ofuro-do_food-0003-1

 

スポンサーリンク

 

夏はオクラがおいしい季節です。あのネバネバが苦手って方もいますが私は、大好きです。ファミレスのサラダバーで見つけたら、10本くらい食べちゃいます。コンビニでサラダを買うときは、大抵、オクラ入りの海藻サラダです。

さて、そんなオクラですが、さまざまな栄養素を含んでおり、体の健康維持を強力にサポートしてくれます。あのネバネバには、体によいさまざまな効能があるのです。

今回は、オクラの効能と栄養素について、ご紹介します。

「オクラ」は日本語じゃない!?

「オクラ」という名称は、実は日本語ではありません。

「オクラ」は、英語では「okra」と書き、発音も「オクラ(オークラ)」なんです!

なお、「オクラ」の語源のルーツは、ガーナで話されるトウィ語の「nkrama」からきているそうです。

  • えっ、オクラって日本語じゃないの?
  • 日本古来の野菜かと思ってたのに・・・
  • 「オクラ」って、どうみても日本語の響きじゃん

そう思う方も多いはず。私もそうでした。

実は、オクラが日本に入ってきたのは明治初期で、食用として普及し始めたのは1950~1960年頃からだそうです。

2010344

比較的、日本における歴史は浅いんですね。ちなみに、オクラの和名は「アメリカネリ」といいます。「ネリ」というのは、沖縄や鹿児島、伊豆諸島などで以前から食べられていた、オクラの近縁種のことだそうです。

オクラの効能と栄養素

オクラといえば、あのネバネバです。豊富な栄養素が含まれています。

以下より、オクラの栄養素と効能についてご紹介していきます。

βカロテン(ビタミンA)

オクラには、レタスの3倍ものβカロテンが含まれているそうです。βカロテンは、抗酸化作用をもっており、体内で必要に応じてビタミンAに変換されます。

以下の効能があります。

  • 視力の維持
  • 皮膚、粘膜、免疫機能の正常化
  • がん予防
  • 美肌効果
  • 髪の健康維持
  • 呼吸器系統の健康維持

gahag-0092063124-1-1

カリウム

カリウムは、ナトリウム(塩分)を排出する役割をもっています。ナトリウムの過剰摂取や、カリウム不足の状態になると、体内では、塩分濃度を保つために水をたくわえるようになります。これが、むくみの原因です。

mukumi

オクラは、カリウムを豊富に含んでいますので、むくみの解消に効果があります。

 

スポンサーリンク

 

カルシウム

オクラにはカルシウムも含まれており、

  • 骨を頑丈にする
  • イライラの緩和

といった効果があります。

ムチン

オクラのネバネバは、ムチンという成分で、タンパク質と、糖類が結合したものです。

ムチンは、目や呼吸器、胃などの粘膜にも含まれており、高い保水力でこれらを保護しています。

ムチンを摂取することで、粘膜の機能が整い、以下の効能が期待できます。

  • 胃炎・胃潰瘍予防
  • ドライアイの予防
  • 風邪などのウイルスの侵入防止
  • 肝機能・腎機能の正常化

また、ムチンには、タンパク質の分解を助ける効果もあります。摂取したタンパク質を、効率よくエネルギーにしてくれます。

  • 疲労回復
  • 夏バテ防止

に有効です。

kafun_sukkiri

そして、ムチンを構成する水溶性食物繊維には、以下の効能があります。

  • 整腸作用。便秘や下痢などの症状改善
  • コレステロール・中性脂肪値を下げる
  • 血圧・血糖値の急激な上昇を防ぐ

あのネバネバには、体によい、多くの効能が含まれているんですね。

まとめ

今回は、オクラの効能と栄養素についてご紹介しました。

ネバネバ成分のムチンをはじめ、βカロテン、カリウム、カルシウムなど、たくさんの健康効果があります。

今の時期ですと、ちょうど夏バテ対策にも効果が期待できます。

夏野菜がおいしくなる季節が近づいてきました。オクラをおいしく食べて、暑い夏を元気に過ごしましょう

 


オクラが気になるあなたへ。おすすめの記事です。

オクラが胃腸に効く!効果をもっと高める食べ合わせは?

オクラで血糖値・コレステロール低下!効果的な食べ合わせは?

新鮮なオクラを見分ける5つのポイントと保存方法

オクラをまとめて知りたいときは、こちら。

オクラの記事まとめ。栄養や効能、食べ合わせや保存方法など、オクラ情報盛りだくさんです。


 

スポンサーリンク