高い成分として期待されています。

トレハロース

トレハロースは糖質の一種で、きのこ類に多く含まれる成分です。

高い保湿力をもっており、肌細胞を保護することでお肌の乾燥を防ぐはたらきがあります。

ほかにも、腸内環境を整えたり、野菜や果物の鮮度を保持したり、臭みをけしたりといった効果があります。

 

スポンサーリンク

 

βグルカン

βグルカンは、きのこ類に多く含まれる成分です。βグルカンは、免疫細胞(マクロファージやリンパ球など)を活性化させ、免疫力を高めるはたらきをします。

免疫力が高まると、体外から侵入してきたウイルスや細菌などに強くなり、風邪やインフルエンザなどの病気になりにくくなります。

ほかにも、アレルギーや生活習慣病などの予防・治療効果が期待されています。

meneki_good

usa

βグルカンの効能は高く評価されています。たとえば、しいたけのβグルカンの一種「レンチナン」は、抗がん剤に使われています。

⇒ しいたけの栄養と効能、料理のコツについて

食物繊維

食物繊維は、腸内環境を整え、便通をよくしてくれますまた、食べると胃の中で膨らみ、満腹感を持続させるので、ダイエットに効果的です。

ほかにも、糖質の消化をゆるやかにすることで血糖値の急な上昇を抑え、肥満や糖尿病を予防するはたらきなどがあります。

body_chou_good

ナイアシン

ナイアシンは、脂質の代謝を促進するはたらきがあり、中性脂肪やコレステロール値の低下が期待できます。

また、二日酔いの予防にも効果があります。摂取したアルコールは肝臓内で、頭痛や吐き気の原因となるアセトアルデヒドに分解されます。

ナイアシンは、このアセトアルデヒドを無毒化するのをサポートしてくれるのです。

gahag-0004767363-1

調理のコツ

調理する際に気をつけたほうがよいことを、いくつかご紹介します。

洗いすぎないこと

なめこに含まれるムチンは水溶性の成分なので、水洗いをしすぎると成分が溶けてしまいます。

洗う際は、さっと流す程度にするのがおすすめです。

加熱しすぎないこと

なめこに含まれるムチンは加熱に弱く、70度を超えると効能が落ちてしまいます。

汁物などに入れるときは、最後のほうになめこを入れるようにして、さっと加熱するだけにしておくのがおすすめです。

1104833

まとめ

kuma

なめこのヌメヌメってすごいんだねぇ。

usa

粘膜保護や肝機能の向上など、効能豊かです。夏バテ予防に効果的ですよ!

kuma

あのヌメヌメがちょっと苦手だったけど、健康や美容にいいみたいだし、味噌汁に入れてみようかな。

usa

それがおすすめです。水溶性の成分が多いので、汁ごと食べられる味噌汁やスープ、なめこ蕎麦などがおすすめですよ!

↓ほかのキノコも、見てみませんか?↓ きのこの栄養と効能 記事まとめ

 

 

スポンサーリンク