スポンサーリンク

 

暑さがだんだんと厳しくなってきています。

これからの季節、気をつけなければならないのが熱中症です。

そして、熱中症対策に欠かせないのが、水分補給です。

汗で失われた水分やミネラルを、タイミング良く補給することが必要です。

 

今回は、熱中症対策におすすめの飲み物を紹介していきます。

紹介する際は、

  • 大量に汗をかいたときの水分補給
  • 通常時の水分補給

の2シーンごとに、それぞれおすすめの飲み物を紹介します。

 

しっかり水分補給して、熱中症を予防していきましょう!

 

大量に汗をかいたときにおすすめの飲み物

汗をかくと、体内の水分やミネラルが、汗と一緒に流出してしまいます。

たくさん汗をかいたときは、失われた水分とミネラルをすばやく補給する必要があります。

 

とくに気を付けたいのがミネラルの補給です。

「水さえ飲んでいればいい」

と思われがちですが、ミネラルも、汗と一緒に多く失われています。

 

ミネラルが不足すると、倦怠感や筋肉のけいれんなどを起こす可能性もあります。

このため、大量に汗をかいたときは、水分に加えて、ミネラルも補給できる飲み物を選ぶ必要があります。

スポーツドリンク

3678004

スポーツドリンクは、汗で失われた水分塩分を、最もすみやかに補給できます。

運動や外でのお仕事などで、大量に汗をかいた時に飲むのがおすすめです。

 

ただし、糖分塩分が多めに入っています。

このため、通常時に飲みすぎると、糖分・塩分過多になるおそれがあります。

あくまで、大量に汗をかいたときのみ、飲むようにしましょう。

 

また、市販のスポーツドリンクは、水や麦茶と比べると、お値段が高めです。

低コストに抑えたい場合や、糖分・塩分を自分で調整したい場合は、スポーツドリンクを自作する方法もあります。

 

こちらの記事で、詳しい作り方を紹介しています。

スポーツドリンクの作り方とコストを紹介

市販のものを買うよりコストを抑えられますし、作るのも簡単です。

私も、運動後は自作スポーツドリンクで水分補給しています。

経口補水液

908617

経口補水液とは、食塩とブドウ糖を水に溶かした飲み物です。

最近ですと、CMなどでも宣伝されているため、だいぶ知名度が上がってきています。

 

もともとは、下痢や嘔吐など、脱水症状時の治療のために使われる飲み物です。

このため、塩分や糖分などが、スポーツドリンクよりも多く含まれています。

 

通常のスポーツ時などは、スポーツドリンクで十分です。

ただし、相当な運動量のときや、軽度の脱水症状が疑われるときなどは、経口補水液を飲みましょう。

通常時の水分補給におすすめの飲み物

 

スポンサーリンク

 

家の中やオフィスの中だからといって、油断してはいけません。

実際に、室内で熱中症にかかるケースは、全体の30~40%とも言われており、かなり多いんです。

「外に出ていない」「運動をしていない」からといって、油断していると大変な目に合うかもしれません。

むしろ、通常時のこまめな水分補給のほうが、熱中症対策では大切とも言えます。

ここからは、通常時の水分補給におすすめの飲み物を紹介していきます。

麦茶

gahag-0098726810-1

麦茶は、汗で失われた水分ミネラルを効率よく補給できます。

糖分がほとんど含まれていないので、通常時の水分補給に最適です。

そのうえ、値段も安く、作り方も簡単です。

コストパフォーマンスの良い飲み物だといえます。

 

ただし、大量に汗をかいた場合は、麦茶のみだと、じゅうぶんな塩分が補給できない可能性があります。

大量に汗をかいたときは、麦茶と一緒に塩飴や梅干しをつまむか、上でご紹介したスポーツドリンクを飲んだほうがよいでしょう。

 

麦茶のパワーについては、以下の記事で詳しく紹介しています。

麦茶に秘められた5つの効能

トマトジュース

3472467

トマトジュースに含まれるリコピンという成分は、強い抗酸化作用を持っています。

疲労の原因となる活性酸素を、しっかり除去してくれます。

体に疲れが溜まると、熱中症も起こしやすくなります。

トマトジュースを飲むことで、疲労回復&熱中症対策ができます。

 

ただ・・・トマトジュースって、ドロっと濃いものもありますよね。

夏場に飲むには、ちょっと抵抗がある方もいらっしゃるはずです。

そんなときは、水で薄めて飲みやすくすることできます。

お好みで塩と砂糖を加えれば、さらに飲みやすくなりますよ!

 

トマトジュースの詳しい効果については、こちらで紹介しています。

トマトジュースの効果を5つ紹介

gahag-0082162718-1

通常時の水分補給でしたら、でもじゅうぶんです。

コストも安いですし、味もクセがないため、一番飲みやすいです。

こまめに飲んで、水分を補給していくことが大切です。

熱中症予防には、飲むタイミングが大切!

熱中症を予防するためには、適切なタイミングで水分補給をすることが大切です。

とくに夏場は、「喉が乾く前に飲んでおく」ことが大切です。

 

運動や入浴など、汗をかくことが予想されるときは、事前にコップ1杯の水分を補給が必要です。

汗をかいている最中や、汗をかいたあとの補給も、当然、必要です。

 

また、運動などをしていなくても、夏は汗をかきやすい季節です。

1~2時間ごとに、コップ1杯の水を飲むなど、定期的に水分を補給することが大切です。

 

そして、忘れてはいけないのが、寝る前の水分補給です。

就寝中は、想像以上に汗をかきます。

寝る前にも、コップ1杯の水分を補給しておくと安心です。

 

水分補給に関しては、以下の記事でも詳しく紹介しています。

水分不足による頭痛や熱中症などを防ぐ水分補給法

熱中症の予防と合わせて、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

今回は、熱中症対策になる飲み物についてご紹介しました。

簡単にまとめると、以下のとおりです。

 

大量に汗をかいたとき

  • スポーツドリンク
  • 経口補水液

通常時の水分補給

  • 麦茶
  • トマトジュース

 

また、熱中症予防には、飲む量やタイミングも大切です。

⇒ 水分不足による頭痛や熱中症などを防ぐ水分補給法

汗をかいたときの補給&こまめな補給を忘れずに、暑い夏を安全に乗り切っていきましょう!

 


熱中症対策なら、こちらもおすすめです。

熱中症対策の食べ物まとめ


 

スポンサーリンク